Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

中欧旅行5日目 チェコ チェスキークルムロフ/Cesky Krumlov 3  


2014年2月9日

この記事を起こしている6月、Cesky Krumlovでは「Five-Petalled Rose Celebrations」が行われる。
Five-Petalled Rose Celebrations
日本では「五弁の薔薇祭り」の名称で紹介されている。
16世紀後半をイメージして騎士や歴史的な衣装を身につけた人々が街の中を往来し、中世音楽や中世劇が演じられ、フォークロアダンスが披露される。


map2.jpg

Cesky Krumlov 公式サイト(英語版)


床屋橋からスグラフィットが施された建物が並ぶ街中を歩き、クルムロフ城の「赤い門」へ向かう
01_2014061013034447b.jpg


マンホールの蓋に描かれた「5弁の薔薇」
1302~1601の間、この地を治めたローゼンベルク家の紋章が「赤い」5弁の薔薇
ローゼンベルク家より前にこの地を治めていた領主の紋章は「緑の」5弁の薔薇
02_20140610130353038.jpg


ところ変われば南京錠の形も変わる
03_2014061013034714f.jpg


04_2014061013034923b.jpg

05_20140610130346f1a.jpg


この土産物屋の壁はフレスコ画で飾られていた
06_20140610130457908.jpg


クルテク(Krtek)
07a_20140610130503e80.jpg


08_2014061013050103a.jpg

09_20140610130456750.jpg

10_20140610130733e67.jpg


怖がりもせず人の足元をチョロチョロする可愛いスズメ
日本の公園にいる鳩のように丸々と太っていた
そういえば中欧では鳩を見掛けることがほとんどなかった
11_20140610130735278.jpg


随所で見かけたクラシカルな消火栓
12a_201406101307388d2.jpg

こちらは目を描かれユーモラスな姿になっている
12_2014061013073695b.jpg


増・改築を繰り返して今日の姿になったクルムロフ城
Cesky Krumlov公式サイトによると、この地方を治めていた領主によって西暦1250年以前のある時期にゴシック建築の城として創建された。その領主の血統が途絶え、親戚のローゼンベルク家がこの地を治めたのが1302~1602年。1602~1622年は神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の手中にあった。エッゲンベルク家が1622~1719の間、次いで1947年までシュバルツェンベルク家がこの地を治めている。

ローゼンベルク期(公式サイトより転載)
A ROSENBERG

エッゲンベルク期(公式サイトより転載)
B EGGENBERG

シュバルツェンベルク期(公式サイトより転載)
よく見ると右端手前に描かれた旧聖ヨシュト教会もこの時期に現在の姿になっている
C SCHWARZENBERG


これから「赤い門」を通って「第一の中庭」へ
「熊の堀」に架けられた石橋を渡って「第二の中庭」へ
長い通路を歩いて「第三の中庭」、「第四の中庭」を経てプラーシュチョビー橋へ向かう

赤い門の中から振り返り、いま歩いてきたラトラーン通りを見る
13_20140610130734cab.jpg


第一の中庭
かつてここには役人や職人が住み、塩の貯蔵庫、厩舎、病院、醸造所、鍜治場、氷蔵庫、薬局などが並んでいたという。
14_20140610131409c1e.jpg

15_20140610131405c79.jpg

16_201406101314093e9.jpg

17_201406101314094e5.jpg


熊の堀(Bear´s moat)…熊は不在だった
18_20140610131403bef.jpg


無原罪の聖マリア像
1759 Jan Antonín Zinner作
クルムロフ城の最古の部分と高さ54.5mの塔(フラデークの塔)の外壁全面にフレスコ画が描かれている
19_20140610131539830.jpg

20_20140610131542b70.jpg


第二の中庭
壁面の装飾はスグラフィットではなくフレスコ画ではないだろうか
21_20140610131542654.jpg

横から見ると完全にフラット
22_201406101315442e3.jpg

シュバルツェンベルク期の大砲(本物)
23_20140610131539b47.jpg

24_2014061013174091d.jpg

25_201406101317393a1.jpg


続く第三の中庭、第四の中庭、城側から俯瞰する市街地は次回

スポンサーサイト

category: 2014中欧3ヵ国

tb: 0   cm: 4

コメント

いつもの迫力写真有難うございます^^

このあたりもNIKON COOLPIX P520ですかね?

とにかくCHSさんの写真を見ていると

わたくしの場合、レンズが欲しくなります。
いまもポチッとしてしまいそうです^^

URL | カンベンディッシュ #-
2014/06/11 21:09 | edit

いつもありがとうございます

カンベンディッシュさん
いつもお誉め下さりありがとうございます

NIKON COOLPIX P520で撮った写真が殆どですが、中にCASIOのGPS搭載EX-H20Gで撮った写真も混じってます。
P520ではGPS情報が取得できていない写真も多く、CASIOでは取得できてない写真はないので、位置情報を記録する目的だとCASIOの方が良いかもしれません。

軽量でコンパクト、24か28mmの広角と80~200の望遠を携行していたフィルム一眼のころとは隔世の感があります。

レンズが欲しくなる…ポチってしまいましょう(笑

URL | CHS #-
2014/06/13 15:51 | edit

輪切りのオレンジ

窓辺やドアのリースが素敵です(^-^)
クリスマスやお正月に飾り付けることが多い日本ですが、季節のリースもいいものです。
輪切りのオレンジと松ぼっくりのリース・・・大胆な発想ですね~~感心しました!!小鳥が来てつついて行きそうな感じでそれもいいものです\(~o~)/

URL | しずく #-
2014/06/19 22:24 | edit

リース

しずくさん

この旅行ではリースやディスプレイを散々見たので、どこで見たのかもよくわからなくなってますが、スライスした柑橘をつけたリースは他でも見たような憶えがあります。
そういえば正月の注連飾りには小蜜柑を付けますね(笑

今年はスライスした柑橘を飾り付けたリースも良いかもですね。

URL | CHS #-
2014/06/22 18:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/771-045958f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)