Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

ラピュタの道 【詳報】  


ラピュタの道 標高924m
01 - コピー


2014年4月9日に走ってきた阿蘇「ラピュタの道」
今回は詳しくお伝えします。




距離:89km
最大標高差:925m
平均斜度:上り:4.4%/下り:4.5%
獲得標高:上り:1083m/下り:1088m



熊本市中心部から国道57号線を走り、丁度20kmの道の駅大津で小休止をして、JRもスイッチバックする最大傾斜6%の立野の坂(体感的には緩やかな約4kmの上りが続き、標高が約200m上がる)をノンストップで上り、赤水へ至ります。

阿蘇赤水 標高380m

正面に見える外輪山を上ります。
02 - コピー

03_20140410215102948.jpg


約40km(標高0~500m)を2時間、小休止1回のみで走りましたが、この休憩の少なさと「らしからぬ」ハイペースが後に災いを起こします(苦笑


豊後街道 参勤交代の道 標高494m
04 - コピー

江戸時代、肥後(熊本)と豊後(大分)を結んでいた古道。
古い記録によれば、幕末に勝海舟と坂本龍馬が向こう側(豊後側)から歩いてきて長崎へ行った道です。
石畳が残る区間もありますが、この区間は砂利道となっており、杉木立の中を疾走しました。


途中左折して登坂距離5.7km、平均勾配8.1%の「ラピュタの道」を上ります。

長寿ヶ丘公園 標高600m
05 - コピー

左の脹脛に痛みを覚え小休止。
今年は桜を堪能する間もありませんでしたが、葉桜になりつつあるとはいえ花見客もたくさんいて見頃の桜を楽しむことができました。
06 - コピー

07 - コピー

08 - コピー


兜岩
09 - コピー


脹脛の傷みも治まってきたので前進します。
10 - コピー



太腿に痛みを覚え小休止
標高682m

前方から何やら明るい声が…
見れば若いお母さんが乗った自転車が1台、小学校の低学年くらいの男の子が乗った子供車が1台駆け下りてきて大きな声で挨拶してくれました。
その後に続くワンボックスに乗ったお父さんとも挨拶を交わし…和みます。
11 - コピー

12 - コピー



漸進、前進
13 - コピー


阿蘇五岳
14 - コピー

15 - コピー



前進、漸進
16 - コピー



日下橋 標高806m
17 - コピー

痛みが酷くなれば押し歩き、痛みが和らげばペダルを漕ぐ…
その繰り返しで上ってきたものの、立ち漕ぎをしていて今にも攣りそうな痛みが両太腿に走り急遽停止。


漸進、前進
18 - コピー



標高838m付近
19 - コピー

20 - コピー

21 - コピー



標高882m付近
22 - コピー

23 - コピー



ラピュタの道「展望台(?)」 標高924m
24 - コピー

25 - コピー

26 - コピー

27 - コピー

28 - コピー



ここから300mほど上れば、山口百恵の「赤い衝撃」で使われたミルクロード。
ミルクロードを走るルートも考えましたが、ラピュタの道を駆け下りました。
荒れ気味の路面、低いガードレール、2.35バルーンタイヤでも自転車ごと弾かれそうになるのでスピードを抑えながら慎重に下りました。

その後、立野の坂の下りでとうとう走行中に両太腿が同時に攣ってしまいました。
スピードが出てなかったのが幸いでしたが怖いものです(苦笑
普段のストレッチを怠けないようにしないと…

スポンサーサイト

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

コメント

ラルプ・デュエズみたいですね。

前回の記事に対して、「熊本ですかー」なんて
トンチンでしたね^^;

CHSさんは、なんとなく東京麻布か南青山
あたりに在住みたいな勝手なイメージになっていました^^

この道は近年、自転車乗りにメジャーなのですね。
舗装がちょっとくたびれ気味との事ですが、なんだか
ラルプ・デュエズのようです^^歴史ある古道も魅力です。

こんな絶景はめったにない。是非、一度走ってみたいです。
(やはり押し歩きになるでしょうけど^^;)

健闘されましたね。あっぱれです^^

そういえばわたくしも半分ほどの標高の飯田山を
押し歩き(押し上げ?)で走破しました^^;

URL | カンベンディッシュ #-
2014/04/13 20:46 | edit

ラルプ・デュエズとラピュタの道

カンベンディッシュさん

>麻布か南青山
勘違いでも嬉しいです。
でも、80年代から90年代にかけて目黒本町に住んでました。

ラルプ・デュエズ (L'Alpe d'Huez) 距離13.8km、平均勾配7.9%
ラピュタの道 距離5.7km、平均勾配8.1%

ラルプ・デュエズってラピュタと勾配は同じくらいで距離は倍以上…
そんなところを激走するツールド・フランス、身をもって凄まじさを感じます。
なんといっても私は押し歩きですから(苦笑

アスリートじゃありませんが、脚攣りに懲りてBCAAを発注しました。
速く走れなくてもいいし押し歩きでもいいから、脚が攣らないようにしたいと思います。
届いたら金峰山登山道で鍛え直しです。

URL | CHS #-
2014/04/14 19:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/750-9a7f4fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)