Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

さば味噌缶でパスタ  

市販の缶詰と早茹でパスタでお手軽クッキング♪

同じようなレシピはたくさんありますが2人前でパスタ100gなどと、中年の育ち盛りの腹を満たすとは思えぬ量を基準に作ってあったりするのでCHS流適当クッキングで仕上げてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
img_512307_14485138_0.jpg


麺を投入する前に赤味噌やオイスターソースなどを加えても旨いです。
CHS流クッキングですから何事も臨機応変に適量・適当です(笑)

◎材料(2人前)
トマト水煮缶…1缶
サバ味噌缶…1缶
早茹でパスタ…200g
すりおろしニンニク・・・適量
唐辛子・・・適量
オリーブオイル・・・適量
水・・・200cc
オタフクさばの味噌煮たれ・・・適量
オタフク

◎作り方
フライパンにオリーブオイル、すりおろしニンニクと挽いた唐辛子を入れて約5分放置
弱火にかけ、香りが立ってきたらトマト水煮を投入
火を強めて2~3分煮る
水を加え、サバ味噌を投入して軽く身をほぐす
ブログランキング・にほんブログ村へ
img_512307_14485138_1.jpg

オタフクさばの味噌煮たれを適量投入して味を調整
早茹でパスタを投入、トングで軽く合わせながら、パッケージ表示の茹で時間より長めに好みの硬さになるまで煮る
ミルで挽いた黒胡椒、刻んだパセリ、バジル粉末などを好みに応じてふりかけて完成

※ サバ味噌投入後、フライパンに蓋なんかしないこと!




焼酎のお湯割りも合う、そんなパスタです。










人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Cooking

thread: 料理 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

流言…アクセス解析  

流言(りゅうげん)

口づてなどの非制度的チャンネルを通して伝播する裏づけをもたない自然発生的な情報をいう。流言蜚(飛)語ともいう。特定の人物や勢力が扇動的な意図をもって作為的に流すデマと異なる。したがって流言の発生源はふつう特定できない。本来人々に情報を提供すべきはずの制度的チャンネルが、何らかの理由で機能しなくなると、人々はあいまいな状況下で不安に陥り、事態を定義づけようとして、たとえ不正確な情報であっても、納得できそうなものであれば受けいれようとする。 ~ 平凡社「世界大百科事典」第2版 ~


ネット上を飛び交う流言、今回取り上げるのはアクセス解析。



Yahooブログに開設中の私のブログでは、よく読まれる記事、あまり読まれない記事を把握するために「忍者ツール」というアクセス解析を使っています。

直近の具体的な使用例を挙げると・・・
9月23日から10月4日までの間、訪問者数が急増しました。
アクセス解析で調べてみると、「アルミフェンダーの穴をふさぐ」という今年3月にアップした記事に毎日100件前後の訪問があり、その殆どが欧州からであることがわかりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
img_469447_14480500_0.jpg


その原因までは解らないにしろ、そうした普段とは異なる動きがどの記事によるものかを把握することができる。ほかの使い道もあるのかもしれませんが、私のところではそのような使い方をしています。


そのアクセス解析について、次のような噂があるようです。

その1:忍者アクセス解析を行っているページにアクセスするとPCが壊れる。
その2:IPアドレスを知られると個人情報が漏洩する。

そこでこれら2つの噂について検証・考察をしてみます。


◆その1について(検証と結論)
現在、3台のPCで家庭内LANを構成し、3台のPCいずれからもアクセス解析ソースを貼ったブログ記事を日常的に閲覧しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
img_469447_14480500_1.jpg


わが家では10年来PCが壊れたことはない。

PCの故障とアクセス解析との因果関係は無い、と判断します。


◆その2について
下記リンクにアクセスすると、アクセス管理者がアクセスした者からどういった情報を得ているかを確認することができます。
http://www.ugtop.com/spill.shtml
企業のサイトなどにアクセスすれば、最低でもこの程度の情報は取得されているということを知っておいても損はないかもしれません。

論より証拠、アクセスして自己情報を表示してみましょう。

特に気になるのは「クライアントホスト名」と「現IPアドレス」だと思われるので、それぞれについて検証を加えてみます。

◇クライアントホスト名
まず、例えばFC2ブログにコメントを書き込んだ場合、FC2からブログ管理者に新着メッセージ通知のメールが届きますが、そこにもメッセージを書き込んだ人のニックネーム(ハンドルネーム)と並べてクライアントホスト名が表示されています。そのことからも、これが重要な個人情報ではなく他人のニックネーム(ハンドルネーム)を使った「なりすまし」を見抜くための一つの情報に過ぎないことが窺えます。

クライアントホスト名からは「接続プロバイダ」がわかり、場合によってはどこの都道府県に所在しているかが推測しえます。さらに会社や学校など独自のドメインを使用している場合には、会社や学校がわかる場合もあります。

ただし、わが家の実験では、モデムの電源を再投入すると以下のように変わりました(*は伏字)。
****-p*9.flets.*****.ne.jp ⇒ ****-p1*3.flets.*****.ne.jp

◇現IPアドレス
一見、PCに1台ずつ割り振られた固有のIPアドレスと思いがちですが、わが家のLANを構成するすべてのPCで同じアドレスが表示されます。

忍者アクセス解析でも「現IPアドレス」と同じものが単に「IPアドレス」として表示されます。

こちらもモデムの電源を入れ直すとアドレスの末尾3桁が変わりました。
***.***.***.1*4 ⇒ ***.***.***.1*0

◇結論
どちらも個別のPC固有の情報ではなく、プロバイダへの現在の接続状態を表していると考えられます。しかし、プロバイダへの接続状態から、また接続中に「何かをした」時刻の記録から、ある程度の絞込みは可能と思われます。

個人情報保護法には個人情報取扱事業者の義務や罰則が定められています。「体系的に整理された個人情報(個人データ)を5000件以上保有する企業」という絞込みはあるが、みだりに個人情報を漏洩すれば6ヶ月以下の懲役や30万円以下の罰金といった罰則が適用されうるので、個人たるアクセス管理者が個人情報開示を求めても応じることはないと思われます。

ただし、捜査機関が令状をもって捜査するときなどは、正当行為としてプロバイダが開示した個人情報と先の絞込み結果とが結びつき、現実の個人が特定されます。
ネットに書き込んだ脅迫文などの捜査では、こうした経緯で犯人を特定しているようです。

よって、アクセス管理ツールを使っているだけの個人が「クライアントホスト名」や「現IPアドレス」を得たからといって、そこからただちに個人名や住所といった現実の社会で即使用できる個人情報にまで辿り着くことはできないというのが私の得た結論です。

◆アクセス解析以外から得られる情報
昨年末、「エロブログ」という一時的なニックネームで「自転車に関係ない女や車の写真を勝手に使うな」というコメントが入ったことがあります。
アクセス解析から以下のクライアントホスト名の者からの書き込みであると推測されます。
********.******.****.tachikawa.spmode.ne.jp
まず、特有のドメイン名からドコモのスマホを使ったことがわかります。

さらに熱狂的(狂信的?)な自転車オタクであることも。
個性的な書き手の独特な文章表現そのものから得られる情報もある・・・

◆最後に
記事の冒頭に挙げた流言を、実際に聞いたことがある方もあるかもしれません。
実は、私自身が聞かされ読まされたことがあります。
得意気に「どや顔」または「したり顔」で喋った相手の顔を思い出してみて・・・いま、どういう顔に思えるでしょうか。

知りもせぬことまで喋りたがる者、解りもせぬことを鵜呑みにする者、そうした「迂闊なペラ」たちが次々と都市伝説のような流言と誤解を生み出していく・・・
※ペラ:「ただのお喋り」の意

身の回りで観察していると、流言は流言癖としてその者の性癖となっていることが多い。

今回のアクセス解析について言えば「流言」ではなく、特定されては困ることを自分自身がしているから飛ばした「デマ」なのではないか・・・そう解釈する方が素直な思考であるとも思えます。

良識ある読者の方々はこうした者を社交辞令で上手く交わし、くれぐれも「流言」や「デマ」に惑わされないよう気をつけていただきたいと思います。





※疑問・質問の検証・考察は各自で行ってください。
※用語がわからなければ辞書等を使って各自で調べてください。
※忍者アクセス解析以外のツール云々については関知しません。
※反対意見があれば根拠を挙げて自分のブログ等にて、反論記事を起こしてください。









人気ブログランキングへ

category: COMPUTER

thread: インターネット - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

海を越え…日奈久  

前記事の最後の写真を撮影して1時間・・・日奈久温泉に到着です。

2009年に開湯600年を迎えた温泉地です。
日奈久温泉公式サイト


[13:11]
1910(明治43)年創業 金波楼(きんぱろう)
ブログランキング・にほんブログ村へ
51.jpg

国の有形文化財として登録されています。
金波楼公式サイト


2年前に宿泊しました。

床も階段もピカピカ、もちろん料理もお風呂も良い宿です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
52.jpg



[13:20]
葦北で「みそえび」の香りにやられ、さすがに堪えきれないほどの空腹を感じていたので「江戸善」へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
53.jpg


御寿司屋さんですが目当ては「当店自慢の海鮮ちゃんぽん」700円
ブログランキング・にほんブログ村へ
54.jpg

ほのかな酸味が効いた白濁スープ、旨し!

帰りがけに女将さんから蜜柑を2ついただきました。
何よりのお心遣いです。


[13:47]
足湯でまったりします(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
55.jpg

ここの足湯は少しぬるめです。


[14:04]
日奈久は「ちくわ」の産地としても知られています。
こちらは元祖日奈久竹輪の㈱岩崎水産
ブログランキング・にほんブログ村へ
56.jpg

暖簾に創業明治16(1883)年と入れられています。


創業1907(明治40)年 桑原竹細工店
ブログランキング・にほんブログ村へ
57.jpg

わが家でも、竹製の大根おろし器などを使っています。


こちら「とらや」の店先はいつも賑やかです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
58.jpg

軽く自転車の話などしてきましたが、ここの3代目は場違いなくらいのイケメンで身長もかなり高いです。
背の高いイケメン好きの女性は是非、現地へ行って確かめてください。


[14:09]
国道3号線に面した日奈久温泉の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
59.jpg

私は裏から入ってきて、入口から出て行きます(笑)

昭和の俳人 種田山頭火(1882~1940)
昭和5年9月10日から日奈久の木賃宿「織屋」に3泊しています。
種田山頭火 詳細

[14:11]
織屋、現在は営業していませんが資料館となっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
60.jpg

画像の左、「おりや」の看板が見えます。

大きく写っているのは理髪店「カットイン モリモト」
以前見せていただいたことがありますが、昭和20~30年代の床屋さんそのものといった綺麗な店内は一見の価値があると思います。

建物の間に入り込んだ右手に「織屋」があります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
61.jpg

私自身は破滅的な印象が強い山頭火への思い入れはありませんが、山口出身の彼と熊本には深いつながりがあります。
Wikipedia:種田山頭火


[15:08]
国道3号線を1時間ほど北上しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
62.jpg

熊本市まで残り35km・・・

現在の走行距離72.88km
ブログランキング・にほんブログ村へ
63.jpg

通常、旅行の終わりがけには「もう終わってしまう」という寂寥感が漂いますが、今回は「もう少しで開放される」という安堵感が濃厚です(笑)


[15:38]
宇城市小川に差し掛かりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
64.jpg


鎌倉時代に描かれた「蒙古襲来絵詞」という絵巻物があります。
1293(永仁元)年の文永の役での働き、それを鎌倉幕府に訴えた一連の様子を絵巻物として描かせた竹崎季長。
彼の所領がここ小川でした。


[17:53]
唐突ですが・・・帰宅しました。

本日の走行距離109.60km
ブログランキング・にほんブログ村へ
65.jpg


9回にわたってお届けしてきた「海を越え…」にお付き合いいただきありがとうございました。
おかげさまで3日間の自転車旅行を無事に走り終えました。





3日間の走行データ

◆1日目 DST:107.26km AV:17.8km/h TM:6:00:53

距離:16.1km
最大標高差:15m
平均斜度:上り1.6% 下り1.0%
獲得標高:上り4m 下り3m
ブログランキング・にほんブログ村へ
101_20121024125132.jpg

距離:38.5km
最大標高差:36m
平均斜度:上り2.7% 下り2.5%
獲得標高:上り225m 下り224m
ブログランキング・にほんブログ村へ
102_20121024125137.jpg

距離:51.7km
最大標高差:113m
平均斜度:上り3.9% 下り4.1%
獲得標高:上り612m 下り606m
ブログランキング・にほんブログ村へ
103_20121024125142.jpg


◆2日目 DST:94.61km AV:15.8km/h TM:5:57:26

距離:51.8km
最大標高差:110m
平均斜度:上り3.5% 下り4.2%
獲得標高:上り447m 下り453m
ブログランキング・にほんブログ村へ
104_20121024125149.jpg

距離:41.0km
最大標高差:96m
平均斜度:上り4.6% 下り4.5%
獲得標高:上り503m 下り509m
ブログランキング・にほんブログ村へ
105_20121024125155.jpg


◆3日目 DST:109.60km AV:16.2km/h TM:6:43:39

距離:112.7km
最大標高差:176m
平均斜度:上り3.7% 下り3.5%
獲得標高:上り854m 下り847m
ブログランキング・にほんブログ村へ
106_20121024125203.jpg















人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…八代海  

ツーリング3日目です。

鹿児島県出水市から国道3号線を北上して熊本市に戻ります。
1~2日目は外海の東シナ海を右手に眺めながら走りましたが、今日は内海の八代海を左手に眺めながら走行します。
距離は109.6km、少々きつい上りが何ヵ所かあります。
にほんブログ村 自転車ブログへ
01c.jpg



[08:02]
こちらが昨晩お世話になった宿、1泊素泊まり3,500円でした。
国道3号線に面しており、鹿児島方面を走る際には場所的にも料金的にも良いです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
02_20121022214831.jpg

travel.jp紹介ページ
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/16594/16594.html


[08:16]
自販機でドリンクを補給
右に写っているのは肥薩おれんじ鉄道の軌道
肥薩おれんじ鉄道の軌道は大部分が国道3号線に沿っています。
にほんブログ村 自転車ブログへ
03_20121022214834.jpg

この少し先の「切通」を過ぎた辺りで、鹿児島と熊本の県境を越えます。

「切通」は「きりどおし」ではなく「きずし」と読みます。
肥後と薩摩の国境に位置した集落、「切るか、通すか」ということに由来する地名だそうです。



[08:41]
正面に水俣港が見えてきました。
画面中央に写る島は恋路島(こいじしま)
にほんブログ村 自転車ブログへ
04_20121022214837.jpg

悲しい伝説の残る島。
1584(天正12)年、戦地島原に赴いた夫の武運を祈って若き妻がここ恋路島で石積みをして暮らすうちに病で亡くなります。見事手柄をたてて帰ってきた夫は妻が築いた石積みを抱きしめ悲嘆にくれたといいます。島の西側には妻恋岩があります。
夫の名は川上左京亮忠堅、実在した島津の猛将です。



[08:58]
すき家で朝カレー
にほんブログ村 自転車ブログへ
05_20121022214840.jpg



[09:14]
肥薩おれんじ鉄道 水俣駅
にほんブログ村 自転車ブログへ
06_20121022214843.jpg



[10:00]
水俣市から津奈木町に入って左折、国道3号線の長い上りトンネルを避けて海岸線を走るはずが・・・振り返って見ると山を登っていますねぇ(笑)
にほんブログ村 自転車ブログへ
07_20121022214846.jpg



[10:08]
段々畑の蜜柑園と海、良い眺めです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
08_20121022214851.jpg
海の向こうに見えるのは恐竜の化石の宝庫「御所浦島」だと思われます。



[10:19]
海上に建つ旧赤崎小学校校舎(2010年閉校)
にほんブログ村 自転車ブログへ
09_20121022214854.jpg



ルートを修正して地図上で平国簡易局と記された港へ下り、そこから海岸沿いに県道56号線を走ります。


[10:54]
穏やかで綺麗な海
地図上の「大矢」という辺りで撮影
にほんブログ村 自転車ブログへ
10_20121022214859.jpg



津奈木町から「あしきた大橋」を渡って葦北郡へ入ります。
葦北には水産加工食品工場が並び、空腹時には堪らなくなる匂いがする場所を幾つも通過して行かなくてはなりません。「みそえび」というのが特産品です。


[11:16]
うたせ船
風と潮の力だけで網を引く底引き網漁法の漁船です。
にほんブログ村 自転車ブログへ
11_20121022215315.jpg



[11:23]
葦北もまた綺麗な海で有名な場所です。
にほんブログ村 自転車ブログへ
12_20121022215323.jpg


クローズアップすると・・・うたせ船
にほんブログ村 自転車ブログへ
13_20121022215329.jpg


にほんブログ村 自転車ブログへ
14c.jpg



津奈木、葦北の海岸の象徴ともいえる沖合いに並ぶ三つの島
にほんブログ村 自転車ブログへ
15c.jpg



[11:35]
葦北 鶴ヶ浜海水浴場
にほんブログ村 自転車ブログへ
16c.jpg



[12:08]
二級河川「田浦川」に架かる肥薩おれんじ鉄道の鉄橋
にほんブログ村 自転車ブログへ
17c.jpg



次回は、日奈久(ひなぐ)を主に紹介します。


ルートラボ:出水~熊本市
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=b54bb9047f624aee0515da6b3a07b6ca
距離
112.7km
最大標高差
176m
平均斜度
上り:3.7%
下り:3.5%
獲得標高
上り:854m
下り:847m









人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

海を越え…天草から長島へ  

牛深港から更に南下し、牛深の先端の道路が突き当たるまで進みます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021153414.jpg



[12:16]
牛深ハイヤ大橋を上り、更に砂月(さつき)方面へ上り・・・ようやく砂月海水浴場が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021153418.jpg



[12:31]
砂月海水浴場の美しい海、爽やかに響く潮騒♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021153422.jpg



[12:53]
更に南下、アップダウンを繰り返し曲がりくねった細い道を進み、日本の夕陽百選「小森海岸」に到着します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021153425.jpg



クローズアップすると、それは天草市指定文化財「烏帽子坑跡」
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021153431.jpg

九州ヘリテイジ 烏帽子坑跡

烏帽子坑跡
烏帽子坑跡は、明治三十年頃に創業した海底炭鉱跡である。キラ炭と呼ばれる高カロリーの石炭を産出し、煙を出さない「無煙炭」として海軍からも重宝されていたが、湧水に悩まされ事業は数年で停止している。
赤レンガなどで構築された坑口は、その後方に見える石積みの防波堤により波の浸蝕にも耐え、百年を超える今も海上にその勇姿を留めている
~天草市教育委員会設置の案内板より転載~


[13:00]
道が突き当たるまで進みます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021153435.jpg



烏帽子坑を横から見る場所まで南下。
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021153438.jpg



防波堤の向こう側に見える烏帽子坑
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021153441.jpg

砂月海水浴場から先端の住吉神社のある集落まで距離にすれば3km余り、しかし曲がりくねってアップダウンを繰り返すので実際に走れば体感上はもっと長く感じます。
もし自転車でここまで行くなら、砂月海水浴場でドリンクを補給しておきましょう。


[13:06]
いよいよ道路が突き当たるまで南下しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021153446.jpg

牛深もここまで来るとある種の到達感を覚えます。


[13:43]
行きの下りは帰りの上り、行きの上りは帰りの下り・・・来た道をハイヤ大橋まで戻ります。
言葉にすれば簡単ですが膝はガクガク、息は絶え絶えです(苦笑)
すべては経過時間が物語っています・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021153450.jpg



[13:55]
建築家レンゾ・ピアノ設計の牛深ハイヤ大橋を下から見上げます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021153804.jpg


巨大な竜を見上げているように思えてきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021153808.jpg



牛深港フェリーターミナルで14:40発の蔵之元港行きチケットを購入します。
大人1名480円、自転車250円。

三和フェリー公式HP


牛深に来ると「魚正」という鮮魚店が2階で営業している食事処に寄るのを常としています。
しかし、膝が笑っていて階段を上れません・・・(泣)

フェリーターミナル1階の蒲鉾屋さんで天麩羅2枚を買って昼食とします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021153813.jpg
手前が「チーズサンド」250円、奥が「いわしごぼう天」220円。


起床してからここまでの走行距離51.86kmです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021153819.jpg



長島からフェリーが到着しました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021153823.jpg



[14:38]
フェリーに乗り込み、デッキの高さから見る牛深ハイヤ大橋
ブログランキング・にほんブログ村へ
16_20121021153828.jpg



同じく、デッキの高さから見る海彩館
ブログランキング・にほんブログ村へ
17_20121021153833.jpg



蔵之元港へ上陸後は国道389号線を出水方面へ進み、国道3号線との交差点で左折して北上していきます。
41kmを走ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
18_20121021153838.jpg



[15:12]
海上で県境を越え、約30分の航行で鹿児島県の蔵之元港へ到着。

ここ長島は中世に薩摩(鹿児島)の地となる以前は肥後(熊本)の地であり天草の一部でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
19_20121021153843.jpg



長島町の名所
温州みかん発祥の地でもあるそうです。



[15:36]
ここから国道3号線に出るまでの区間が100m程度のアップダウンを繰り返すきついコースであることは事前にわかっていましたが更に・・・向かい風が強いです。
加えて島原、天草に比べて明らかに交通量が多いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
20_20121021153848.jpg


昨日、天草下島に上陸してから長島へ来ても、登下校中の子供たちが挨拶をしてくれます。
可愛いし、とても気持ちが良いです。

長島に上陸してすぐ、小学1年生くらいの男の子が「きつくないですか?」と尋ねるので「大丈夫ですよ~♪」と答えましたが、内心では「長島で宿泊予約しておくべきだった・・・」と激しく予定変更を考えているところでした(笑)



[16:05]
夕陽が美しい・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
21_20121021154149.jpg



[16:15]
前方の海の向こうに阿久根市が見えてきました。
国道3号線との交差点の目安になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
22_20121021154157.jpg



[16:40]
再び展望台で小休憩、本当に夕陽が綺麗です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
23_20121021154204.jpg



[16:50]
黒之瀬戸大橋
ブログランキング・にほんブログ村へ
24_20121021154448.jpg


黒之瀬戸大橋は日本三大急潮の黒之瀬戸に架かる502mのトラス橋。

万葉集に黒之瀬戸を詠んだ歌があり、この付近にはそれを碑文に刻んだ石碑が2基あります。黒之瀬戸大橋を通過する時点で結構な草臥れ具合で立ち寄っていませんので、ここでは碑文の紹介のみいたします。

長田王(ながたのおほきみ)
奈良朝の風流侍従のひとりで九州に派遣されたのは705(慶雲2)年とされる。
「隼人(はやひと)の薩摩の瀬戸を 雲居なす遠くも我は今日見つるかも」巻3-248

大伴旅人(おおとものたびと)
720(養老4)年に征隼人持節大将軍としてこの地に在官した人。
「隼人(はやひと)の瀬戸の巌(いはほ)も 鮎走る吉野の滝になほしかずけり」巻6-960


[17:21]
黒之瀬戸大橋を渡り阿久根市に入ります。
黒之瀬戸大橋から国道3号線まで約8km、そこで左折して出水市に入って約13kmで肥薩おれんじ鉄道「米ノ津」駅に至ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
25_20121021154213.jpg



[18:15]
日没、立ち寄りたかった出水市の武家屋敷群を通過。

[19:40]
コンビニで軽食を摂って米ノ津駅に到着。

[20:23]
サイズが合わないのか、暫く格闘して輪行袋に自転車を入れるのを断念。
国道3号線を少し北上したあたりに旅行計画中に検討した宿があるのを思い出し、再び走り出す。

[20:51]
出水温泉宿泊センターにチェックイン。

本日の走行距離94.61km。
ブログランキング・にほんブログ村へ
26_20121021154220.jpg



輪行袋に自転車を入れる練習をせずに出発した準備不足による醜態でした。
念のため1日予備日を考慮していたので、一部輪行から全行程自走に切り替えます。

日没後の慌しい3時間を乗り切り、22時前には深い眠りにつきました(笑)


鹿児島区間に入り、道を尋ねに立ち寄った自転車店では良い出会いがありました。
たまたま入ったのは1960年代に神金の初代の元で修行されたという店主のお店、数台の自転車を拝見して目の保養をさせていただきました。
改めて訪ねてみようと思いますが店舗情報等は非公開とします。


ルートラボ:愛夢里~崎津~愛夢里~牛深
距離
51.8km
最大標高差
110m
平均斜度
上り:3.5%
下り:4.2%
獲得標高
上り:447m
下り:453m

ルートラボ:蔵之元港~出水温泉宿泊センター
距離
41.0km
最大標高差
96m
平均斜度
上り:4.6%
下り:4.5%
獲得標高
上り:503m
下り:509m










人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…天草(3)  

崎津天主堂から宿泊している愛夢里(あむり)までの8kmを、朝食を予約した8時を到着目標に走ります。


[07:51]
河浦町海上コテージ
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021145858.jpg

今回宿泊した愛夢里の姉妹施設、チヌが豊富な羊角湾上に建つ海上コテージ。

バーベキューができるコテージ上から釣り糸を垂れ・・・考えただけでも楽しそうです。
河浦町海上コテージ


[08:11]
愛夢里に帰着
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021145902.jpg

こんな洒落たところに宿泊していました。


天然温泉「愛夢里」


朝食前の走行距離
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021145906.jpg



走った後の朝食は旨し(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021145914.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021145917.jpg



今日は、これから牛深を目指して走り、牛深では更に南下して海底炭鉱の入口「烏帽子坑」まで走ります。

その後、フェリーで県境を越えて鹿児島県の蔵之元港へ、更に鹿児島県・出水市まで走ります。

早朝の崎津往復も含めて熊本区間51.8km、鹿児島区間41.0kmです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021145920.jpg



部屋へ戻り、入念にストレッチを施し、旅行計画の確認をします。


宿泊室が並ぶ回廊
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021145923.jpg


宿泊した部屋
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021145925.jpg


ストレッチ中に撮った部屋の天井
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021145929.jpg


客室のテラスから、今日も快晴
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021145932.jpg


施設前景
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021150401.jpg


バンガローやロッジも併設
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021150406.jpg

1泊2食で7,650円、リーズナブルで豪華な設備の宿でした。


乗車前点検をひととおり済ませ、次の目的地「天草コレジヨ館」の開館時間9時30分に宿を出発します。


[09:39]
天草コレジヨ館
今回の旅でキリシタン文化とその歴史についての一次的な情報収集をここで行いました。
ここには400年ぶりにドイツで製作されたグーテンベルク印刷機などが展示されています。
1時間以上も長居してしまいました(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021150411.jpg


MAPPLE「天草コレジヨ館」




[11:08]
河浦町の道路標識
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021150417.jpg

右折すれば魚貫(うおぬき)、炭鉱跡などもあります。
九州ヘリテイジ 魚貫坑跡


[11:25]
天草もだいぶ秋めいてきています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021150423.jpg



[11:38]
牛深自動車学校近くの木陰で休憩・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
16_20121021150428.jpg



[11:45]
前方に牛深港が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
17.jpg



[11:55]
牛深港に到着。

牛深ハイヤの女性像
ブログランキング・にほんブログ村へ
18.jpg

傍らの大理石製説明板には「牛深ハイヤ節は江戸時代、弁才船(べざいせん)の船乗り達によって日本各地の港に伝播したことから、全国の津々浦々で唄い継がれているハイヤ節系統民謡の源流と云われています」とありました。

港では牛深ハイヤ節がエンドレスで流れています。
日常とは違う景色、音、光、匂い、旅の気分を盛り上げてくれます。

Youtube「牛深ハイヤ節」


[11:58]
建築家レンゾ・ピアノ設計の「牛深ハイヤ大橋」を渡って砂月(さつき)方面へ向かいます。

牛深港から更に南下していきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
19.jpg



ハイヤ大橋の上から見る牛深漁港
ブログランキング・にほんブログ村へ
20.jpg



[12:06]
自転車に乗ってフェンス側を走りましたが、高所恐怖症でない私でも怖さを感じるほどの高さでした。

ある高さから急に怖くなるものなんですね・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
21_20121021150859.jpg



砂月方面へと南下した理由、それは奇観ともいえる景観をご紹介するためですが、それは次回といたします。



ルートラボ:愛夢里~崎津~愛夢里~牛深
距離
51.8km
最大標高差
110m
平均斜度
上り:3.5%
下り:4.2%
獲得標高
上り:447m
下り:453m









人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…天草(2) 崎津天主堂  

10月12日、ツーリング2日目です。

今回の旅の計画は「崎津天主堂を撮る」ことから始まりました。

なので、「日本の渚百選」や環境省「かおり風景百選」、水産庁「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれている美しい風景を、朝食を摂る前に写真に収めに行きます。

朝5時起床、寒いです。
ジャージの上に長袖Tシャツを重ね、東の空が白み始めるを待ち、8時に朝食の予約を入れて急いで宿を出たのが5時40分。


[06:00]
朝というより夜
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021135156.jpg



[06:22]
宿の愛夢里(あむり)から8km余りを走って崎津天主堂に到着
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021135159.jpg


正面から
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021135203.jpg


優れた外科医であり大商人でもあったルイス・デ・アルメイダは日本へ来てから布教活動に目覚め、1569年に崎津に協会を建てました。
日本初の病院と孤児院を作った彼はキリスト教禁制が始まる前の1583年、河浦で天寿を全うしています。

長崎の鉄川与助が施工し、1934(昭和9)年竣工となる現在の崎津天主堂は1872(明治5)年のキリスト教禁制廃止後3代目の建物となります。


近寄って見上げて
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021135207.jpg


横から
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021135210.jpg


離れて眺めます・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021135214.jpg


左側の南風屋(はいや)は最近の沖縄ブームに乗ったお店ではなく、約220年前に時化で漂着した琉球王使節団を救助し、その礼として伝授された製法に従って「杉ようかん」というお菓子を現在も作り続けています。

杉ようかん

午後には売り切れると聞いていましたが・・・早すぎました。

[06:47]
かつてこの町にあった「紋付屋旅館」跡地に立てられた案内板。
ここ崎津は昭和47~48年に放送されたNHK連続テレビ小説「藍より青く」のロケ地であったとも記されていました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021135218.jpg



ここからさらに5kmほど戻って大江天主堂に行くか、ここ崎津で「チャペルの鐘展望公園」に上るか・・・しばし迷いましたが展望公園に上ることにします。

諏訪宮の境内を通り抜け、その背後の山の斜面に設けられた505段の階段を上って展望公園へ至ります。


[07:07]
展望台に到着です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021135221.jpg



天主堂が眼下に小さく見えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
08a_20121021135228.jpg



羊角湾、まさに眺望絶景・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021135233.jpg



[07:15]
これから505段の階段を下っていきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021135237.jpg



下りの方が足にきます・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021135241.jpg



[07:32]
だいぶ明るくなった空を背景に崎津天主堂。
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021135246.jpg



この辺りには猫がたくさんいます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021135251.jpg



NPO法人「さいのつ」のお休み処「よらんかな」
波打つガラスも懐かしい・・・昭和世代なら誰の記憶にも残っているような佇まいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13A_20121021135257.jpg



[07:38]
そろそろ河浦の宿に戻る時刻ですが・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
13B.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021135307.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
14A_20121021135312.jpg



[07:45]
集落の出口付近にいた猫の親子。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021135317.jpg



崎津の漁村の風景を大きなサイズでお楽しみください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
16_20121021135323.jpg



今日は牛深へ向かい、そこから船で県境を越えて鹿児島・蔵之元港へ、そして出水市まで走ります。



40年前に同地を訪れたパジャマ雄三さんの記事








人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…天草(1)  

[14:37]
天草下島へ近づく島鉄フェリー
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121021133028.jpg



出航から約30分後、鬼池港へ到着です。

[14:49]
洒落たフェリーターミナル
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121021133110.jpg



[14:53]
ターミナル敷地内の天草四郎像
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121021133137.jpg



天草でのルートは、まず天草下島を富丘方面へ進み、次にそこから先端の牛深までずっと南下していきますが、今日は崎津天主堂がある河浦町の宿泊施設「愛夢里」まで走ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
amakusa1.jpg


フェリーターミナルを出て右折、富岡方面へ進みます。



[14:56]
正面は、水平線の上に何もない東シナ海。
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121021133236.jpg



[14:58]
右を見れば、先ほどまで走っていた島原半島。
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121021133302.jpg



[15:00]
アップダウンを繰り返す海岸線の道をゆっくり走り続けます。

向かい風が強い・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121021133343.jpg



[15:41]
カンナ、何度も見かけた路傍の花。
島原半島の路傍では朝鮮朝顔も見かけました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121021133452.jpg



[16:13]
富岡を過ぎた辺りにある九州電力・苓北火力発電所。
九州電力 苓北火力発電所
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121021133522.jpg



右手はずっと東シナ海。
外海なので、波の音が一段と大きく響きます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121021133601.jpg



[16:29]
下田温泉近くの「五足の靴」の史跡案内
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121021133617.jpg

1907(明治40)年の夏、与謝野寛、北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里の5名が九州西部を中心に約1ヵ月間の旅をし、そのときの模様をまとめた紀行文を「五足の靴」と名付けて東京二六新聞に連載しています。

天草下島エリアでは、富岡港から大江までを徒歩で、大江から牛深までを汽船で旅しており、現在でも彼らの足跡を辿るコース(陸路)が残されています。

a href="http://www013.upp.so-net.ne.jp/gauss/gosoku1.htm" target="_blank" title="「五速の靴」詳細">「五速の靴」詳細

[17:04]
上りが多い下田温泉から高浜までの区間でドリンクを切らして大幅に体力を消耗してしまいました。

高浜市街地に寄って消防署前の自販機で補給していたら・・・視野に飛び込んできたケーキ屋「カトレア」。
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121021133645.jpg


高浜市街の入り口にあります。
http://www.its-mo.com/c/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A2/DIDX_DKE,5648897/

店内でチョコレートケーキと焼きモンブランを平らげ、ご好意でコーヒーを淹れていただきました。
ふぅ~生き返りました(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121021133709.jpg

暫く会話をしているとご主人が顔を出され、リジッドフレームのパナソニック製MTBを出してこられました。
自転車の話などして、これから先の道の勾配などをお聞きして出発します。
こういう会話がペダルを踏む心を軽くしてくれます。


既に17:30を過ぎて日没が迫っています。


[18:01]
30分ほど走った右手にある大江天主堂
こちらもこの旅の目的の1つでしたが到着するのが遅すぎました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121021133734.jpg



[18:16]
さらに15分ほど走った右手に崎津天主堂・・・
ずっと見たかった景観が目の前にありますが・・・暗すぎます(苦笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121021133753.jpg


18:10ころに日が沈み、1時間のナイトランの後、ようやく宿に到着です。


[19:40]
夕食の「刺身定食」
ブログランキング・にほんブログ村へ
15_20121021133817.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
15a.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
15b.jpg

鮮度が良く、1日の疲れも吹っ飛ぶ旨さでした~♪

[21:03]
本日の走行距離107.26km
ブログランキング・にほんブログ村へ
16.jpg


温泉に浸かって身体をほぐし、部屋に戻って涼みながらストレッチをしているうちに寝ていました(笑)

就寝したのはおそらく22:00ころだったろうと思います(笑)




ルートラボ:自宅~熊本港
距離
16.1km
最大標高差
15m
平均斜度
上り:1.6%
下り:1.0%
獲得標高
上り:4m
下り:3m

ルートラボ:島原港~口之津港
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=880bc50cb330ffaf7d5d854e3464a196
距離
38.5km
最大標高差
36m
平均斜度
全体:0%
上り:2.7%
下り:2.5%
獲得標高
上り:225m
下り:224m

ルートラボ:鬼池港~河浦町(愛夢里)
距離
51.7km
最大標高差
113m
平均斜度
上り:3.9%
下り:4.1%
獲得標高
上り:612m
下り:606m







人気ブログランキングへ



category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…島原へ(2)  

島原港へ戻り、口之津港へ向かいます。


[11:05]
島原復興アリーナに立つサムライブルー龍馬像です。

身長10m、体重3.5t。

ブログランキング・にほんブログ村へ
21.jpg

東京国立代々木競技場に建てられたサムライブルー龍馬像は、2010年のサッカーワールドカップで日本代表選手の活躍を見守った後、日本サッカー協会並びにアディダスジャパン株式会社の好意により島原市へ寄贈され、2010年10月に島原復興アリーナ敷地内に設置されました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
22.jpg



坂本龍馬は、かつて勝海舟と供に、熊本から有明海を渡り、島原から上陸して長崎の地に初めて足を踏み入れた、という文献が残っているそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
21a.jpg


島原半島では島原港から口之津港まで約40kmを走ります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
simabara1.jpg



[12:29]
復興アリーナから21km進み、口之津港まで残り8kmほどに近づいた辺りの左手に「原城跡」があります。

島原の乱で天草四郎を総大将とする一揆軍は天草の富岡城、島原の島原城を攻略しながらも落とせず、既に廃城となっていた原城に立て篭もります。そして篭城した一揆軍3万7千人(一説では2万7千人)は、総大将に次ぐ地位の副将で南蛮絵師の男性1人を除いて皆殺しにされました。

原城跡の入り口の写真は撮りましたが、そうした過去のいきさつからみだりに写真を撮ったり公開したりするのは憚られますので、こちらは文章だけでのご紹介といたします。


[12:41]
原城跡から2~3km進んだところにある島鉄バス「向小屋」停留所で休憩します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
23.jpg



本当に海が綺麗で波が穏やかです。
お伝えできませんが波の音がとても心地よく響いていました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
24.jpg



[12:59]
ようやく右手前方に口之津港が見えてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
25.jpg



ちょうど天草・鬼池港から来たフェリーが目の前を通過していきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
26.jpg



[13:16]
フェリーターミナルに入る前に腹ごしらえです。
焼肉/御食事処「薩摩」
ブログランキング・にほんブログ村へ
27.jpg

鹿児島で修行されたご主人が作る醤油豚骨スープのラーメン。
さっぱりしていてわずかに甘みが効いている…旨し。
1杯500円也
ブログランキング・にほんブログ村へ
28.jpg

ご主人と暫くお話させていただきましたが、誠実なお人柄が窺えて好印象でした。
シンプルながらまた食べたくなるラーメン、帰宅して調べたらなかなか評判の良いお店でした。
Yahooロコ「薩摩」


[13:42]
南蛮船来航の町 口之津
ブログランキング・にほんブログ村へ
29.jpg

1562年に有馬義直がイエズス会の宣教師ルイス・デ・アルメイダを招いて貿易港として開港、1567年から 南蛮船(ポルトガル船)が入港開始した港です。
今年で開港450年になります。

天正遣欧使節団が持ち帰ったわが国初のグーテンベルク印刷機は口之津港で陸揚げされ、長崎・加津佐のコレジオ(英名:カレッジ)に設置された後、口之津港~鬼池港の海路を経て天草・河浦のコレジオに移転、そこで29種類の天草本を発行したそうです。

ルイス・デ・アルメイダは医師、商人、宣教師の三つの顔を持ち、わが国で初めての病院と孤児院を私財を投じて設立した人です。


口之津港から鬼池港(熊本・天草)へ向かいます。
県境を海上で越えていきます。

船が来るまでストレッチや自転車の点検を入念に行います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
29a.jpg



島鉄フェリー 口之津~鬼池航路 時刻表



自宅からここまで55.48km
ブログランキング・にほんブログ村へ
30.jpg



フェリーが着きました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
31.jpg



[13:58]
口之津港 島鉄フェリーターミナル全景
ブログランキング・にほんブログ村へ
32.jpg

青いピナレロは鬼池港からの便に乗ってきた外国人男性の自転車で、挨拶を交わした後、島原方面へと走っていきました。

14:15発の10便に乗り込みます。
料金は大人1人440円、自転車は240円。


再び自転車を固定して…
ブログランキング・にほんブログ村へ
33.jpg



穏やかな口之津港の輝く水面
ブログランキング・にほんブログ村へ
34.jpg



港の公園には南蛮船を模した遊具が設置してあります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
35.jpg



懐かしい雰囲気の船内
ブログランキング・にほんブログ村へ
36.jpg




次回は海を越えて天草を走ります。



ルートラボ:自宅~熊本港
距離
16.1km
最大標高差
15m
平均斜度
上り:1.6%
下り:1.0%
獲得標高
上り:4m
下り:3m

ルートラボ:島原港~口之津港
距離
38.5km
最大標高差
36m
平均斜度
上り:2.7%
下り:2.5%
獲得標高
上り:225m
下り:224m






人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

海を越え…島原へ(1)  

天草の先端部にある教会、崎津天主堂の早朝の姿を写真に収めたいという思いから今回のツーリング計画は始まりました。

今回のツーリングの行程(要約)です。
熊本 :自宅(熊本市内) ⇒ 熊本港 ⇒ 
長崎 :島原港 ⇒ 口之津港 ⇒ 
熊本 :鬼池港 ⇒ 河浦町(崎津天主堂) ⇒ 牛深港 ⇒ 
鹿児島:蔵之元港 ⇒ 出水市 ⇒
熊本 :水俣市 ⇒ 自宅

日程
1日目:熊本市~河浦町
2日目:河浦町~出水市
3日目:出水市~熊本市

青い線はフェリー、赤い線は自転車で移動する区間となります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
001.jpg

陸路は約300kmになるので鹿児島県出水市あたりで輪行して帰宅する1泊2日の予定で出発しましたが、後に述べるように準備の悪さから輪行できず1泊延長して自走しました。


[09:16]
この先の左手に見えるのが熊本港。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121016142740.jpg

乗るのは九州産交グループ熊本フェリーの高速船オーシャンアロー。

料金は乗員1名込み1,100円です。



熊本フェリー公式サイト



9:25の出航まで残り10分を切ってターミナル到着、慌しく乗り込んだため熊本港で撮った写真はありません。

船内ではこんな具合に固定されます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121016142744.jpg



今日のいでたちです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121016142749.jpg

熊本港まで、サイコンの距離計は17.07kmを表示していました。


約30分で島原に到着。

[09:59]
フェリー左舷側の客席から見た島原、画像の左方向に次に目指す口之津港があります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121016142753.jpg


[10:11]
準備を整え下船を待ちます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121016142758.jpg



これが乗ってきたオーシャンアロー
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121016142801.jpg



雲仙の山々、手前は眉山で奥が普賢岳
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121016142805.jpg



島原港ターミナル
逆光気味で良い写真ではありませんが…(苦笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121016142810.jpg


[10:15]
駅前の案内板
左へ向かえば良いんですが「鯉の泳ぐまち」に惹かれ右折します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121016142814.jpg

MAPPLE観光ガイド「鯉の泳ぐまち」



島原一番街のアーケード
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121016142818.jpg


[10:33]
「鯉の泳ぐまち」に到着、こちらは「しまばら湧水館」
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121016142822.jpg



ボランティアのガイドさんによれば、ここがもっとも鯉が多い場所。
しかし、日差しが強いため1匹しかいませんでした。
ブログランキング・にほんブログ村へ
12_20121016142831.jpg



観光ガイドにも載ってないようなこんな風景に惹かれます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13_20121016142837.jpg


この後100km近く走る予定なので、寄り道はここまでにして口之津港を目指して引き返します。


[10:48]
信号待ちをしている間、ふと見ると路地の奥にこんな建物が見えます…
やっぱり近づいて見てみます。
元々は商家でしょうか、立派な建物です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
14_20121016142843.jpg


[10:54]
信号機の地名表示板には「雲仙東登山口」とあります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
15.jpg

1792年の普賢岳噴火では手前の眉山が崩壊し大きな被害が生じました。
それから198年ぶりに噴火した普賢岳による災害は記憶に新しいところです。

九州大学理学部「インターネット博物館」




まだまだ続きます。
編集でき次第アップします。


ルートラボ:自宅~熊本港
距離
16.1km
最大標高差
15m
平均斜度
上り:1.6%
下り:1.0%
獲得標高
上り:4m
下り:3m

ルートラボ:島原港~口之津港
距離
38.5km
最大標高差
36m
平均斜度
上り:2.7%
下り:2.5%
獲得標高
上り:225m
下り:224m





人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

海を越え…300km  

木曜日の早朝に家を出て、土曜日の日没ころに帰宅しました。

行程は熊本~長崎~熊本~鹿児島~熊本、総実走距離311.47km、2泊3日、晴天続きの良い旅でした。



長崎県南島原市口之津港「南蛮船来航の地」
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121016141528.jpg

1日目の走行距離
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121016141533.jpg


鹿児島県出水郡長島町の展望台
ブログランキング・にほんブログ村へ
03a_20121016141545.jpg

2日目の走行距離
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121016141550.jpg


熊本県葦北郡津奈木町の砂浜
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121016141554.jpg

3日目の走行距離
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121016141603.jpg




600枚の画像を持ち帰ってまだ手付かずですが、大まかな概要のみを先にお知らせいたします。







人気ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

maintenance  

表面の銀メッキがすぐに酸化してしまうポケトラのメンテナンスをしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121008190439.jpg


金管楽器を連想させる往年のCampagnolo RD

ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121008190442.jpg


このブログではお馴染みの2ndRally、軽く乾拭きしておきます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
14s.jpg


SIMPLEX SX410GTも乾拭き。
ブログランキング・にほんブログ村へ
13s.jpg


SIMPLEX SLJ5500も…
ブログランキング・にほんブログ村へ
CIMG16111s.jpg








変な趣味がなくても充分わかる…
Photo:Unknown
ブログランキング・にほんブログ村へ
omake.jpg














人気ブログランキングへ

category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

手入れ  

真夏に枯れてしまった「天使の涙」ですが、現在はここまで復活してきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01s.jpg


こちらはアジアンタム、2日前からハンギングにしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
02s.jpg



いままでは水枯れを防ぐ時季でしたが、これからは根腐れを防ぐ時季となります。

お気づきのとおりどちらも底に置いていた皿を外しています。







人気ブログランキングへ

category: Green

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

準備  

私の自転車旅行はいつも「行った道を戻る旅」なので、片道60kmを超えることは滅多にありません。

ちょっとつまらなく思い「行った道を戻らない旅」を計画しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121006011301.jpg


1泊2日、寄り道ばかりの旅ですが300km超の全行程のうち200kmほどは自走する方向で調整しています。

費用を浮かせ、距離を稼ぐため何度かショートカットする予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121006011306.jpg


一段落した忙しさも次の波が来そうですし、旅行日程と天候が合うか心配ですが着々と準備を進めています。








自転車 ブログランキングへ

category: 自転車ツーリング

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

自家製餃子  


今週の日曜日、自家製餃子の夕餉を楽しみました。



煮立った肉汁が、半透明になった皮の下で暴れています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121003151442.jpg

上2列は豚挽版、下1列は合挽版、どちらも旨いこと美味いこと♪




クックパッドにあったレシピをベースににらを増やしたりして、豚挽版と牛豚合挽版の2種類の具を妻に作ってもらいました。

豚挽肉:100g
にら:1束
キャベツ:3枚
しょうが:1かけ
にんにく:1かけ
オイスターソース:大さじ1
酒:大さじ1
醤油:大さじ1
ごま油:大さじ1
塩:小さじ1/2
こしょう:少々

で、包みは共同、焼きは私の担当です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
02_20121003151447.jpg





ビールと白ワイン、その後はカナディアンクラブをチビチビと(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121003151452.jpg









人気ブログランキングへ

category: Cooking

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

秋のスズメバチ  

先日、山道を走っていたら蜂が周りを飛び回り始めたので、目的地の山頂を目前に引き返しました。


ご存知の方も多いと思いますが、秋はスズメバチの活動が活発になる時期でもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スズメバチ



走行中に周囲を飛び回ったりしたときは追い払ったりせず、下記のサイトを参考に対処しましょう。



スズメバチが周囲を飛び回るのは巣に近づいた外敵を警戒しての行動のようですから、すぐにその場を去るのが最良の対処法と思われます。
福岡県森林林業技術センターのサイトへ


厚労省の調査では蜂刺傷による死者は最も多い1984年で73人、次第に減少して2011年は16人となっています。

落雷による年間死亡件数とほぼ同じです。
年度別 全国の蜂刺傷による死亡件数


少しマニアックになりますが、こちらも面白いです。

黒い服を着ていると天敵のツキノワグマと認識して襲ってくるようですね・・・
スズメバチについて

スズメバチ型アミノ酸混合液を服用してから運動すると体脂肪燃焼効率が上がる・・・ドラッグストアで見かけるVAAMってそういう物だったんですね。

なかなか小さくならない中年の腹に有効かもしれません。












人気ブログランキングへ

category: BICYCLE other

thread: 自転車旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

阿蘇黒川温泉散策  

やまなみハイウェイをドライブした後、黒川温泉に寄って風情のある温泉街を散策しました。

黒川温泉旅館組合事務所の駐車場から石段を下りて温泉街へ向かいます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
03_20121001213331.jpg


洞窟風呂が名物の新明館、まさに温泉街といった眺めです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
01_20121001213320.jpg


路傍の花。
ブログランキング・にほんブログ村へ
04_20121001213335.jpg


レトロ雑貨店の前にあったYAMAHA zippy、1970年に発売された原付だそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
05_20121001213339.jpg


店内にはミジェット3輪が鎮座してます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
06_20121001213343.jpg

こちらは足湯、有料で利用料100円、タオル100円となっています。

足を湯につけながら川の流れを眺める・・・タオルの備え付けもあって気が利いてます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
07_20121001213351.jpg


ふじ屋、洒落た建物です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
08_20121001213355.jpg


こちらは電話ボックスです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
09_20121001213402.jpg


新明館別邸、こちらも良い旅館です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
11_20121001213416.jpg


穴湯共同浴場。

利用料は大人100円、子供50円、混浴です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
10_20121001213408.jpg


この風情が堪りません。
ブログランキング・にほんブログ村へ
12S.jpg


黒川温泉からの帰りがけに、以前から行きたかった南小国のcafe「森の時間」に立ち寄りましたが既にCLOSE。

改めて訪ねてみたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
14.jpg











人気ブログランキングへ

category: TRAVEL

thread: ぶらり旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。