Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Peugeot METRO COM-70Fの改装 クリアランス調整2  


今回タイヤを26×1.5から26×2.15にアップしたため、RDシフトワイヤーがタイヤと干渉していたのでBB下のワイヤーリードを交換して十分なクリアランスを確保する。

SHIMANO
SM-SP17-M5 CABL GUIDE FOR 40mm
Y66Y98500

手前が新しいワイヤーリード、奥がオリジナル
12 - コピー



交換後
11a - コピー

画像の上部、チェンステーの下にシフトワイヤーがわずかに見える。


スポンサーサイト

category: PEUGEOT COM 70F

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

RD-M739-SGS  


私にとっては新しい8速時代のRDも、気が付けば発売から既に18年を経過していた。

Shimano Deore XT
RD-M739-SGS
発売年: 1996
重量: 251g
Max Cog Size: 32t
Total capacity: 38t
Pulley軸間距離(CtoC): 87mm

02 - コピー


劣化していたアジャスターの樹脂製ハウジングをTOKENの軽合金製に変更、清掃とグリスアップを済ませた。


category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

BL-MC16  


SHIMANO BL-MC16
Acera/Alivioグレード
1998年入手

型番違いの同製品と思われるBL-R440というレバーもある
http://jail.sine.com/sheldonbrown/sheldonbrown.com/harris/brake-levers-up.html

塗装剥離・整形・研磨を施し、樹脂製アジャスターを軽合金製に変更している。

プジョーの改装に合わせて、こちらもお色直し。


03 - コピー

01 - コピー

02 - コピー


パーツに手を加え、好みどおりに仕立て直す楽しみ♪


category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Peugeot METRO COM-70Fの改装 クリアランス調整1  


独SKS Chromoplastic P55(55mm幅)
01 - コピー

ベルギー製CURANA clite26 55mmとどちらにするか迷って、COM-70Fオリジナルのフェンダーに近い外観のSKSをチョイス!


フェンダーを装着する前に取付金具類を磨き直す
02 - コピー
リヤフェンダー横穴⇔縦穴変換金具
BROMPTON Wire-Form Bracket & Fittings for Halogen Lamp
Busch & Muller DYMOTEC brackets 406ALU


Ⅿ6×45のステンボルトも頭を丸めて磨き込む
03 - コピー



ダイナモを取り付け、テスターを繋いで発電しているかテストしていたら、ダイナモがタイヤの上で暴れる!
04 - コピー
ランドナーからVELOX製ゴムローラーを移植すると安定したので、ゴムローラーが劣化により硬化したのが原因のよう。
色・形状とも気に入っていたのに…


シートステーブリッジに装着する金具と菱形補強金具
05 - コピー

フェンダー付属のステンレス製吊り金具ではタイヤとフェンダーのクリアランスが小さくなってしまうので採用した横穴⇔縦穴変換金具、さらに下側を約2mm削り込んだ。

またアルミフェンダーならともかく樹脂・アルミ・樹脂の積層フェンダーの場合、菱形補強金具は裏から当てないと補強の意味がなく、表にだけ当てた場合は間もなく横方向に割れたりするので要注意。


リヤフェンダーを固定するための使うボルト2本は超極低頭タイプ。
06 - コピー

最寄りのホームセンターにあったのはステンレス製のM5×12
チェンステーブリッジの固定用にはそのまま12mm長で、シートステーブリッジ用には8mm長に加工して組み込んだ


フェンダーステーとフレームとのフィッティングを高めるために、ステーに角度をつける
07 - コピー



フロントフェンダー前端クリアランス 13mm
08 - コピー



フォーククラウン部
09 - コピー



フロントフェンダー後端クリアランス 23mm
10 - コピー



リヤフェンダー前端クリアランス10mm

シートステーブリッジのクリアランスの現状
11 - コピー



リヤフェンダー後端クリアランス 20mm
12 - コピー



ワークスタンドの上で微調整をし、ステーの余分をカットしたら、次はシフトおよびブレーキ関係の交換・調整に移る。



category: PEUGEOT COM 70F

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Peugeot METRO COM-70Fの改装 クリアランス確認2  


独SKS社製クロモプラスチックフェンダーのフィッティングに苦心しているが、チェンホイルセットが揃ったので先に装着して、クリアランス確認する。



心配していたチェンホイルとチェンステーの干渉もなく装着できた。
むしろより短い軸長のBBに換えて良いくらい。

純正のTH INDUSTRIES製BBの軸長は実測で121.3mm、SUGINO XD2の推奨軸長は110mm。
03 - コピー




新しく揃えたクランクセット
SUGINO XD2 Wクランク
FUNN 41T(英)
MRP バッシュガード(米)
01 - コピー
SUGINO
http://www.suginoltd.co.jp/
MRP
http://www.mountainracingproducts.com/mrp/
FUNN
http://www.funnmtb.com/


換装前
CPIクランク(純正)
詳細不明 36T(純正)
SUGINO バッシュガード
02 - コピー


category: PEUGEOT COM 70F

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Peugeot METRO COM-70Fの改装 クリアランス確認1  


2000年式PeugeotCOM-70Fの改修のために発注していたパーツ
その第2便が届いた。
01_20140421155924de1.jpg



GTに採用したのと同じSCHWALBEのタイヤ
Kevlarガードにより耐パンク性を高めたBIG BEN 26×2.15
FAT FRANKではなく、BIG APPLEの姉妹品なので同様のトレッドパターンが刻まれている。
02_2014042115592596a.jpg



VP20リムに仮組みした状態でのタイヤ幅は49~50mm
参考までに、ACE18リムに装着したSCHWALBE FAT FRANK 2.35の幅は実測55mm

フロントフォークでは、クラウンとのクリアランス18mm(max)、フォークチューブとのクリアランス4.5mm(min)
03_201404211559271dd.jpg



シートステーブリッジとのクリアランスは13mm、左右シートステーとのクリアランスは11mm(min)
04_20140421155929ba6.jpg



チェンステーブリッジとのクリアランスは10.5mm、左右チェンステーとのクリアランスは10mm(min)
05_2014042115592317d.jpg





次は英国ブルーメルを吸収し、そのDNAを受け継いだフェンダーを提供している独SKS製フェンダーの装着に着手する。


category: PEUGEOT COM 70F

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ラピュタの道 リベンジ  


去る4月9日に走ってきたばかりのラピュタの道

今日4月19日、隣県のサイクリストSono3さんと、緑が少し増えたラピュタの道を走ってきました。
01_201404192036415df.jpg



前回のツーリングから使用しているサポーター付インナーを今回も使用します。
画像は使用前の状態(笑
02_20140419203642716.jpg



脚攣り対策に米国より取り寄せた1kg入りBCAAを出発前に摂取
03_20140419203825240.jpg



標高493.9m
ラピュタの道と豊後街道(参勤交代の道)の交差点
04_20140419203645aea.jpg



標高620.9m
長寿ケ丘公園
05_201404192036394d5.jpg



標高690.2m
06_201404192039343db.jpg

07_2014041920393679b.jpg



標高792.3m
08_201404192039373e3.jpg



標高925.5m
09_201404192039387c6.jpg

10_20140419203932217.jpg

11_20140419204043539.jpg

12_20140419204044d4a.jpg

13_20140419204046694.jpg

14_20140419204047b12.jpg

前回は押し歩き区間が長かったのですが、今回はわずかな押し歩きで自走でした。
標高が約100m上がる毎の休憩を3回入れて、所要時間1時間40分。
走っている時間より止まって自転車談義をしている時間の方が長かった(笑



場所を阿蘇から菊池へ移し、昼食は「森の味処 なかむら」へ
鮮度の良い地鶏、鴨、猪を炭火で焼いていただきます♪
15_201404192040411a1.jpg

16_2014041920422708d.jpg



鞠智城(きくちじょう)
17_201404192042275c0.jpg

18_20140419204229ee2.jpg


35Aと2.35の違い!
19_20140419204231974.jpg


ポイント間の移動はこんな風に…
20_201404192042258a1.jpg



category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

Peugeot METRO COM-70Fの改装  

先日、改装を終えたGTに続きPeugeotの改装に着手しています。

2000年式Peugeot COM-70F

ハイテン鋼のフレームに鉄製フロントキャリヤを備えたこの自転車、2004年に生産中止になるまで毎年在庫切れが続くほどの人気商品でしたが、どういうわけか室内保管をしていても錆びやすい…
01 - コピー


普段から注油だけは欠かさないので、スラッジに塗れている部分ほど洗浄するだけで新品のように綺麗になる
02 - コピー


可能な限りパーツは外して洗浄・研磨・注油を施していく
03 - コピー


購入当初から進まなくて不満があった36tのチェンホイールを、今回少しだけ大きな物に
04 - コピー


以前から使ってみたかったSUGINOのWクランクを調達
05 - コピー


清掃と軽く入魂を施したリヤハブとフリー
06 - コピー


クランクを外して、スラッジがこびりついたカセットBBも清掃
07 - コピー


左右1セットで1,000円程度ながら調整範囲も広く扱いやすいブレーキ
くすみやすく汚れやすいこのパーツも外して洗浄・研磨・注油
08 - コピー


今週中に届く予定の第二便、第三便が楽しみです♪



category: PEUGEOT COM 70F

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

中欧のクルマたち  

2014年2月にハンガリー、オーストリア、チェコを旅した際に見掛けたクルマたち



旧東独製ヴァルトブルク (Wartburg)
於ハンガリー・ブダペスト8区
外装から、VW製4ストエンジンを搭載した最終モデル1.3と思われる。
01_20140416204205fe1.jpg

Wikipedia:Wartburg


1956年デビュー、DKW製2ストエンジンを搭載した311(Wikipediaより転載)
02a_201404162042075d1.jpg


1965年にモデルチェンジを受けて353となり(Wikipediaより転載)
02b_201404162042096fe.jpg


1988年にVW製エンジンを積み、外装の一部変更を受けて1.3となる
於ハンガリー・ブダペスト8区
02_20140416204206a96.jpg


英語版のWikiでは美しい313 Sportcoupe、かつて「東独のポルシェ」と言われていたと記憶するMelkus RS 1000など他のバリエーションも見ることができる。
Wikipedia英語版:Wartburg


走行中のバスから撮影したためピントが合っていないが、旧東独製自動車で最も知名度が高いトラバント(Trabant)
於ハンガリー・ブダペスト6区
03_20140416204203041.jpg


Wikipedia:VEBザクセンリンク トラバント


2ストエンジン、FRP製ボディが特徴のトラバントも末期にはVW製エンジンを搭載した1.1というモデルを発表している。

トラバント1.1(Wikipediaより転載)
03a_20140416204416283.jpg


Wikipedia英語版:Trabant


MINIやFIAT500同様、トラバントもリバイバルプロジェクトが進められているようだが、現在はどうなっているのか…
Trabant nT
03b_2014041620441765a.jpg




三菱ミラージュ(三代目1987年-1991年)
於ハンガリー・ブダペスト6区
04_20140416204419bdc.jpg



1985~1996年まで生産された伊フィアット・クロマ、1991年のマイナーチェンジを受けた後期型
於ハンガリー・ブダペスト6区
05_20140416204421add.jpg

日本でも人気があったタイプ4プロジェクトの4車(ランチア・テーマ、フィアット・クロマ、SAAB900、アルファロメオ164)だが、唯一、日本では商業的に失敗したため流通量が少なく希少車となっている。


伊フィアット850(1971年製?)
於ハンガリー・ブダペスト5区 エリザベス橋付近
06_20140416204414433.jpg



2両編成のバス
於ハンガリー・ブダペスト ゲッレールト(Gellert)の丘付近
07_20140416204604a4f.jpg



同じく2両編成のトロリーバス
於ハンガリー・ブダペスト ブダペスト・コルヴィヌス大学付近
08_20140416204606f47.jpg



東独ROBURのバスを使ったrobur bisztroのレストランカー
於ハンガリー・ブダペスト8区 Balna Budapest
09_20140416204607d97.jpg



ダブルキャブの独VWピックアップトラック
於ハンガリー・センテンドレ(Szentendre)
10_201404162046093d6.jpg



とっても良い雰囲気のワゴン(メーカー・モデル名不詳)
於ハンガリー・オーストリア国境付近のアウトバーン上サービスエリア
11_20140416204603cfc.jpg



伊LANCIA DELTA
於オーストリア・ウィーン
12_20140416204808ee2.jpg



おめかしした伊FIAT500
於オーストリア・ウィーン
13_201404162048109ab.jpg



英Jaguar E-type
於オーストリア・ウィーン ザンクトマルクス付近のレンタカー会社のショールーム
14_20140416204811399.jpg



独MercedesのTAXI
於オーストリア・ウィーン オペラ座
15_201404162048134ec.jpg



チェコの国産車SKODA
於チェコ・チェスキークルムロフ
16_20140416204807a4f.jpg

ツール・ド・フランスのニュートラルカーでお馴染みのSKODA

Wikipedia:ニュートラルカー

こちらはチェスキークルムロフ市警察車両
http://www.mpckrumlov.cz/
17_20140416204942492.jpg



Hotel RUZE cesky krumlovのカート
於チェコ・チェスキークルムロフ
18_20140416204944676.jpg



ショールームの伊FERRARI FF
於チェコ・プラハ6区
19_20140416204945dde.jpg



独Mercedes の豪華なバス
於チェコ・プラハ6区
20_20140416204947207.jpg



クラシックカー風の外装をまとった観光タクシー
4人乗り1200コルナ(約6,000円)
於チェコ・プラハ 旧市街広場付近
21_20140416204941f1d.jpg



2両編成のバス
於チェコ・プラハ空港
22_20140416205124ee2.jpg




ハンガリーのソンバトヘイで行われているヴィンテージカー・パレード
https://www.youtube.com/watch?v=sxvYNM_JiZo
古物好きな方には目の毒かも…





category: CAR

thread: 旧車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

ラピュタの道 【詳報】  


ラピュタの道 標高924m
01 - コピー


2014年4月9日に走ってきた阿蘇「ラピュタの道」
今回は詳しくお伝えします。




距離:89km
最大標高差:925m
平均斜度:上り:4.4%/下り:4.5%
獲得標高:上り:1083m/下り:1088m



熊本市中心部から国道57号線を走り、丁度20kmの道の駅大津で小休止をして、JRもスイッチバックする最大傾斜6%の立野の坂(体感的には緩やかな約4kmの上りが続き、標高が約200m上がる)をノンストップで上り、赤水へ至ります。

阿蘇赤水 標高380m

正面に見える外輪山を上ります。
02 - コピー

03_20140410215102948.jpg


約40km(標高0~500m)を2時間、小休止1回のみで走りましたが、この休憩の少なさと「らしからぬ」ハイペースが後に災いを起こします(苦笑


豊後街道 参勤交代の道 標高494m
04 - コピー

江戸時代、肥後(熊本)と豊後(大分)を結んでいた古道。
古い記録によれば、幕末に勝海舟と坂本龍馬が向こう側(豊後側)から歩いてきて長崎へ行った道です。
石畳が残る区間もありますが、この区間は砂利道となっており、杉木立の中を疾走しました。


途中左折して登坂距離5.7km、平均勾配8.1%の「ラピュタの道」を上ります。

長寿ヶ丘公園 標高600m
05 - コピー

左の脹脛に痛みを覚え小休止。
今年は桜を堪能する間もありませんでしたが、葉桜になりつつあるとはいえ花見客もたくさんいて見頃の桜を楽しむことができました。
06 - コピー

07 - コピー

08 - コピー


兜岩
09 - コピー


脹脛の傷みも治まってきたので前進します。
10 - コピー



太腿に痛みを覚え小休止
標高682m

前方から何やら明るい声が…
見れば若いお母さんが乗った自転車が1台、小学校の低学年くらいの男の子が乗った子供車が1台駆け下りてきて大きな声で挨拶してくれました。
その後に続くワンボックスに乗ったお父さんとも挨拶を交わし…和みます。
11 - コピー

12 - コピー



漸進、前進
13 - コピー


阿蘇五岳
14 - コピー

15 - コピー



前進、漸進
16 - コピー



日下橋 標高806m
17 - コピー

痛みが酷くなれば押し歩き、痛みが和らげばペダルを漕ぐ…
その繰り返しで上ってきたものの、立ち漕ぎをしていて今にも攣りそうな痛みが両太腿に走り急遽停止。


漸進、前進
18 - コピー



標高838m付近
19 - コピー

20 - コピー

21 - コピー



標高882m付近
22 - コピー

23 - コピー



ラピュタの道「展望台(?)」 標高924m
24 - コピー

25 - コピー

26 - コピー

27 - コピー

28 - コピー



ここから300mほど上れば、山口百恵の「赤い衝撃」で使われたミルクロード。
ミルクロードを走るルートも考えましたが、ラピュタの道を駆け下りました。
荒れ気味の路面、低いガードレール、2.35バルーンタイヤでも自転車ごと弾かれそうになるのでスピードを抑えながら慎重に下りました。

その後、立野の坂の下りでとうとう走行中に両太腿が同時に攣ってしまいました。
スピードが出てなかったのが幸いでしたが怖いものです(苦笑
普段のストレッチを怠けないようにしないと…

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

ラピュタの道  


本日、阿蘇ラピュタの道を自転車で走破(押し歩き)してきました。
DSCN4464.jpg


両脚の太腿と脹脛が交互に、ときに同時に攣る症状に見舞われながら約90km・最大標高差900mオーバーのサイクリングを楽しんできました。
DSCN4402.jpg


まずは画像のみお伝えして、詳細は次の記事でお伝えします。
DSCN4375.jpg


category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

友人の作品  


コードバン(馬革)製NATOストラップ
製作は友人のC氏

コバ(断面)はトコノールで丁寧に仕上げられ、裏面にもハンドメイドの格好良さが表れています。
01 - コピー



合わせる時計は…

英国製SMITHSでいきましょう!
05 - コピー



パイロット用レザーグローブとも相性よし
04 - コピー



A1typeニットjktとも相性よし
02 - コピー



文字盤の色とも相性よし
03 - コピー



革の宝石ともいわれるコードバン製NATOストラップ

満足です♪




category: FASHION

thread: 腕時計 - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

改装完了!  


改装後のGT~♪
11 - コピー


CINELLI SPINACCIを取り外したせいか小さく感じるGTと熊本城宇土櫓
12 - コピー


ローノーマルのDeore LX RD-M580 SGSはアジャスターを樹脂製からアルミ製に変更
スプロケは7Sから9Sにアップグレード
曲がっていたRDブラケットを含めた修正をプロにお任せし直進安定性を増したフレーム
13 - コピー


CNC加工のシューSERFAS BPS-300ULを取り付けたことで、よりメカニカルな雰囲気を増したパラレルリンク式VブレーキDeore LX BR-M570を隠さないよう、A7075をCNC加工したブレーキブースターは取り外しました。

右側のスタンチオンチューブに錆が発生し始めたため、ウェットスーツ等に使われるネオプレーンで作られたフォークブーツを装着
14 - コピー


シルバーメッシュのアウターと赤いCLARKS製フレームプロテクター
15 - コピー


ハブのディスク固定用の穴にはOGKのキャップ♪
16 - コピー


明るい雰囲気を醸し出すシルバーメッシュアウター
17 - コピー


センターロックではないディスク対応のハブはフランジ径が大きく、LF好きには嬉しい形状をしています
18 - コピー


リヤも、CNC加工のシューSERFAS BPS-300ULの取り付けによりメカニカルな雰囲気を増したパラレルリンク式VブレーキDeore LX BR-M570
19 - コピー


2007 Cinelli Bootleg NAKED RATS用ホイールとSchwalbe FATFRANK 26×2.35
20 - コピー


FUNN SERIAL GRIPPA STEM
21 - コピー


Deore ST-M530
右(RD)側
ブレーキレバーを手前に引けばブレーキが掛かり、垂直方向に下に下げればLOWからTOPへ、そして下のレバーを押すことでTOPからLOWへシフトします。
22 - コピー


Deore ST-M530
左(FD)側
ブレーキレバーを手前に引けばブレーキが掛かり、垂直方向に下に下げればINNER⇒MIDDLE⇒OUTERへ、そして下のレバーを押すことでOUTER⇒MIDDLE⇒INNERへシフトします。
23 - コピー

私がフラットバー仕様の自転車でローノーマルRDを好んで使う理由は、左右(前後)とも上下のレバーの動作と負荷の加減が直感的に同じになるためです。


黒いパーツが増えたGT
24 - コピー


スッキリ納まったベル
25 - コピー


踏み心地の良いTIOGA Surefoot SLIM
恐ろしく滑らかに静かに動くXTR/DURAグレードのCN-7701チェン
26 - コピー


重量はジャスト14.0kg
27 - コピー


宇土櫓とGT
28 - コピー


当初見込んでいた予算はいつの間にか倍増していました。
GTの入門モデル的なAGGRESSOR、オリジナルはフレームのみとなり、これまでに注ぎ込んだ費用は相当な額に…
でもこうして自分好みのパーツを組み込みながら、少しずつ仕上げていく過程がまた楽しいのです。



category: GT AGGRESSOR

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

追加したパーツたち  

GT改装用に追加したパーツたち

odi RUFFIAN MX
MADE IN USA!
01 - コピー

ラバーグリップをリプレイスできるロックオンタイプ
もっともスペアグリップを国内で手に入れられればの話ですが。

TIOGA Surefoot SLIM
02 - コピー

ガタが来ていたフラットペダルの後釜。
XTの片面SPDと迷った結果、昔気質なので進化は先送りに。
樹脂製で安いので見向きもしなかったペダルですが、この記事を読んで無性に使ってみたくなり導入決定。
http://fiction-cycles.blogspot.jp/2014/02/tioga.html

25.4~31.8径対応の省スペースタイプのベル
03 - コピー


工夫を凝らしても固定が甘かったセンタースタンドの後釜
ミノウラ・スマートレッグ
04 - コピー


溜まった汚れをスッキリと…FINISHLINE SUPER BIKE WASH
拭き取りも洗い流しもOKな使い勝手の良さ
05 - コピー




熟練のプロの手を借り、既に組み直しと試乗を終えています。
06 - コピー

フレームのみがオリジナルとなった姿の画像を1枚だけ先にお伝えし、詳細はまた改めて~♪



category: GT AGGRESSOR

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。