Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本所NH-40のリペア  


過日行った作業です。

使い始めて10年経つ本所製アルミフェンダーNH-40
日本アルミットのアルミハンダAM-350を使って、仕様変更で使わなくなった穴を塞ぎます。

昨年のうちにリヤの補修を済ませたので、今回はフロントの補修を行います。



ヘッドランプを固定する前端部

01_20131002002511c74.jpg


アルミリベットを裏から当て、自作のステーをM5ネジで留めて、リベットを固定します。

一番後ろの大きな穴には同じ形に削り出したアルミ材を詰めてから接合作業に入りました。

02_20131002002512dd1.jpg


裏から

03_201310020025147f1.jpg


ガストーチを使ってAM-350で接合し、金工鑢で粗仕上げ。
久しぶりの作業で火加減を誤って穴を開けてしまいましたが、それも併せて無事に塞ぎました。

04_201310020025103a7.jpg


フェンダーステーを固定する後端部

05_20131002002701007.jpg


接合を終え、粗仕上げをする前。

06_20131002002702873.jpg


裏から

07_20131002002705d8c.jpg


フォーククラウン下部分には菱形補強版を接合しました。

AM-350は硬いので、余分に盛った分を削り落とすために作業時間の大半を費やします。

08_20131002002659861.jpg



スポンサーサイト

category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/694-9ab46bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。