Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

海を越え…天草から長島へ  

牛深港から更に南下し、牛深の先端の道路が突き当たるまで進みます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021153414.jpg



[12:16]
牛深ハイヤ大橋を上り、更に砂月(さつき)方面へ上り・・・ようやく砂月海水浴場が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021153418.jpg



[12:31]
砂月海水浴場の美しい海、爽やかに響く潮騒♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021153422.jpg



[12:53]
更に南下、アップダウンを繰り返し曲がりくねった細い道を進み、日本の夕陽百選「小森海岸」に到着します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021153425.jpg



クローズアップすると、それは天草市指定文化財「烏帽子坑跡」
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021153431.jpg

九州ヘリテイジ 烏帽子坑跡

烏帽子坑跡
烏帽子坑跡は、明治三十年頃に創業した海底炭鉱跡である。キラ炭と呼ばれる高カロリーの石炭を産出し、煙を出さない「無煙炭」として海軍からも重宝されていたが、湧水に悩まされ事業は数年で停止している。
赤レンガなどで構築された坑口は、その後方に見える石積みの防波堤により波の浸蝕にも耐え、百年を超える今も海上にその勇姿を留めている
~天草市教育委員会設置の案内板より転載~


[13:00]
道が突き当たるまで進みます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021153435.jpg



烏帽子坑を横から見る場所まで南下。
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021153438.jpg



防波堤の向こう側に見える烏帽子坑
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021153441.jpg

砂月海水浴場から先端の住吉神社のある集落まで距離にすれば3km余り、しかし曲がりくねってアップダウンを繰り返すので実際に走れば体感上はもっと長く感じます。
もし自転車でここまで行くなら、砂月海水浴場でドリンクを補給しておきましょう。


[13:06]
いよいよ道路が突き当たるまで南下しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021153446.jpg

牛深もここまで来るとある種の到達感を覚えます。


[13:43]
行きの下りは帰りの上り、行きの上りは帰りの下り・・・来た道をハイヤ大橋まで戻ります。
言葉にすれば簡単ですが膝はガクガク、息は絶え絶えです(苦笑)
すべては経過時間が物語っています・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021153450.jpg



[13:55]
建築家レンゾ・ピアノ設計の牛深ハイヤ大橋を下から見上げます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021153804.jpg


巨大な竜を見上げているように思えてきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021153808.jpg



牛深港フェリーターミナルで14:40発の蔵之元港行きチケットを購入します。
大人1名480円、自転車250円。

三和フェリー公式HP


牛深に来ると「魚正」という鮮魚店が2階で営業している食事処に寄るのを常としています。
しかし、膝が笑っていて階段を上れません・・・(泣)

フェリーターミナル1階の蒲鉾屋さんで天麩羅2枚を買って昼食とします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021153813.jpg
手前が「チーズサンド」250円、奥が「いわしごぼう天」220円。


起床してからここまでの走行距離51.86kmです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021153819.jpg



長島からフェリーが到着しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021153823.jpg



[14:38]
フェリーに乗り込み、デッキの高さから見る牛深ハイヤ大橋
ブログランキング・にほんブログ村へ
16_20121021153828.jpg



同じく、デッキの高さから見る海彩館
ブログランキング・にほんブログ村へ
17_20121021153833.jpg



蔵之元港へ上陸後は国道389号線を出水方面へ進み、国道3号線との交差点で左折して北上していきます。
41kmを走ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
18_20121021153838.jpg



[15:12]
海上で県境を越え、約30分の航行で鹿児島県の蔵之元港へ到着。

ここ長島は中世に薩摩(鹿児島)の地となる以前は肥後(熊本)の地であり天草の一部でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
19_20121021153843.jpg



長島町の名所
温州みかん発祥の地でもあるそうです。



[15:36]
ここから国道3号線に出るまでの区間が100m程度のアップダウンを繰り返すきついコースであることは事前にわかっていましたが更に・・・向かい風が強いです。
加えて島原、天草に比べて明らかに交通量が多いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
20_20121021153848.jpg


昨日、天草下島に上陸してから長島へ来ても、登下校中の子供たちが挨拶をしてくれます。
可愛いし、とても気持ちが良いです。

長島に上陸してすぐ、小学1年生くらいの男の子が「きつくないですか?」と尋ねるので「大丈夫ですよ~♪」と答えましたが、内心では「長島で宿泊予約しておくべきだった・・・」と激しく予定変更を考えているところでした(笑)



[16:05]
夕陽が美しい・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
21_20121021154149.jpg



[16:15]
前方の海の向こうに阿久根市が見えてきました。
国道3号線との交差点の目安になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
22_20121021154157.jpg



[16:40]
再び展望台で小休憩、本当に夕陽が綺麗です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
23_20121021154204.jpg



[16:50]
黒之瀬戸大橋
ブログランキング・にほんブログ村へ
24_20121021154448.jpg


黒之瀬戸大橋は日本三大急潮の黒之瀬戸に架かる502mのトラス橋。

万葉集に黒之瀬戸を詠んだ歌があり、この付近にはそれを碑文に刻んだ石碑が2基あります。黒之瀬戸大橋を通過する時点で結構な草臥れ具合で立ち寄っていませんので、ここでは碑文の紹介のみいたします。

長田王(ながたのおほきみ)
奈良朝の風流侍従のひとりで九州に派遣されたのは705(慶雲2)年とされる。
「隼人(はやひと)の薩摩の瀬戸を 雲居なす遠くも我は今日見つるかも」巻3-248

大伴旅人(おおとものたびと)
720(養老4)年に征隼人持節大将軍としてこの地に在官した人。
「隼人(はやひと)の瀬戸の巌(いはほ)も 鮎走る吉野の滝になほしかずけり」巻6-960


[17:21]
黒之瀬戸大橋を渡り阿久根市に入ります。
黒之瀬戸大橋から国道3号線まで約8km、そこで左折して出水市に入って約13kmで肥薩おれんじ鉄道「米ノ津」駅に至ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
25_20121021154213.jpg



[18:15]
日没、立ち寄りたかった出水市の武家屋敷群を通過。

[19:40]
コンビニで軽食を摂って米ノ津駅に到着。

[20:23]
サイズが合わないのか、暫く格闘して輪行袋に自転車を入れるのを断念。
国道3号線を少し北上したあたりに旅行計画中に検討した宿があるのを思い出し、再び走り出す。

[20:51]
出水温泉宿泊センターにチェックイン。

本日の走行距離94.61km。
ブログランキング・にほんブログ村へ
26_20121021154220.jpg



輪行袋に自転車を入れる練習をせずに出発した準備不足による醜態でした。
念のため1日予備日を考慮していたので、一部輪行から全行程自走に切り替えます。

日没後の慌しい3時間を乗り切り、22時前には深い眠りにつきました(笑)


鹿児島区間に入り、道を尋ねに立ち寄った自転車店では良い出会いがありました。
たまたま入ったのは1960年代に神金の初代の元で修行されたという店主のお店、数台の自転車を拝見して目の保養をさせていただきました。
改めて訪ねてみようと思いますが店舗情報等は非公開とします。


ルートラボ:愛夢里~崎津~愛夢里~牛深
距離
51.8km
最大標高差
110m
平均斜度
上り:3.5%
下り:4.2%
獲得標高
上り:447m
下り:453m

ルートラボ:蔵之元港~出水温泉宿泊センター
距離
41.0km
最大標高差
96m
平均斜度
上り:4.6%
下り:4.5%
獲得標高
上り:503m
下り:509m










人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/544-6c578a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)