Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

久々の大失敗  

昨晩の作業報告です。
「上げ」の次には「下げ」です。



リヤフェンダー周辺の作業を殆ど終え、テールランプガードの製作に取り掛かりました。

600番手でペーパー掛けして表面を均します。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


切断面は丸く面取りしています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



M5のアルミボルトを調達しました。
正式名称はボタンキャップボルトというそうですが、ネジ屋さんで買おうとすると意外にも高価で、自転車用品として売られている物の方が安く入手できます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


素材の表示はありませんが削って感じた硬さからA7075ではないかと思います。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



接合準備として頭部分のアルマイトを1%濃度の水酸化ナトリウム溶液で剥離します。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


次いでランプガードと噛み合わせるために頭に丸く削りこみを入れます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


そしてそこへ面付けのためにalmit AM-350を載せます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



さて、残念な結果ですが~失敗しました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


向かって右側のボルトは狙い通りの角度、場所に接合できましたが左側は少しずれた上にランプガード末端が折れました(苦笑)
それなりの強度は保っているようだし、反対側の末端を短縮して余分なハンダを削り込んで磨き込めば使えなくはないと思いますが、気に入らないので「戒め」オブジェとして暫く展示することにしました(笑)

敗因を挙げると
接合時の固定用に使った1.2mm径ステンレス線が硬すぎて上手く固定できなかった。
左側のボルトを接合するときに綺麗にソルダーを回すために、裏返して火を入れたところ、溶けたソルダーがランプガードの折れた末端の方へ流れ出して固まってしまった。
リカバリーしようと何度も火入れしているうちに素材が劣化して末端が変形し、それをペンチで修正しようとして折れた。
そんなところでしょうか(苦笑)

いつも上手くいくとは限りませんね。
十分な準備、細心の注意、それを欠くと失敗するという良い経験になりました。
再度、作り直します~♪




スポンサーサイト

category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/85-c54adbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)