Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オポジットレバー バー取付の雌ネジをなめたら  



DIACOMPE DC189オポジットレバーは根強い人気があるパーツですが、使っているうちにバーに固定するためのM5の雌ネジが傷むことが多々あります。

雌ネジが傷むとレバーがぐらつくため、ネジをM6に切り直すことが多いのですが、それでは雌ネジが傷む度にネジ穴を次第に大きくしていかなくてはならなくなります。

問題は雌ネジの強度不足にありますので、ヘリサート加工して雌ネジの強度を上げるのが有効な修復方法と思います。

ただし、工場などでヘリサート加工を頼むと工賃が高いんですね。

ヤフオクでM5ヘリサート加工ツール一式を見つけました。
リンク先が表示されないときはヤフオクで「M5 ヘリサート」で検索してください。
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p233685919
2,800円と割と高価ですが、雌ネジ2ヵ所のヘリサート加工を工場で頼むと一般的に5,000円はかかると思います。また、作業を請け負ってくれないところも多いと思います。

加工方法に慣れてしまえば、ヘリサートコイル自体は10円単位と安価なので、もう雌ネジの傷みは怖くなくなります。

まだ、このツールセットを買ったわけでも使ったわけでもないのですが、M5ネジを使うアルミ製パーツを多用する自転車には有効な修復方法だと思ってご紹介しました。




「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511






スポンサーサイト

category: DIA-COMPE DC189

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/288-42a6a366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。