Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

輸入車100年史  

前回が自転車100年史の書籍紹介、今回はオートバイの100年史の書籍を紹介します。
発行元はCYCLE SPORTSでお馴染みの八重洲出版。

発行当時、目黒からオートバイでORANGE BOULEVARDまで行って購入しました。
http://omc-2010.com/access.html



輸入車100年史 WORLD MOTORCYCLE
NO.113 八重洲出版創立30周年記念企画
別冊MOTOR CYCLIST 1988/1臨時増刊
http://cycle.blogmura.com/randonneur




上から1910年式、1917年式、1912年式の20世紀初頭のHARLEY DAVIDSON。

まだ自転車のイメージが濃厚です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




1907年式TRIUMPH 3・1/2 Touring Modelのハンドルバーに装着されたレバーはインベルセ型、ペダルにクランクにチェンリング・・・
http://cycle.blogmura.com/randonneur



大脱走から「TRIUMPH TR6 MOTORCYCLE JUMP」
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1930年代のBMW、インベルセ型レバーは1950年頃まで正式採用されていました。
サドルは現在も残るスプリング式のレザー製を少し大きくしたような感じに見えます。

これくらいの時代までのオートバイを詳細に見ていくと、ヘッドライトの装着方法やキャリヤの形状など自転車にも応用できそうなものが多く見られます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




1964年に世界初のロータリーエンジン搭載車(自動車)を発売したNSUの1956年式Quickly。

キャリヤやテールランプは自転車そのもの。
インフレーターの装着箇所が面白いです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




この本は、私にとってオートバイの資料であり自転車の参考資料でもあります。









スポンサーサイト

category: MOTOR CYCLE

thread: 旧車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

The DATA BOOK  

100 YEARS of BICYCLE COMPONENT and ACCESSORY DESIGN
Authentic Reprint Edition of
The DATA BOOK
http://cycle.blogmura.com/randonneur




米国で出版されたハードカバーの書籍で、1983年に城東輪業社から友の会会員向けに実費頒布された「The Data Book」のリプリント版です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




Data Book1~4号を増補改訂して1冊の本にまとめたと説明されています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




1822~1959年の自転車に関する技術的なイラストが説明なしで収録。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




価格が少々高くて買いそびれてましたがAMAZONの在庫数が僅かになったので入手しました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




紺のクロス地に銀文字の美しい装丁。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




優雅なデザインを楽しむもよし、眺めて動作を想像するもよし、そんな1冊です。










category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Biczycle collection  

たまには物欲から離れてヨーロッパの古い自転車や部品・アクセサリーを無心に眺めるのも面白いものです。

今回はチェコのBiczycle collectionのサイトを紹介します。

自転車草創期の古い物から最近の物まで集められています。

高額な物や管理方法がわからない物も多いので眺めるだけ・・・





チェコにある自転車博物館などが評価つきで紹介されています。
http://www.sterba-bike.cz/section/museums?lang=EN



説明によればBiczycle collectionとは自転車協会のようなものでしょうか
http://www.sterba-bike.cz/section/services?lang=EN



売買のページもあります。
http://www.sterba-bike.cz/section/forsale?lang=EN

1870年のジュニア用車両
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1900年のアセチレンランプ
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1948-1949年のCaminade model Grand Luxe 1950
余計な研磨が施されていない良好な状態のようです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1950年代製のCampagnoloのRD
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1990年代のMTB用Mrazekクランク
http://cycle.blogmura.com/randonneur




galleryでは自転車草創期の1818年に初登録されたドイツ製Hobby horseの複製も見ることができます。
http://www.sterba-bike.cz/group/gallery?lang=EN

















category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

車内の温度上昇抑制  

日光による駐車中の車内温度上昇を抑えるサンシェード。

わが家の駐車場は良すぎるほど日当たりが良く、昨夏はダッシュボートの上に置いた買ったばかりのカーナビホルダーが熱で変形したくらいなので、フロントガラス用サンシェードは必需品です。

銀色の蛇腹タイプの安価な物を使っていましたが吸盤が熱で外れ、用をなさないので買い換えました。

クレトムEXCLLENT SHADE Msize


外枠にワイヤーが入っているシェードをフロントウィンドーに当ててサンバイザーで押さえるだけ・・・着脱が簡単です。
http://www.blogmura.com



装着して約1時間経ったハンドルを触ってみました。
火傷しそうなほど熱かったのが、何とか触れるくらいになっています。
http://www.blogmura.com



価格は約3,000円と安くはありませんが、使いやすいし安っぽくないし・・・良品と判断しました。









category: CAR

thread: カー用品 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

エアコン交換完了  

エアコンの交換作業を終えて車が戻ってきました。

登録後22年を経たエンジンルームの中で真新しく一際目立つ一角。

黒いホースの先にあるのが今回交換したリビルト・エアコン、その上にあるのがちょうど2年前に新品に交換したオルタネーター。
http://www.blogmura.com


この車、足回りや排気系も新品で組み直しているので、リフトアップして下から見た方が真新しく見えます。



交換後の車内のイメージ、寒いくらいです。
http://www.blogmura.com





外したエアコンはコアとしてリビルト工場へ返送します。

パーツも段ボールもリユース
http://www.blogmura.com



エコカーという言葉をよく耳にしますが、年間に長距離を走る商用車などであればともかく、走行距離が伸びない自家用車では買い替えを薦めるよりきちんと整備して長く乗る方がよりエコなのではないかと思っています。

新聞やテレビ、雑誌などが同じ題材で単発的に取り上げることはあっても、新車を生産する場合と廃車にする場合との環境影響度の比較など全体的な研究・調査結果は見た覚えがありません。
きっと私が見ていないだけだとは思いますが・・・(笑

しかし根拠のない思い込みは有害無益なので、Niftyの自動車リサイクル研究会に自動車整備業専門誌から転載した記事が集められているのを見つけて少しずつ読み進めています。

興味がある方はご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/ariken/se0407.html





category: CAR

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

戴き物の光り物  

少し前、ある方が製作されたバッジを直に戴きました。
HNの紹介等はご本人から確認を取ってないので「ある方」としておきます。


画像の奥、SIMPLEX製シートピラー用のバッジです。
真鍮製で純正品同様に両端に丸頭のピンがセットされています。

手前に写っているのは私が製作した幅35mmのバッジ。
フレームの直付けWレバーの間に装着することを想定していますのでひと回り大きくなっています。


こんな具合にピラーに装着されているバッジで、時代が新しくなるとシールに変わります。
http://cycle.blogmura.com/randonneur






他の方が製作された品を手元に並べて眺めていると・・・一杯やりたくなります(笑











category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Stronglight P3 typeヘッドナット  

一部で話題になっているヘッドナットを、製作者のroqske1957さんに頼んでお譲りいただきました。


サイドのローレットも美しい、SUS304ステンレス材から削り出されたヘッドナットです。

手前がP3typeナット、奥が丹下RB-661純正ナット
http://cycle.blogmura.com/randonneur



丹下RB-661純正ナット装着状態
http://cycle.blogmura.com/randonneur



P3typeナット装着状態
http://cycle.blogmura.com/randonneur


古いフレンチステムのデザインとよく調和します。

見慣れたRB-661が別のヘッドパーツに見えます。

roqske1957さん、お礼の財宝を後ほどお送りいたします。
ありがとうございました。









category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

部品調達完了  

妻の車(1990年式の国産ハードトップ)のエア・コンプレッサー(以下AC)が駄目になったので、リビルト品のACと旧ガスを調達しました。内部はもちろん外観も再塗装されて綺麗なものです。

1年保証が付いており、工賃保証もあるようなので安心して使えそうです。
10年ほど前に私のlanciaでリビルトAC(サンデン製)を使ってみましたが新品との違いはありませんでした。


入手が困難とも言われる旧ガス(R-12)ですが、生産は中止されているものの調達自体は難しくありません。
難しいのはより安く入手することです。
今回は多めにデンソーのサービス缶400gを2本用意しました。

リビルトAC(高圧・低圧各Oリング付属)、必要量以上のガス、工賃で53,000円を少し切りましたが現状では最善の成果だと思います。

10年前には個人でリビルトパーツを手に入れるのは容易ではありませんでしたが、ネットの普及のおかげで費用の軽減が図れるようになりました。

Photo:by fhrankee
http://www.blogmura.com



3年前にACのマグネットクラッチが駄目になり、そのころ付き合いのあった整備工場で勧められるままに新品部品を組み込みガス交換しましたが・・・こういうときは全交換しないと結局は費用も手間も2倍になります。

ACが壊れたのは3回目ですが、ちょうど自転車の英式バルブのコアを抜いたときと同じような音がしてベンチレーターから温風が吹き込んできます。

Photo:by fhrankee
http://www.blogmura.com



明日、正規ディーラーの工場での交換作業となります。











category: CAR

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

CIBIE PROJECTEUR 5033&4024  

先日、新たにPROJECTEUR(ヘッドランプ)を1つ手に入れました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



以前、同型品を紹介していますが、今回は箱入りなので型番を確認できます。
「PROJECTEUR 5033 S」
なお、本体の裏側には「5.033」と記してあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/tammy1106tammy0129/13058835.html
http://cycle.blogmura.com/randonneur



このランプは元々JOS製品ですが、CIBIEは型番もそのまま承継したようです。
中堀剛著「私が愛した自転車パーツ」p112にJOS製品の紹介があります。
ひどい説明ですが、不人気品・B級品好きの私にとっては褒め言葉です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



こちらは同じくJOSの色違い
あるショップの在庫品(税込2,940円)です。
希望者にはショップのHPを内緒でお知らせしますので、「情報希望」と内緒コメントしてください。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


同様に、CIBIE5033にも上カバーが白とシルバーの2種類の設定があったようです。



もう1つCIBIE製PROJECTEURを手に入れました。
5033を小型にしたようなデザインで、袋に貼ってあったシールからは判断できませんが本体裏側に「4024」の型番がありました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



5033との比較です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



無駄に高さを取らない低く幅狭なデザインなのでランドナーのフェンダー前端に取り付けると、予想以上にすっきり綺麗に収まります。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



上カバーは透明樹脂製で内側から鍍金が施されており、下カバーは白い樹脂製です。
上下カバーとも外側から現代のスパッタリングを施しても面白い姿になりそうです・・・









category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ナショナル自転車 LA SCORSA NUOVO広告写真  

ブロ友さんからサイクルスポーツ1982年5月号と10月号に掲載されたナショナル自転車の広告ページのスキャン画像を送っていただきました。

82年5月号、見たかったのは愛車の広告写真です。

フレームのバランスが良いからと530mmにこだわりましたが、いまになって考えると560mmでも良かったと思います。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



82年5月号、見開き広告の全体

オレンジ色のチューブラーを履いた白いロードが印象的でした。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



82年10月号、愛車の広告写真です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



82年10月号、見開き広告の全体
http://cycle.blogmura.com/randonneur



LA SCORSA NUOVOのロゴ、そしてこんな文言が付されていました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




BSに比べて広告掲載回数も少なく所有者も少ないナショナル車。
BSがEURASIA < EURASIA GRAN < ATLANTISと3層のブランド展開をしていたのと同様、NATIONALはLA SCORSA < LA SCORSA NUOVO < ESPRESSOで展開していました。

頂きものの画像ばかりでは「他人の褌で相撲を取る」ようなものですから、81年11月臨時増刊号からスキャンしたナショナル自転車の広告画像を掲載します。

1981年式LA SCORSA NUOVOスポルティーフ
82年からディレイラーがSuntourVXからShimanoDEOREに変更・・・残念!
http://cycle.blogmura.com/randonneur




シャイな方なのでHNは公開しませんが、ありがとうございました。









category: NATIONAL LA SCORSA NUOVO

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

雨後の洗車・注油  

飛沫のような長雨が続きましたが今日は久しぶりに「もういい!」というほどの晴天です。
雨は鬱陶しいけど天気が良すぎると息苦しい・・・

雨の中を走り、雨が降った後を走り、汚れていたので外の屋根下に置いたまま1週間近く経っていました。

SIMPLE GREENで洗車、オイルに塵・泥が混じり込んだ油汚れをパーツクリーナーで洗い落としてからFINISHLINE WET LUBRICANTを各部に注します。

フロントフォークのインナーチューブにくすみが生じていたので念入りにオイルで磨き上げてからオイルを塗布します。
インナーチューブに錆が生じるとフロントフォークの寿命が短くなるので要注意です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



汚れやすいブレーキ周り、フォークのダストシール周辺も綺麗に
自慢の「三連アーチ」のCloseUpです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



Cinelliのアシストバーは取付位置の変更を予定していましたが清掃だけでタイムオーバーになりました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



長い間汚れたままだったフリーも綺麗に
まだ汚いですがBeforeより劇的に綺麗になりました。

トップの歯に着いているのはどうも私の白髪のようです。
頭髪の6~7割が既に根元から毛先まで真っ白になってしまいました・・・ヒロシです・・・
頭にベビーパウダーをまぶしているわけではありません・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・・
http://cycle.blogmura.com/randonneur



使い勝手が良いローノーマルのRD
プーリーやケージまで綺麗にしてあげました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



錆が生じやすいFDのガイドプレートも綺麗に、そして注油して磨き上げます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



クロモリ製サドルレールのくすみを見落とすところでした。
こちらも綺麗に磨き上げて・・・
http://cycle.blogmura.com/randonneur



晴れた日は愛車を洗って油を注して・・・見た目に気持ち良いし、各部がスルスルと動いて本当に気持ちが良いです。

汚いのも慣れれば平気になりますが、一度綺麗にするとあちこちの汚さが気になってしまいます(苦笑)







category: GT AGGRESSOR

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

水の防災情報を国・自治体から取得  

河川の増水を実際に見に行くと大変危険なので、勤務先や自宅に居ながらリアルタイムで防災情報を得る方法を記載しておきます。
他県の方にも応用できるので、一度閲覧してみてください。

まず、国土交通省の河川情報サイトを開きます。
TOP画面では全国の雨量が一目で確認できます。

国土交通省リアルタイム川の防災情報
http://www.river.go.jp/
http://www.blogmura.com



「リンク集」をクリック、次の画面に変わったら「都道府県 河川情報」をクリック。


47都道府県が表示されたら、お住まいの都道府県を選んでクリックします。
これから先は各都道府県のサイトへ移転するのでライブカメラの有無、掲載情報などもそれぞれ異なります。
ここでは例として熊本県のサイトを扱います。


「熊本県 統合型防災情報システム」の画面が表示されます。
市町村名を入力すると詳細な情報を得ることができますが、ここでは河川に設置されたライブカメラの画像の閲覧と観測点での水位情報を得る方法を説明していきます。

「現在の状況」をクリック。


各エリアの状況を色分けした画面が表示されるので「河川カメラ情報」をクリック。


知りたい河川に設置してあるカメラを地図上で選択してクリック。


平常時の画像、カメラ位置、そして2分おきに更新されるライブカメラ画像が表示されます。
この画面では現在の水位、危険な水位基準などがわからないので1つ前の画面の「河川水位情報」をクリック。


県下の観測地点を網羅した画面が表示されます。
先のライブカメラ設置点とは必ずしも一致していませんが、水位を知りたい河川の観測点を選んでクリック。


選択した観測点だけでなく選択したエリアのすべての観測点での直近の水位の上下が表示されますので、再度観測点を選んでクリック。


例として子飼橋を選択しました。
観測点での河底の形状や現在の水位、水防団待機基準や氾濫注意基準も知ることができます。


これから河川の増水が気になる機会が増えると思いますが、危険な目に遭わずに必要な情報を得たいものです。









category: OTHER

thread: 生活・暮らしに役立つ情報 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

20120712の大雨・子飼橋付近  

皆様にはご心配をおかけしていますが無事です。
自宅にもその周囲にも被害はありません。

一方、山間部を中心に各地で甚大な被害が生じています・・・



先ほど、白川に架かっている最寄りの橋の様子を見てきました(1~3枚目)。
4~6枚目はネットで探してきた自宅近くの昨日の画像です。

この大雨は全国的な広い範囲で長時間に亘って降り続けますので、皆様もご注意ください。
九州地方では先週まで続いた雨も酷く、11日夜の時点では「警報は出てるけど先週の方が酷くないか」と思ってましたが11日深夜から雨粒が大きくなり止む間もない豪雨が降り続けました。
油断は禁物です・・・



7/1316:02 地図A地点にて撮影
水位は平常時より少し高い程度に落ち着いているが、激流にもまれた痕跡が至る所に残っている。
画像中央は現在建設中の新子飼橋の橋脚と子飼橋。
http://www.blogmura.com




7/1316:03 地図A地点にて撮影
堆積した土砂や流木等の小型重機による撤去作業が既に行われていた。
http://www.blogmura.com




7/1316:06 地図B地点にて撮影
この橋脚がほぼ完全に飲み込まれるほど増水した。
http://www.blogmura.com




7/12 11:15 地図C地点にて撮影
建設中の橋脚がほぼ完全に川の流れに飲み込まれているが、これでもピーク時水位より少し下がっている。
白川 子飼橋水位局の水位情報
http://suii.ezwords.net/id/03052282500031.html
http://www.blogmura.com




7/12 時刻不明 地図D地点にて撮影
大井出(加藤清正公が築いた用水路)が氾濫。
画像中央を横切る水没した道路を左に向かえば合同庁舎、右に向かえば子飼橋。
白川から取水して下流で再び白川に合流する大井出、その至る所で氾濫があった。

右下の複数の自動車が停まっている場所は道路ではなく、タクシー会社の建物と敷地。
http://www.blogmura.com




7/12 時刻不明 地図E地点にて撮影
路面電車の熊本市電が通る大甲橋、あと数mで橋脚が完全に飲み込まれそうなほど水位が上がっている。
http://www.blogmura.com








追記

子飼橋(こかいばし)は、昭和28年6月26日の大水害では上流から流されてきた大量の流木や犠牲者たちが流れ着いた場所でもあります。水害とは切っても切れない象徴的な橋です。


7/11~13 白川 子飼橋水位局の水位情報
http://www.blogmura.com










category: OTHER

thread: 生活・暮らしに役立つ情報 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

おもちゃのカンヅメ(大人版)  

サイクリスト限定のおもちゃのカンヅメ(大人版)が届きました。

ブログで親しくお付き合いさせていただいている方からです。


昭和の時代の部品たちが昭和の時代のパンク修理バケツ(正式名称不明)に入ってます。
池田満寿夫デザインの貴重なグラスも・・・いずれも新品・・・嬉しいどころの騒ぎじゃないのでお礼と自慢を兼ねて記事に仕立ててみました。

シングルレバーは手持ちのSuntour Seven RDとコンビを結成しました。
Peugeot Metroの脱シマノプロジェクトでもスタートしそうな勢いです(笑
http://cycle.blogmura.com/randonneur



本家のおもちゃのカンヅメは当たったことありませんが、大人になってこんなに楽しいおもちゃのカンヅメが届きました。

ありがとうございました。





※※※※※※※

何か戴いたら何かお返しする・・・古くから行われてきたお付き合いの上でのことです。

一方的な関係ではないので、誤解なきようお願いしておきます。




category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

JIMMY SMITH 1963~1965  

前回の1960~1963に続いて1963~1965をUpします。
Verveへの移籍後は枚数が多く、Yahooブログの字数制限との兼ね合いから暫く短い期間で区切っていきます。


前回と同じく、海外のサイトのディスコグラフィを参考に年代ごとに区切りながら手持ちの盤を紹介していきます。
http://www.orinjj.force9.co.uk/JimmySmith/


今回からVerve移籍後のアルバムが主になります。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1963
Hobo Flats
STEREO
V6-8544


http://www.blogmura.com




LP(US盤)にて所有


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1963
Any Number Can Win
MONO
V6-8552


http://www.blogmura.com


http://www.blogmura.com


LP(US盤)にて所有
Jaguar Type-Eに乗ったJimmySmith のジャケット裏面写真もこの盤の魅力です。
http://www.blogmura.com




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1964
Who's Afraid of Virginia Woolf?
STEREO
V6-8583




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1964
The Cat
STEREO
MV4007




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1964
Christmas Cookin'
STEREO
POCJ-1530

アルバム詳細 ↓
http://www.orinjj.force9.co.uk/JimmySmith/pages/60s/xmas.html
ジャケットの車はボートテールのアルファロメオ・スパイダー
http://www.blogmura.com


CD(ポリドール1992年発売)にて所有


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1965
MONSTER
STEREO
V6-8618




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1965
Organ Grinder Swing
STEREO
MV2074


http://www.blogmura.com


http://www.blogmura.com


LP(国内盤 1974年発売)にて所有










category: Jimmy Smith ♪

thread: JAZZ - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

NewCycling  

エヌシー企画から発行されている月刊誌、NewCycling


http://cycle.blogmura.com/randonneur


NewCycling誌を読み始めたのは1979年。
友人たちからお古も回ってきたのでバックナンバーの表紙を見ると1976年から見覚えがあります。
そのころは1冊400円くらいだった覚えがあります。


1982年までCYCLE SPORTSとともにほぼ毎号買っては隅々まで熱心に読んでいました。


高校受験を控えたころは世界一周の記事ばかり読んでいたので、よほど現実逃避したかったようです。


しかし、次第に価値観が「本より現物」となり、同誌が書店販売中止されるまで時々買っては読むペースになっていきます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


1990年代後半のことだったと思いますが書店販売を中止して定期購読のみとなりました。
例外的に自転車専門店などで取り扱っていたりもしますが、それ以降の号を手に入れることはめっきり減りました。


NewCyclingもCYCLE SPORTSも他の雑誌同様「溜まっては廃棄」の繰り返しで手元にはごく最近の物が僅かにあるだけになっていましたので、2000年代に入ってからのバックナンバーを10冊あまり中古で手に入れました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


随分薄くなったというのが第一印象、内容は少しだけ濃くなったようにも思います。


伝統ある雑誌が次々に廃刊・休刊に追い込まれてきたことと読者が多くはないだろうことを考えると、いまだに刊行を継続しているのは偉業とさえ感じられます。


エヌシー企画NewCyclingへ
http://www.new-cycling.co.jp/




category: BICYCLE other

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

続 禁煙外来  

禁煙外来による禁煙治療が6週目に入りました。
3ヶ月にわたって飲み薬の服用による治療を進めていきます。

最初の4週間は2週間毎の処方でしたが、5週目以降は4週間毎の処方に切り替わりました。
診察料が1回分浮くし通院の手間隙が省けるのが良いです。

blog_import_50309415c780e_20141113153204ded.jpeg



治療開始2週目からはまったく喫煙していないので1ヶ月間禁煙したことになります。
現状を簡単にまとめてみました。

◎呼気一酸化炭素濃度の変化
初診時:28ppm
再診時:1ppm
3回目:1ppm

◎習慣性の喫煙衝動
2週目~4週目は度々あったが5週目からは一度もない
煙草の自販機の前で人と待ち合わせしていても欲しいという気は起きない

◎禁煙したことによる嫌煙化傾向
歩き煙草をする人の後ろを歩いていても不快感は感じられない
喫煙所の前を通っても臭いと感じることは無い

◎禁煙したことによるイライラ等
全くなし

◎投薬による副作用
服用後に暫く続く吐き気、催さないときもあるが軽く催すことが多い
治療開始1月以上経ったからといって、それだけで軽減したり無くなることは無い
まれに酷い副作用に襲われることがある

◎副作用への対処
1日2回の服用のうち、後の1回は就寝前とする
吐き気止めに処方された薬を治療薬服用の30分から1時間前に服用する
運動をする前などは服用を避ける

Photo:unknown
blog_import_50309417c3e66_20141113153203a44.jpeg


ネットで治療薬の副作用について調べてみましたが、既往症によって副作用が異なるようです。
特に既往症に精神疾患がある場合は精神的な副作用が現れるようですが、私には既往症が無いのでわかりません。


煙草代の出費が止まった
負い目に感じながら喫煙することが無くなった
階段の上り下りを繰り返しても息切れしにくくなった
痰がからむことがほぼ無くなった

禁煙によって変わった点を他に挙げるとすればそんなところでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: HEALTH

thread: 禁煙・タバコ - janre: ヘルス・ダイエット

tb: 0   cm: 0

Jimmy Smith 1960~1963  

前回の1956~1959に続いて1960~1963をUpします。


Jimmy Smith Trio - Jazz Scene USA 1961
http://www.blogmura.com

動画が表示されない場合はこちらへ
http://www.youtube.com/watch?v=MDCUj7h_Fuo&feature=player_embedded

1963年にJimmySmithはBlueNoteからVerveへ移籍するので、記事でもこの年を区切りとして扱います。

前回と同じく、海外のサイトのディスコグラフィを参考に年代ごとに区切りながら手持ちの盤を紹介していきます。
http://www.discogs.com/artist/Jimmy+Smith#p=1&t=Releases_All


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1960
Home Cookin'
MONO
BLP4050

Organ:Jimmy Smith
Saxophone:Percy France (tenor)
Guitar:Kenny Burrell
Drums:Donald Bailey
Producer:Alfred Lion
Engineer:Rudy Van Gelder
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ
http://www.blogmura.com


1 See See Rider
2 Sugar Hill
3 I Got A Woman
4 Messin' Around
5 Gracie
6 Come On Baby
7 Motorin' AlongThe Way You Look Tonight
http://www.blogmura.com


LP(US盤)にて所有
レコーディング・エンジニアがルディ・ヴァン・ゲルダーであることを示す「RVG」の刻印があります。

同タイトルのSTEREO盤
BLP84050
STEREO
一見同じジャケットに見えますがNo.の先頭に8がつきます。


「RVG STEREO」の刻印




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1960
CRAZY BABY!
STEREO
TOCJ-8589
BST-84030

Organ:Jimmy Smith
Guitar:Quentin Warren
Drums:Donald Bailey
Producer:Alfred Lion
Engineer:Rudy Van Gelder
Recording:Manhattan Towers, 04/01/60
http://www.blogmura.com


1 When Johnny Comes Marching Home
2 Makin' Whopee
3 A Night In Tunesia
4 Sonnymoon For Two
5 Mack The Knife
6 What's New
7 Alfredo


CD(東芝EMI2005年発売)にて所有。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1961
MIDNIGHT SPECIAL
STEREO
BST84078

Organ:Jimmy Smith
Saxophone:Stanley Turrentine (Tenor)
Guitar:Kenny Burrell
Drums:Donald Bailey
Producer:Alfred Lion
Engineer:Rudy Van Gelder
Recording:Manhattan Towers, 25/4/60


1 Midnight Special
2 A Subtle One
3 Jumpin' The Blues
4 Why Was I Born
5 One O'Clock Jump


LP(US盤)にて所有。

こちらは同タイトルのCD
STEREO
TOCJ-8547
BST-84078




CD(東芝EMI2005年発売)にて所有。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1962
Plays Fats Waller
STEREO
BST84100

Organ:Jimmy Smith
Guitar:Quentin Warren
Drums:Donald Bailey
Producer:Alfred Lion
Engineer:Rudy Van Gelder
Recording:Manhattan Towers, 23/01/62
http://www.blogmura.com


1 Everybody Loves My Baby
2 Squeeze Me
3 Ain't She Sweet
4 Ain't Misbehavin'
5 Lulu's Back In Town
6 Honeysuckle Rose
7 I'Ve Found A New Baby


LP(US盤)にて所有


「VAN GELDER」刻印

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1963
Prayer Meetin'
MONO
BST84164


http://www.blogmura.com


LP(US盤)にて所有





2012/01/13追記

RVG、VAN GELDERの刻印はルディ・ヴァン・ゲルダーによるマスタリングおよびカッティングを意味するのが正確なようです。

記事中ではマスタリングのみを意味するような説明をしましたが、訂正します。



刻印について詳細な説明がなされたハイファイ堂のページへ
http://www.hifido.co.jp/merumaga/fukunami/060616/index.html









category: Jimmy Smith ♪

thread: JAZZ - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。