Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海を越え…天草(3)  

崎津天主堂から宿泊している愛夢里(あむり)までの8kmを、朝食を予約した8時を到着目標に走ります。


[07:51]
河浦町海上コテージ
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021145858.jpg

今回宿泊した愛夢里の姉妹施設、チヌが豊富な羊角湾上に建つ海上コテージ。

バーベキューができるコテージ上から釣り糸を垂れ・・・考えただけでも楽しそうです。
河浦町海上コテージ


[08:11]
愛夢里に帰着
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021145902.jpg

こんな洒落たところに宿泊していました。


天然温泉「愛夢里」


朝食前の走行距離
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021145906.jpg



走った後の朝食は旨し(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021145914.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021145917.jpg



今日は、これから牛深を目指して走り、牛深では更に南下して海底炭鉱の入口「烏帽子坑」まで走ります。

その後、フェリーで県境を越えて鹿児島県の蔵之元港へ、更に鹿児島県・出水市まで走ります。

早朝の崎津往復も含めて熊本区間51.8km、鹿児島区間41.0kmです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021145920.jpg



部屋へ戻り、入念にストレッチを施し、旅行計画の確認をします。


宿泊室が並ぶ回廊
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021145923.jpg


宿泊した部屋
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021145925.jpg


ストレッチ中に撮った部屋の天井
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021145929.jpg


客室のテラスから、今日も快晴
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021145932.jpg


施設前景
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021150401.jpg


バンガローやロッジも併設
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021150406.jpg

1泊2食で7,650円、リーズナブルで豪華な設備の宿でした。


乗車前点検をひととおり済ませ、次の目的地「天草コレジヨ館」の開館時間9時30分に宿を出発します。


[09:39]
天草コレジヨ館
今回の旅でキリシタン文化とその歴史についての一次的な情報収集をここで行いました。
ここには400年ぶりにドイツで製作されたグーテンベルク印刷機などが展示されています。
1時間以上も長居してしまいました(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021150411.jpg


MAPPLE「天草コレジヨ館」




[11:08]
河浦町の道路標識
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021150417.jpg

右折すれば魚貫(うおぬき)、炭鉱跡などもあります。
九州ヘリテイジ 魚貫坑跡


[11:25]
天草もだいぶ秋めいてきています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021150423.jpg



[11:38]
牛深自動車学校近くの木陰で休憩・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
16_20121021150428.jpg



[11:45]
前方に牛深港が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
17.jpg



[11:55]
牛深港に到着。

牛深ハイヤの女性像
ブログランキング・にほんブログ村へ
18.jpg

傍らの大理石製説明板には「牛深ハイヤ節は江戸時代、弁才船(べざいせん)の船乗り達によって日本各地の港に伝播したことから、全国の津々浦々で唄い継がれているハイヤ節系統民謡の源流と云われています」とありました。

港では牛深ハイヤ節がエンドレスで流れています。
日常とは違う景色、音、光、匂い、旅の気分を盛り上げてくれます。

Youtube「牛深ハイヤ節」


[11:58]
建築家レンゾ・ピアノ設計の「牛深ハイヤ大橋」を渡って砂月(さつき)方面へ向かいます。

牛深港から更に南下していきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
19.jpg



ハイヤ大橋の上から見る牛深漁港
ブログランキング・にほんブログ村へ
20.jpg



[12:06]
自転車に乗ってフェンス側を走りましたが、高所恐怖症でない私でも怖さを感じるほどの高さでした。

ある高さから急に怖くなるものなんですね・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
21_20121021150859.jpg



砂月方面へと南下した理由、それは奇観ともいえる景観をご紹介するためですが、それは次回といたします。



ルートラボ:愛夢里~崎津~愛夢里~牛深
距離
51.8km
最大標高差
110m
平均斜度
上り:3.5%
下り:4.2%
獲得標高
上り:447m
下り:453m









人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/543-7509586c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。