Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

赤鼻の黒犬  

IBM ThinkPad 560Z

10年位前までメインマシンとして使っていたノートPC、ペンティアムIIミニカートリッジ233Mhzを搭載する1997年製のTYPE2640-90Jです。
当時は結構な高嶺の花で憧れの機種でしたが、最近はサブマシンとしての出番もなく休眠状態が続いていました。
どれくらい高嶺の花だったかというと…1996年に発売されたThinkPad560(Pentium133Mhz)TYPE2640-FJEで標準価格598,000円でした。

久々に取り出して、HDDのフォーマットとOSの再インストールを行いました。

このころのCDドライブ非搭載機では純正品以外のCDドライブを認識しないことがほとんどなので、CD-ROMからOSを再インストールするには起動FDを作成しなくてはなりません。
有名な「MAKE.BAT」を使ってPCMCIAとCDのDOS用ドライバを組み込んだ起動FDを作成、起動後にディレクトリをDドライブに切り替えてSETUP.EXEを起動します。
※リカバリCDから再インストールするには別の方法が必要です。

ほぼ10年ぶりの作業でした。
http://www.blogmura.com


かつて日本IBMのサイトからダウンロード可能だった通称「赤鼻の黒犬」の壁紙。
レノボ・ジャパンに変わった現在では入手不可能となっていますが、バックアップファイルの中に5種類だけ残っていたのでインストールしてみました。
やっぱりThinkPadにこの壁紙はよく似合います。
http://www.blogmura.com


i Series用の壁紙なので…560Zと書き換えてみます(笑
http://www.blogmura.com


ワープロや表計算を使う程度ならまだ現役で使えそうですが、CMOSバッテリーなどの消耗品を交換して手放す予定です。











スポンサーサイト

category: COMPUTER

thread: ThinkPad - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/29-e637c0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)