Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

DIATONE DP-EC1 オートアームの修理  


操作パネル下の超小型マイクロスイッチ4個、ピッチコントロールVR1個、オートアームのベルト3本、RCAケーブルの交換を済ませたDP-EC1。
前回の修理から4年が経ち、数日前からオートアームの水平移動がぎこちなくなりました。

4年前の修理の様子
http://brassbadge.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

前回の修理ではバンコードを熱溶着接合して製作したベルト2本を装着しています。
そのうちの1本、水平移動用のベルトが接合部分で外れていました。
原因は4年前の溶着不良です。
04 - コピー


DP-EC1は垂直移動と水平移動を別々のモーターで駆動しています。
01 - コピー

03 - コピー


垂直・水平どちらもモーターに付いている直径4.9mmの金属製プーリーは同一ですが、垂直用の樹脂製プーリーは直径25.4mm、水平用は29.0mmとなっています。軸間距離(分解せずに計測しているため測定精度が低い)は垂直・水平それぞれ32.7mmと28.5mm。

それぞれの数値を下記の算式に当てはめ、円周率で除してベルト内径を割り出すと垂直・水平それぞれ36.0mm、35.1mmとなりました。

(aプーリー直径+bプーリー直径)×1.57+軸間距離×2=ベルト長さ




内径35mm、太さ1.5mm前後の市販品のゴムベルトを探して交換、無事復旧です。

スムーズな垂直・水平移動


DP-EC1のオートアーム修理に必要なゴムベルト
  内径35mm、太さ1.5mm前後 角(丸)ベルト×2
  内径11㎜、幅2.5㎜、厚0.6㎜ 平ベルト×1
02 - コピー
  特殊なサイズの平ベルトはヤフオクを通じてオーダーメイドしました。
  http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/peccopohn



ついでに回路図と見比べながら基板上の電解コンデンサーをリストアップしておきます。
製造から40年近く経ち、被覆がめくれてきている物も散見されるのでそろそろ交換時期でしょう。
05 - コピー

機器のメンテナンスには、サービスマニュアル(回路図)を用意しておくのがベターです。



スポンサーサイト

category: DIATONE DP-EC1

tb: 0   cm: 4

Blue 2  


ブルーとブラウンのベルト
02 - コピー


ナショナルカラーのポロ
2003年に訪れたNEDERLAND
01 - コピー


TRANS BLUE / 日野皓正
1985年リリース
歌うように鳴り響くトランペット♪
03 - コピー


T-WAVE / 高中正義(カラー盤)
1980年リリース
04 - コピー


ソノシートを思い出す…
盤が透明なのでオートプレイできないのが玉に瑕…
05 - コピー


手配していたスピーカーケーブル
CANARE 4S6
06 - コピー



category: FASHION

tb: 0   cm: 8

Simlex RD / Aluminum PULLEY  


最近のケミカル類を使うのが劣化の原因とも言われますが、SimplexのRDプーリーは歯が欠けやすい。
旅先でのメカトラブルはできるだけ避けたいので、シールドベアリングを内臓した軽合金製プーリーへの交換を検討しています。
01 - コピー


今回は交換作業の下準備


まず、6~10sのチェーンの規格表を元に関係のある部分のサイズを抜き出す。

ピッチ:6~10sまで共通12.7mm
内リンク内幅:6s~8s 2.4mm、9s 2.2mm、10s 2.2mm
外リンク外幅:6s~8s 7.1mm、9s 6.6mm、10s 5.88mm

内リンク内幅はプーリーの歯の厚みに、外リンク外幅はプーリー中心部の厚み(両ケージプレートの間隔)に関係しますが、内リンク内幅の差は僅少なのでプーリー中心部の厚みを純正品と揃えればよいと判断しました。

次に、各プーリーの外径、中心部厚み、穴径を測定する。

Simplex: 38.0mm 10.3mm 5.6mm
TISO: 41.3mm 7.8mm 5.0mm
GRAN COMPE: 41.6mm 7.5mm 5.0mm

内径5.5mm、厚み1.5mmの市販品のワッシャーを加工して中心部厚みを調整すればよさそうです。
04 - コピー


プーリー外径が大きくなる分max cog sizeが小さくなるかもしれませんが、SX-410GTのmax cog sizeは36tなのでカバーできるのではないかと思います。

TISO装着イメージ
02 - コピー


GRAN COMPE装着イメージ
03 - コピー



category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 6

ATAX / Philippe Franco Italia D352  


軽合金製のマース型ハンドルバー
ATAX / Philippe Franco Italia D352
CtoC 400mm

生産期間:1970年代後期~1980年代前期
生産国:フランス


バー右側にGUIDONS PHILIPPEの文字と共に彫り込まれた「カスクを被ったレーサー」
02 - コピー


左側の刻印は派手な傷によって一部欠損しているもののモデル名は綺麗に残っている
03 - コピー

これをどうするか…



元になった「バークランプ上部に矢印、三角形の肉貫が施されたラグ型ステムのバーを握りしめるカスクを被ったレーサー」のイラスト

01 - コピー




category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ONZOW labo ZERODUST  


カートリッジの針の汚れをデンターシステマで取り除き、レコードの汚れは食器用洗剤を使ってマイクロファイバークロスで洗って拭き上げる。

普段はそんなメンテナンスしかしない私が使用体験記をいくつも読んでいくうちに強く惹かれた製品、ONZOW laboのZERODUSTスタイラスチップクリーナー、同じくエルピーレイザーが届いた。




早速、スタイラスチップクリーナーを開封
05 - コピー


拡大鏡としても使える蓋を開けてクリーナー本体とご対面
触ると…プニプニして気持ちイイ♪
02 - コピー


被験者はSHURE V-15typeIII初期型
こんなに拡大しても特に汚れは見当たらない
03 - コピー


スタイラスチップクリーナーに押しつけても…
汚れは付かないので普段の手入れは間違ってなかったらしい
04 - コピー


最近の製品なのにどこか懐かしい佇まい
01 - コピー


最近手に入れた1970年代頃のマイクロスイッチに通じるものがあるような…
06 - コピー

機材修理のために同じ定格の部品を手に入れようとすると大人買いしなくちゃならないときもある




次はエルピーレイザー
07 - コピー


被験者はボサノバの名盤
ジャケットは汚いが盤は至って綺麗な上物
08 - コピー


付属のZクロスにエルピーレイザーを1滴垂らし、中心から外へ向かって反時計回りに拭き上げる…カートリッジを外したターンテーブルに載せて通常の回転方向にプラッターを回す…と、音溝がクッキリ浮かび上がった
09a - コピー


早速試聴♪
10 - コピー

チリノイズの激減ぶりに吃驚!

針が盤の汚れを掻き出すので、1回再生するごとにスタイラスチップクリーナーに針先を付けると…
さっきは付かなかった汚れ(黒い点)が
11 - コピー


たくさんの使用体験記で読んだとおり、再生と針先の掃除を繰り返すうちにメリハリあるクリーンな音になっていく…


盤のカビや汚れと静電気を除去するエルピーレイザー、カンチレバーとの接点を傷めることなくスタイラスの汚れを手軽に取り除くスタイラスチップクリーナー。
期待を超える効果、作業も手軽、良い買い物でした。





【追記】
スタイラスチップクリーナーに付いた汚れを落とせないものかと思ってネットで探してみたら、マスキングテープで取るという方法があったので早速試してみた。
クリーナー表面にマスキングテープを貼って剥がすだけ。
手軽に元の綺麗な状態に♪


category: AUDIO ♪

tb: 0   cm: 6

DIATONE DP-EC1 インシュレーター交換  


1976年発売の三菱電機製フルオートレコードプレイヤー、DP-EC1。

スペック等詳細については「オーディオの足跡」へ

1976年のグッドデザイン賞を受賞している


シリーズ名のECはエレクトリックコントロールの略であり、発売当初から高評価を得た当機はモデルチェンジを重ねて1980年のDP-EC1MKIIIまで発展。その後DIATONEのレコードプレイヤーは、アームがカッティングマシンと同じようにレコード盤上を直線移動するリニアトラッキング方式を採用したLTシリーズへ移行していく。

21 - コピー



過去4年以内のメンテナンス内容
・トーンアーム駆動ベルト(3本)交換
・操作スイッチ-超小型マイクロスイッチ(4個)交換
・ピッチコントロールボリューム交換
・軸受けオイル交換・マイクロロン充填
・RCAケーブル・コネクタ交換
・非磁性体製スパイク装着


機材入替の容易化のため、今回はTechnics製ラバーインシュレーターを装着した。

22 - コピー



左が11kgの重量を支えていたオリジナルのインシュレーター、右が重量12kgのTechnics SL-1200MKIIIを支えるインシュレーター。

23 - コピー



DP-EC1の筐体下部には大きく張り出した個所があり、4個のうち1個がそれに干渉するのでM6ナットをスペーサーとして取り付ける。

24 - コピー



装着後
無事、筐体との干渉を避けた奥のインシュレーター。

25 - コピー



26 - コピー



category: DIATONE DP-EC1

tb: 0   cm: 7