Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

怪しいMUSIC  

前記事でスイス製のボトルキャップを取り上げましたので、スイスつながりでスイスのバンドをメインに怪しい音楽を主題として記事をアップします。
いずれも有名なバンドですのでファンでない方でも聞き覚えはあるのではないかと思います。

前置きを少し・・・

私が最初に好きになってヘビーローテーションして聴いた洋楽が、1976年リリースのHOT BLOOD/SOUL DRACURA。当時10代前半の私はFMから録音して繰り返し聞いていました。

HOT BLOODはフランスのスタジオミュージシャンで構成されたバンドですが、詳細不明とされていますのでプロフィールも怪しいです(笑

当時SOUL DRACURAはEP盤のほかVA(ベアリアス・アーティスト)形式のLP盤として発売されましたが、その後80年代には入手困難となり長らくEP盤にはプレミアがついていました。90年代に入ってから時おりVA形式のCDが発売され、現在に至っています。このバンドはこの曲以外はほとんど売れなかったようです・・・

こういう曲を最初に好きになったくらいですから、この後も「怪しい」路線はしっかり継続して聴いています(笑

_________________________________________________________________________________________________________

いよいよ本題のスイスのバンド、YELLOに話題を移します。
「大富豪の実業家でギャンブラーでもある」というプロフィールがまた怪しい・・・


今回紹介するのはCALL IT LOVE、1986年リリース。
SOUL DRACURAから10年ほど後にハマりましたが、当時から格好良いのか格好悪いのかよくわからないところも魅力の怪しい音作りをするバンドでした。(再生ボタンを押した後、「youtubeで見る」をクリックすると再生します)


Youtubeには最近になってリリースされたPVが何本もアップされていますが、歳を重ねて枯れた感じが増したディーター・メイヤーは益々良い具合になってます。


_________________________________________________________________________________________________________

さらに10年ほど経ってハマったのがイングランドのバンドFAITHLESS。
壮大なスケール感が魅力の音作りをする、そして1957年生まれのフロントマンMaxiJazzが格好良くも不気味な雰囲気を醸し出しているバンドです。

1996年にリリースされたINSOMNIA、直訳すると「不眠症」というタイトルの曲です。


Youtubeにはライブを収録したものもあってお勧めです。特に2002年のGlastonburyでの動画はプレイもさることながら、発炎筒をたいたりダッチワイフを振り回す激しい観客の様子も楽しめます(笑
ライブでで見ると純粋に格好良いバンドです。


________________________________________________________________________________________________________

10代の頃からほぼ10年ごとにヘビーローテーションして聴くほどに気に入る怪しい曲に出会ってきましたが、この15年くらいの間はまだ出会ってないようです。でも、この記事では紹介しませんでしたがどこかコミカルだったり怪しい音楽は継続して聴いています(笑

怪しいというのは私の感覚での判断ですのでファンの方はご容赦を・・・

当ブログの「今日の一枚」をご覧いただいている音楽好きの方は既にお気づきだったと思いますが、少々変わった好みも持ち合わせているCHSです(爆



恒例の・・・

BELA BORSODI





11/29追記_______________________________________________________________________________________________

velovelobarさんからいただいたコメントを元に「ソウル・・・」の動画を2本追加しました。
どちらもひっくり返りそうになるくらい良いです。

ソウル若三杉


ソウル怪人二十面相










スポンサーサイト

category: MUSIC ♪

thread: '70年から'80年の洋楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/158-5fa4c802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)