Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

LENOVO G500 CPU換装  


LENOVOのノートPC G500
購入して3年余り、オンラインゲームなどでスペック不足が気になり始めた。

01_20170517004133c3e.jpg

そこで、CPUをCeleron1005MからG500ラインナップ中最強のCore i5-3230Mに換装すべく検討する。
まずはメーカーサイトにて各モデルの仕様書を熟読。
メインボード上のチップセットがHM76 Expressなら換装しても大丈夫そうという結論に至り、CPU-Zを使いHM76であることを確認してから念願のCore i5-3230Mを調達。

02_20170517004134248.jpg

CPUを換装。
ちなみにメモリはPC購入直後に8GBに拡張済み。

03_201705170041353b8.jpg

起動させ、CPU-ZでCore i5-3230Mが認識されていることを確認して作業完了。
CPUを載せ替えるだけで上手くいった。



次にBefore-Afterの比較をする。

まずはWindowsエクスペリエンス インデックス
1005M
04_201705170041368cd.jpg

3230M
05_201705170041386f8.jpg

しかし、ゲーム用グラフィックスは計測されないしなんだかピンとこない結果に…


次にCINEBENCH
1005M
06_2017051700413991e.jpg

3230M
07_20170517004141d9f.jpg

CPUが125から229、グラフィックスが9.24から17.17とどちらのスコアも倍近くにアップ。
事前にPassMark CPU Benchmarksで調べていたので予想どおりの結果となった。
PassMark CPU Benchmarks

もうちょっと「換装して良かった~」という実感が欲しい!


ということで、最後にSTREET FIGHTER IV BENCHMARK
1005M
08_2017051700414247e.jpg

3230M
09_20170517004131f3c.jpg

このゲームをするわけではないが、RANK:DからA、わかりやすい結果でようやく落ち着いた。


※ 換装して約3ヶ月、一度も異常終了することなく安定動作している。
※ この記事を参考に作業する際は自己責任で!


スポンサーサイト

category: COMPUTER

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。