Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

SPDペダル導入  



自転車趣味歴35年、トウクリップやハーフクリップも使い始めて同じくらい経つ。
ビンディングなんてスキーでしか使ったことがなかったが、今回初めてビンディングタイプのペダルを導入した。
今さら何をと言われそうだが、サイコンを導入したのも4年前、私自身が既に古物になっているので諸事時代に遅れている…


用意したのはXTR PD-M970
http://velospec.com:8080/en/components/shimano/pdm970
重量325g
01 - コピー
SPD初心者ゆえに最高グレードを選択、ただし使用感が少ないとはいえ中古品。



いままで使っていたTIOGA Surefoot SLIM(330g)と比べるとその小ささがよくわかる。
エンプラ製の軽量ペダルからの変更ながら5gの重量減となった。
02 - コピー



クランクに装着し、両方合わせて4か所あるアジャストボルトでバネ力を同じ強さに調整する。
1回転で4段階に切り替わるが、SPD初心者なので2番目の弱さに設定した。
03 - コピー



先日ソールが剥がれてしまったが、自転車に乗るときには本革製アッパーのミドルカットスニーカーを10年以上履いていたので、SPDシューズには外観がよく似たSH-MT53を選んだ。
04 - コピー



クリートは解除方向が1方向のみのシングルモード(SM-SH51)ではなく、多方向に解除できるマルチモード(SM-SH56)を選んだ。
これもSPD初心者ゆえの選択。
05 - コピー



クリートキャップを、プラスドライバーを使って取外し…
06 - コピー



クリートは消耗品なので固着を防ぐためにボルトのネジ山にグリスを塗り、2.5mmアーレンキーで固定する。
07 - コピー



シューズを手に持ってクリートとペダルの装着・解除を繰り返し、実際に乗る前にしっかりとコツをつかむ。
08 - コピー



【試用インプレ】
バネ力を強くしていないので解除は容易、装着には慣れが必要だったが市街地を3kmほど乗っているうちに体でコツをつかむことができた(勿論、個人差はある)。
平坦な市街地を10km程度走ったくらいでは引き足が使えるメリットを感じるまでには至らなかったが、100km程度の遠乗りをすれば特に帰宅寸前の疲労度で大きな違いが感じられるのではと期待している。
09 - コピー



次の休日には遠乗りするぞと楽しみにしていたら阿蘇山噴火(09/14)…
同じ日、1年前から闘病していた母が永眠した。





スポンサーサイト

category: Specialized S-Works

DENON DL-102 MONORALカートリッジ  



アナログ盤を集めていると自然と増えてくるMONO(MONORAL)盤。
0210 - コピー


STEREO盤にはSTEREOカートリッジが必要なように、MONORAL盤にはMONORALカートリッジが必要。
STEREOカートリッジの名器とされるSHURE V15TYPEIIIを使ってもMONORAL盤の再生ではスッカスカな音しか出ない。

そこで調達したのがMONORALカートリッジ。
DENON DL-102
0203 - コピー
出力電圧:3mV
内部抵抗:240Ω
再生周波数:50Hz~10000Hz

一般的には出力が低いMC型ながらMM型並みの高出力で、アンプのフォノイコライザーのMM端子に接続して再生することができる。

欲しいと思って幾星霜…ちと大袈裟か(笑
モノラルカートリッジとしては安価…とはいえ庶民にとってそれでも高価!
0204 - コピー


シェルは同じくDENON製の PCL-3。
0205 - コピー
数年前からわが家のストック品となっていた。
重量8.5g、アルミプレス加工

STEREO用機材でMONORAL再生するために不可欠なのがMONORAL専用リード線。

画像で見ると大した物には見えないかもしれないが、導体として1940~50年代に製造されたウエスタンエレクトリック(WE)製スズメッキ単線awg24(直径約0.6mm)が使われ、国産燐青銅金メッキチップと導体の接続には1960年代製の半田NASSAU AT-7241が使われているこだわりの逸品。
0206 - コピー


単線は曲げ戻しを繰り返すと折れるので慎重に曲げ加工しながら組み上げ完了。
0207 - コピー
見た目にもレトロ感が伝わるデザイン、金属製で重厚感たっぷり!

現在メインで使用しているDIATONE DP-EC1に組み込む。
オートリフトはするもののオートでスタートできない…
手動スタートでオートリフトならとりあえず問題はないが、調べてみたら予想していたカートリッジの重さより、予想していなかった高さが低いのが原因らしい。
0208 - コピー

シェルとカートリッジの間に2~3mmのスペーサーを入れる必要があるようだ。
何を素材にするのか、具体的に2~3mmの範囲で厚みをどうするのか、それが目下の課題。

そうは言っても、手動で針を盤に落とせば幅と厚みを感じるMONORALの音を堪能することができる~♪
MONO盤愛用者が多いというのも頷ける迫力…♪
0202 - コピー

0201 - コピー


MONORALカートリッジとはいえMONORAL盤しか再生できないのではなく、マスター音源がMONORALなSTEREO盤の再生にも使える。
スペーサーや使えばより音が良くなるという昇圧トランスの採用など今後の課題もあるが、買って良かった逸品~♪


category: AUDIO ♪

tb: 0   cm: 8