Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

DENON DP-3000の修理 その2(完)  


40年以上前の1972年に発売された往年の名機DENON DP-3000の修理。


今回は完成編です。
01_20141120085159e95.jpg



回路図と交換パーツリストを手元に置いて作業を進めます。
02_2014112008520224e.jpg



半田鏝と半田吸取り器
03_20141120085203817.jpg



筐体に固定されているアースケーブルの端子が折れて浮いていたので補修します。
04_20141120085203fa5.jpg



Q1、Q8、Q9、Q10の2SA562
05_20141120085157950.jpg



前回交換したQ2、Q3、Q5、Q13、Q14、Q15、Q16の2SC458
06_20141120085437c87.jpg



前回の作業後、電源SWを押し続けないと電源が入らなくなったので外した古い2SC458と新しい2SC458を調べた結果…
形状(パッケージ)変更に伴ってエミッタ(E)、コレクタ(C)、ベース(B)の順が画像のように変わっていることがわかったので、向きを変えて取り付け直しました。
13_2014112008551634d.jpg



Q11の2SC1213
07_20141120085438d90.jpg



2SC458と同じく足の配置が替わっていたので、こちらも向きを変えて取り付けます。
12_2014112008551767b.jpg



Q17の2SC373
08_201411200854364d2.jpg



作業中に半田鏝の熱で壊さないようにクリップタイプのヒートシンクを装着。
09_20141120085441639.jpg



半田の修正と一部の配線の手直しも済ませました。
10_20141120085439658.jpg



13個のトランジスタ、9個の電解コンデンサーを交換しています。
11_20141120085520044.jpg



スピード検出用磁気ヘッドとプラッターのクリアランスを調整して、動作確認です。

33・1/3RPM


45RPM


顔を近づけると風を感じるほどの高速回転が正常回転になりました。


まだ各部の研磨や傷んだネジの交換など若干の追い込み作業を加えますが、本来の機能を取り戻したのでブログ上では完成とします。


【作業内容】
電源ケーブル交換
筐体内アースケーブル補修
高速回転修理(2SC458×7交換)
予備的修理(2SA562×4、2SC1213×1、2SC373×1、電解コンデンサー×9交換)

【参考資料】
vynylengine:service manual入手先(registerとloginが必要)
 http://www.vinylengine.com/library/denon/dp-3000.shtml
DENON DP-3000修理記録
 http://homepage2.nifty.com/osr/dp-3k.htm
続・レコードプレーヤー(DP-3000)の修理(回路図入手)
 http://blogs.yahoo.co.jp/tkykfkgw/8522008.html
各トランジスタのDatasheet


スポンサーサイト

category: DENON DP-3000

tb: 0   cm: 4

コメント

勉強しないと・・・・。

まず、CHSさんの様に回路図が読めるようにらなないといけませんね♪
ただ、仮に回路図が入手できたとしても、見た目では判らない破損しているであろう部品を判別するのが今後の課題となりそうです(苦笑)
今もそうですが、昔は知識もないのによく弄ってたもんだと不思議に思います。
雑誌「子供の科学」を読み漁り、空気銃のドットサイトを小さなダイオードで作った事を
思い出しました。当然使い物にならないシロモノでしたが・・・・(汗)
前回のビルトインオーディオ製作時に、20年ぶりに電子パーツ屋さんに行ってきました。その時はバスレフダクトを探しに行った訳ですが、くすんだ壁紙、無数の電子パーツ、かすかなヤニの匂い・・・・・・・何も変わっていないお店の雰囲気を
懐かしく感じつつ、また頻繁に行くことになるんだろうなぁ~と、ニヤニヤしながらお店を後にしました。
半田鏝とヒートクリップ・・・・どこかに仕舞い込んでる筈、探さなきゃ(笑)

URL | crack #-
2014/11/21 10:07 | edit

いやいや(笑

crackさん

私も回路図を「読める」というところまでは至っていません。
素子の定格を読み取ったり、回路図と実際の回路に付いている素子の違いが分かる程度です。

素子には極性があったり定格があったりしますが、そのあたりの決まり事を押さえておけば何とかなる…と言いながら時々壊しております(苦笑

ジャンルを問わずパーツ屋とかジャンク屋とか、男は好きですね。
道端で草ヒロに成り果てた往年の名車を見付けたときも、再生する眼で見ていることが多々ありますし(笑

URL | CHS #-
2014/11/21 17:27 | edit

物に対する熱い思いが感じられます!
音楽関係の友人と話していたら、レコード会社の存続が危ういそうです。音楽事務所やプロダクションの企画で音楽が操られては、いい音楽は育ちませんね。
僕の周りはDJが多いので、一生懸命アナログ盤を収集しています。

URL | velovelobar #-
2014/11/26 16:22 | edit

機材いじり

velovelobarさん

最近は溜まった修理待ち機材を少しずつ片付けています。
不動品が完動品になったとき、傷んだ機材が綺麗に直ったときは本当に嬉しいです。

いまはCDさえ売れない時代と言います。
音楽「配信」っていまだにピンときません。
時代に取り残され、アナログへの逆行の度合いを強めつつある今日です(笑

URL | CHS #-
2014/11/27 14:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/817-cea71f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)