Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Specialized S-Works 軽量化  



今回お届けするのは8月に暫定完成したS-Worksの軽量化。



ほとんど使用されていない新古品といって良い状態のカセットスプロケット
01 - コピー


SHIMANO XTR CS-M970
http://velospec.com:8080/en/components/shimano/csm970
02 - コピー


歯数構成11、13、15、17、20、23、26、30、34T
11、13、15、17、20はニッケル仕上げのスチール製
23、26、30、34はチタン合金製
重量244g
03 - コピー
これまで使用していたSHIMANO DEORE CS-HG61 11-32Tは重量335g。
91gの軽量化。



次は、新たに用意したホイールセット。
こちらもほとんど使用されていない物を入手。

フロントハブ SHIMANO XTR HB-M960
http://velospec.com:8080/components/shimano/hbm960
重量137g
04 - コピー

SHIMANO DEORE HB-M525 (252g)から115gの軽量化。

リヤハブ SHIMANO XTR FH-M960
http://velospec.com:8080/en/components/shimano/fhm960
フリーボディはチタン合金製で全体重量は315g
05 - コピー
SHIMANO DEORE FH-M525 (449g)から134gの軽量化。

リム MAVIC XC717
http://www.mavic.com/rims-mtb-xc-717
重量420g
06 - コピー

ALEXRIMS ACE18(460g)から40gの軽量化。

いまや数少なくなったリムブレーキ用の高級リム
07 - コピー


タイヤ MAXXIS MAXXLITE310
08 - コピー
26x1.95で310g、SCHWALBE FAT FRANK 26*2.35 CREAM(975g)から665gの軽量化。

チューブ MAXXIS FLY WEIGHT121
09 - コピー
重量102g、SCHWALBE 13SV(190g)から82gの軽量化。

タイヤをホイールに組み付け、指定されたとおりの圧のエアを入れる。
13 - コピー


MAXXIS MAXXLITE310(上)、SCHWALBE FAT FRANK(下)
10 - コピー


タイヤ幅(実測)は53mmから47mmに
見た目には数値以上に細くなったように感じられる。
11 - コピー


そして自転車に組み込む…
12 - コピー


手前がXTR CS-M970、奥がDEORE CS-HG61
14 - コピー



重量は12.7㎏から10.8㎏へ
15 - コピー


フレーム:Specialised S Works Bart Brentjens special edition M2XX ‘98 (390mm)
フロントフォーク:FOX TALAS R ’03
BB:Shimano ULTEGRA/XT BB-UN72 73/107mm
クランク:Shimano LX FC-M570(44-32-22)
チェーン:Shimano DURA-ACE/XTR CN-7701
フロントディレーラー:Shimano XT FD-M770
リアディレーラー:Shimano XTR RD-M953GS
カセットスプロケット:Shimano XTR CS-M970 11-34T
シフター&ブレーキレバー:Shimano DEORE ST-M530
ブレーキ:Shimano XT BR-M739
ヘッドセット:FSA Orbit MX
ハンドルバー:AZONIC DOUBLE WALL
ハンドルグリップ:odi RUFFIAN MX
ステム:FUNN SERIAL GRIPPA 45mm
サドル:the DICE
シートピラー:THOMSON Elite 30.9×367mm
ペダル:Shimano XTR PD-M970
フロントハブ:Shimano XTR HB-M960
リヤハブ:Shimano XTR FH-M960
リム:MAVIC XC717
タイヤ:MAXXIS MAXXLITE 310 26×1.95
チューブ:MAXXIS FLY WEIGHT 121



今後予定している軽量化(時期は未定)ではそれほど軽くならず、最終的には10㎏台前半に落ち着く予定。




スポンサーサイト

category: Specialized S-Works

tb: 0   cm: 6

四半世紀を経た車のお色直し  



平成2年式の日産車、年式の割に綺麗と言われてきたがクリア層の劣化が目立ち始めた。

そこで、塗装も自社工場で行うディーラーにボンネットフード、ルーフ、トランクフード、リヤバンパー、両サイドミラーの塗り替えを依頼した。
各パネル間の色のずれを補正するうち、サイドモールから下を残すのみで全塗装に近い内容となった。

前後のガラスを外しての大掛かりな作業を経て戻ってきた。
ボディもガラスも研磨およびコーティング済み。
01a - コピー


表皮が劣化・硬化してひび割れや浮きがいくつも生じていたダッシュボードも、程度の良い出物があったので交換してもらった。
02 - コピー
なお、熱変形が目立つエアコンの吹き出し口は全て、昨年のうちに新品に交換済み。


塗装のはがれと錆で醜くなっていたワイパーアームも熟練職人によって新品同様の姿に!
03 - コピー
他にもウィンドウモールなど様々なところに手が加えられている。


ここまで綺麗になるといままで気にならなかったところが気になりだす…(苦笑


それなりに費用が掛かりましたが満足のいく仕事でした。



category: CAR

tb: 0   cm: 0

週末の試乗  


先日組み込んだSPDペダル。
少しずつ試乗を繰り返しており、先週の土曜日も近場を走ってきた(約35km)。

白川に沿って、下流に向かって走る。
場所によって川と並行する道路または河川敷の遊歩道が途切れる箇所があり、自転車を担いで道路と河川敷を移動しながら走る。

河川敷には砂利道やぬかるんだ泥道もあり、MTBで走るには楽しい。
01_20151005005344a54.jpg
iPhone6にて撮影



もうすぐ熊本新港。
前方に霞んで見えるのは隣県長崎の雲仙普賢岳。
02_201510050053460be.jpg



熊本新港にて。
背後に有明海、その向こうに天草の宇土半島。
03_20151005005342a4c.jpg



100kmほど試乗した結果、もう後戻りできないほどSPDの効果は大きい。

SPDペダル組込後に一部のパーツ変更も済ませ、軽快に走行できる自転車になってきた。
さらに自転車に乗る際のウェアも新調し、快適に走行できるようになった。

その詳細については回を改めて~♪



category: 自転車ツーリング

tb: 0   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。