Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

古のフレンチステムの改造&レストア その1  

いままでに古のフレンチステムを3本レストアしてきましたが、いつも目指しているのは鉄製の頃のシャープなイメージです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



過去にレストアした古のフレンチステムPIVO、1本目
http://cycle.blogmura.com/randonneur



過去にレストアした古のフレンチステムPIVO、2本目
http://cycle.blogmura.com/randonneur



過去にレストアした古のフレンチステムPIVO、3本目
http://cycle.blogmura.com/randonneur






そして今回着手するのは同じく古のフレンチステムMILREMO、詳細に観察して・・・PHILIPPEのOEM品ではないかと思います。

まずは現状・・・
パーツクリーナーで洗浄を済ませた状態です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


長年の使用によりついた深い傷や差込部に入れられた割り、そしてラグ部の薄くなった部分が気になるところですから、今回はそのあたりを重点的に改造&レストアしていきます。



まずは突き出し後端の穴、これは鉄製の頃にはなかったものなので塞ぎたいと思います。
シャチハタのスタンプ台に押し付けて型を取ります。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


真ん中の白い部分を切り抜いて型紙を作り、これを2mm厚のA6063アルミ板に載せてマジックで線引きします。それを切り抜いて整形・・・作業時間は約2時間です。
ハンマーで「コン」と叩くと嵌る程度にまで整形しています。
アルミットでの接合部を広く取るために、接合前に最低4箇所の凹みを周囲に作る予定です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



次は平ウスから斜ウス仕様への改造です。
引き上げボルトと斜ウスは日東ハイクラウン用を使いました。
金鋸で切って金鑢で整形・・・約2時間の作業を経て、クリームクレンザーをつけたナイロンやすりで磨いてみました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


続きはアルミ接合の練習を終えてからになります・・・ふう~(笑












スポンサーサイト

category: MILREMO stem restore

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/97-02324b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)