Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

栄輪業 CUSTOM P3ピラーその4  












皆さまからたくさんのありがたい励ましのコメントをいただいて調子づき、今日は、朝から1時間、夜2時間半、合計3時間半ほど作業を続けました。

昨日手付かずだったヤグラ部左側を中心に#180、#240で整形し、その後、ヤグラ部全体を#400、#600番手まで上げて研磨していきます。

サドルレールクランプボルトの頭も、同心円の研削痕が鳥の目のようで気持ち悪いので、平らに削ります。

コルクブロック、消しゴム、爪楊枝、割り箸、ウレタンパッド、木ベラ、折れた定規などの当て木、そしてラバーバフに耐水ペーパーを巻きつけた先端ビットや真鍮ブラシを取り付けたペン型リューターがフル稼働です。

こうして乾燥させてよく見ると、2~4の工程で全く手付かずに残った場所もありますし、面が整ってきた部分が多くなってきた分、まだ整ってない部分が汚く目立ってきました(笑

整形作業が進むにつれP3ピラーが段々オリジナルとは違った形に見えてきました。
気のせいでしょうか?

このあたりから次第に修正作業の無間地獄に陥っていきますが、根気よく削り残した部分を細かく修正していき、次は#1000で磨いた後は、さらに#1500に上げるか研磨剤で磨いてしまうか・・・・・・「1コマ戻ってやり直し」がしたくないので、その判断が難しいところです

よくやったと思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ




スポンサーサイト

category: SAKAE P3 piller restore

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。