Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

DIATONE DP-88B ダストカバー磨き  


 前回の60hzプーリー製作からだいぶ時間が空きましたが、DIATONE DP-88Bのレストアの続きをしました。

http://cycle.blogmura.com/randonneur/


 入手時からダストカバーのヒンジが破損していたため、Technics SL-1200MkIII用のヒンジを取り寄せて取り付けることにしましたが、まずはダストカバーのヒンジ取り付け穴をプラリペアで塞ぎ、表面の曇りが酷いので磨き上げてみました。


研磨前
http://cycle.blogmura.com/randonneur/


石鹸大のコルクブロックを当て木に耐水ペーパー1000→1500→コンパウンド磨きした状態
http://cycle.blogmura.com/randonneur/


プレクサスで表面を磨いた後
http://cycle.blogmura.com/randonneur/



 透明度が上がるにつれ、下のテーブルに映るダストカバー中心のエンブレムの影の輪郭が次第にハッキリしてきているのが見て取れると思います。

 ここまでで4時間もかかってしまいましたので、ヒンジ取り付けはまた次回にまわしたいと思いますが、ヒンジをつけずに載せるだけでもいいようにも思えてきました(笑

 ターンテーブルはダストカバーが綺麗になると見違えますね。









スポンサーサイト

category: DIATONE DP-88B-W

thread: オーディオ機器 - janre: 音楽

tb: --   cm: --