Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

古のフレンチステムの改造&レストア その7  

「その6」以降に加えた作業内容です
Beforeの状態までに、バークランプ上部の溝の中を整形・研磨、各部のエッジ出しを進めています。

今日は1時間ほど空いた時間に、手付かずだった部分の鋳肌の肌理をおおまかに整える作業を行いました。

Before
_________________________
バークランプ部
http://cycle.blogmura.com/randonneur


右側
http://cycle.blogmura.com/randonneur


左側
http://cycle.blogmura.com/randonneur


突き出し下部
http://cycle.blogmura.com/randonneur


引き上げボルト部付近の鋳肌が残った部分
http://cycle.blogmura.com/randonneur



Tool
_________________________
今日の作業で使ったのはラバー砥石に120番手の耐水ペーパーを巻いた自作先端工具。
これをペン型リューターに装着して肌理を粗方整えました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



After
_________________________

右側
http://cycle.blogmura.com/randonneur


左側
http://cycle.blogmura.com/randonneur


バークランプ部
http://cycle.blogmura.com/randonneur


ステムを前から見た状態
http://cycle.blogmura.com/randonneur


ステムを上から見た状態
削り取られていた飾りの先端部は綺麗に再生できましたが、付近に鋳巣が点在しています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


もう少し鋭角にエッジ出しをしたいとは思いますが、これ以上は短くて細い精密ヤスリがないと手を入れられませんね~(苦笑)
凹凸の境目に大陸棚のような部分がありますから、これもいまのうちに整形しなければなりません。




















スポンサーサイト

category: MILREMO stem restore

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/71-c80a30f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)