Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ポーター ・・・ porteur  

先日掲載したvelo orange porteur rack

PEUGEOTにどうだろうと思っているところですが、仕様変更の参考にしている同キャリヤ装着の綺麗なポーターを何台か紹介したいと思います。






現代のporteur:by Matthew Conway
http://cycle.blogmura.com/randonneur


Alex Hatfieldの影響を受けて作られたポーター
詳細はこちら
http://www.detailweb.co.uk/porteur-bicycle
リンク先に表示される玉子型のLEDテールランプが気になります(笑



現代のporteur:velo orange
http://cycle.blogmura.com/randonneur






old manufrance
http://cycle.blogmura.com/randonneur


以上が、velo orange製キャリヤを装着した自転車でした。

________________________


porteur、本来は運搬車のようですが、かつては荷物(新聞)を積載してレースが行われていたようです。
画像は1958年にフランスで行われたレースの模様。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


porteurを操る選手たち、普段は新聞配達などで生計を立てていたといいますから「なでしこJAPAN」の苦労話に重なるものがあります。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



________________________


現代のporteur:Ateliers d’Embellie Leather Porteur Bike
http://cycle.blogmura.com/randonneur


至る所に革細工が施してある芸術品のようなporteur
詳細はこちら
http://viacomit.net/2009/07/14/ateliers-d%E2%80%99embellie-leather-porteur-bike/
サドルの下に仕込まれているのは・・・ウィスキースキットルのようです(笑



名工房のporteurとして、まずはrene HERSE
http://cycle.blogmura.com/randonneur






こちらは詳細不明の古のフレンチporteur
http://cycle.blogmura.com/randonneur


トップチューブの先端に付いているのは・・・ベルでしょうか。

________________________


現在、TREKから発売されているporteur、belleville
20世紀初頭のフレンチporteurをイメージして作られた物。
2タイプのフレーム、2色のフレームカラーで商品展開されています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


詳細はこちら
http://bikes.trekbikes.co.jp/jp/ja/bikes/town/urban_utility/belleville/

________________________


私はヨーロッパの街中でよく見かける、こんな自転車が好きです。
日本でいうママチャリのようなタイプですね。
これからキャリヤやカゴを外した状態に、まずは私のPEUGEOTを少しだけ仕様変更してみようと思っています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


当ブログの関連記事
http://blogs.yahoo.co.jp/tammy1106tammy0129/5036507.html















スポンサーサイト

category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brassbadge.blog.fc2.com/tb.php/104-70a88000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。