Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

シイラのムニエル  

昨日の夕方、近所の商店街で長さ40cmはあろうシイラの半身を買って大量のムニエルを作りました。

シイラ、日本各地で呼称が異なります。
海外ではマヒマヒなどとも呼ばれる大きな魚です。

モルディブ共和国発行の切手に描かれたシイラ
sIMG_2054.jpg

とても身が美味しく、調理方法としては刺身かムニエルが定番でしょうか。


【材料】
シイラ:適量
塩:適量
白胡椒:適量
薄力粉:適量


【シイラのムニエル】
半身のまま水道水でよく洗いキッチンペーパーで水を拭き取る。

全体に焼き塩を振って、冷蔵庫で1時間ほど置く。

染み出た水は臭みの元なので水道水でよく洗い流し、キッチンペーパーで水を拭き取ったら適当なサイズに切り分ける。

塩・胡椒をし、薄力粉をまぶす。

フライパンに薄く油をひき、中火~弱火でじっくり焼く。
裏・表、身が厚い場合は断面を立ててじっくり焼く。


【完成図】
大量に作ったので少しは残るかと思っていましたが・・・
というわけで完成図はありません。


【調理のポイント】
焼く前に焼き塩を使って身の中に含まれた臭い水を抜くこと。
この手間を省くと生臭みが強くなります。

シイラに限らず魚を焼く場合、この「臭み抜き」が不可欠です。


【焼き塩】
いろんなブランド名で売られている天塩は、味は良いのですが大抵はベタッとしています。
これを焼いてサラサラにした物で、焼き魚には重宝します。

私は表面加工がない中華鍋と木製杓文字を使って、天塩を焼いて作っています。

※塩を焼くと表面加工が駄目になるので要注意です。




スポンサーサイト

category: Cooking

thread: 男の料理 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

CHS流ポークチャップ  

豚ロースを使って作るのが一般的なポークチャップですが、近くの精肉店で買ってきたグラム80円の豚小間を使って作ります。

火の通りと味の染みが良く、材料費も安い、良いことずくめです。

CHS流と称していますが豚小間を使っているだけで、学校給食で出たような見た目のポークチャップです。


【材料】
小間切れ豚肉350g
トマトケチャップ:適量
ウスターソース:適量
とんかつソース:適量
塩:適量
白胡椒:適量
薄力粉:適量
水:適量

グリーンボール(小):1個


【ポークチャップ】
肉を袋に入れて塩・胡椒し、全体的に馴染ませたら1時間ほど冷蔵庫に入れておく。

袋の中で肉をほぐしながら薄力粉を振り掛け、満遍なく薄力粉で肉の表面を覆う。

フライパンを使って強火~中火で焼き、ときどきフライパンを傾けて余分な油をキッチンペーパーで取り除く。

肉に火が通ったらケチャップ、ソース、塩、胡椒、少しだけの水を加えてさっと馴染ませ、フライパンに蓋をして中火で焼く。

水気が無くなってきたら完成。


【シャキシャキした歯応えの千切りキャベツ】
千切りにしたキャベツを、氷水をはったボールに入れて氷が解けるまで置いておく。

ザルに移し、裏返した皿で蓋をしてよく水気を切る。

冷蔵庫に入れて1時間ほど十分に冷やしておく。

水につけるので栄養分が抜け出るような気もしますが、歯応えを楽しむものと割り切ります。

【完成図】
02_20120828131444.jpg


ポークチャップで大量のキャベツを食す肥満回避メニューのひとつです。






category: Cooking

thread: 男の料理 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

草 猫  

残暑の時季になりましたが・・・暑さは益々といった具合です。

今回は暑さでまいった気持ちが少しだけ癒されるような内容です。


毎年、この時季になると枯れてしまう「天使の涙」、ビッシリ生い茂っていたのがたった1日で枯れました。

でも、枯れた部分を取り除くと・・・小さな芽がたくさん出ています。
毎年、この時季に生まれ変わります。

天使の涙Angel's tears
【学名】 soleirolia soleirolii
【流通名】 ソレイロリア、ベビーティアーズ、 赤ちゃんの涙、天使の涙
【科/属】 イラクサ科/ソレイロリア属
【原産地】 ヨーロッパ・コルシカ地方
【育て方】 5~25℃で生育
img_464589_14161723_1.jpg




少し離れたところで眠っている猫がいました。
子猫と言っていいほどの若い猫、肉球まで黒い綺麗な黒猫です。
日陰にある鉄製の階段はお気に入りのようで、眺めていても起きる気配はありませんでした。
猫



category: Green

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

暑中お見舞い申し上げます  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: OTHER

tb: --   cm: --

Jimmy Smith 1966~1969  

前回の1963~1965に続いて1966~1969のupです。




前回と同じく、海外のサイトのディスコグラフィを参考に年代ごとに区切りながら手持ちの盤を紹介していきます。
http://www.orinjj.force9.co.uk/JimmySmith/



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1966
Hoochie Coochie Man
MONO
V6-8667


http://www.blogmura.com


http://www.blogmura.com


LP(US盤、VAN GELDER刻印)にて所有


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1966
The Dynamic Duo
STEREO
V6-8678




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1966
Further Adventures Of Jimmy And Wes
STEREO
MV2090




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1967
RESPECT
STEREO
V6-8705


http://www.blogmura.com


http://www.blogmura.com


LP(US盤、VAN GELDER刻印あり)にて所有


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1968
Livin' It Up
STEREO
V6-8750


http://www.blogmura.com


http://www.blogmura.com


LP(US盤、1968年発売)にて所有









category: Jimmy Smith ♪

thread: JAZZ - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

図書館での収穫  

今日の夕方、少し時間が空いたので公立図書館で本を3冊借りてきました。

まず1冊目、グラフィック社発行の「TOEI」
http://cycle.blogmura.com/randonneur


見覚えのある自転車が載ってますにゃ~
http://cycle.blogmura.com/randonneur



2冊目、同じくグラフィック社の「ハンドメイド自転車の黄金時代」
http://cycle.blogmura.com/randonneur


p.66の時計職人A.Faureが作った自転車に惚れ惚れします。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



3冊目、万来舎の「スーツの百科事典」
著者は説明の必要も無い出石尚三氏
http://cycle.blogmura.com/randonneur


貸し出し期間2週間では読みこなせないと思われる分厚さです(笑)
http://cycle.blogmura.com/randonneur











category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

続々 禁煙外来  

禁煙外来による禁煙治療が9週目に入りました。

実は治療期間としては10週目に入ってますが投薬量としては9週目に入ったところです。

これは「吐き気」の副作用が現れては困るときには服用を控え、1日2回服用のところを1回に減らしたためで、現在1週間ほどの遅れが生じています。


体重をシビアにコントロールしようと、50gまで計れるデジタル体重計を調達しました。

blog_import_503092956a361_20141113152837836.jpeg




◎呼気一酸化炭素濃度の変化
初診時:28ppm
再診時:1ppm
3回目:1ppm
4回目:0ppm

◎禁煙期間
2ヶ月

◎禁煙期間中の喫煙衝動
なし

◎禁煙したことによる嫌煙化傾向
何度かあったが「良い香り」と自己暗示をかけて回避

◎禁煙したことによるイライラ等
全くなし

◎体重
治療開始前から500g増加


12週間、1日2錠が標準の治療期間と1日あたりの投薬量ですから、あと1ヶ月余りで治療が終わる予定です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: HEALTH

thread: 禁煙・タバコ - janre: ヘルス・ダイエット

tb: 0   cm: 0