Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

2012長崎ランタンフェスティバル その1  

1/23から2/6の期間、長崎市内で長崎ランタンフェスティバルが開催されています。

2012長崎ランタンフェスティバル公式サイト
http://www.nagasaki-lantern.com/
もともとは長崎在住の華僑の人々が中国の旧正月を祝う行事で、長崎新地中華街を中心に行なわれていたものが規模を拡大し、長崎の冬を彩る一大風物詩となったものです。

そのランタンフェスティバルを、1/29に訪ねてみました。
2009年に初めて訪ね、今回で2度目となりますが前回と同じくバスツアーに参加しました。
というのも来場者が年々増加して自家用車で行くのは正気の沙汰と思えないほどの混み具合になっているからです(笑

会場はMAPに従うと(1)新地中華街、(2)中央公園、(3)唐人屋敷、(4)興福寺、(5)鍛冶市、(6)浜んまち、(7)孔子廟の7つに分かれています。
http://www.blogmura.com/


今回はMAP右下の県美術館からスタートして興福寺、崇福寺、唐人屋敷、新地中華街の順に廻りました。
限られた5時間の自由時間の中で起源に沿ったコースとしてみました。
__________

まずは路面電車にて「市民病院前」から「公会堂前」まで移動。
http://www.blogmura.com/



「公会堂前」で路面電車を降り、徒歩にて興福寺へ向かう途中、移動中の「蛇踊り」に遭遇しました。ラッキーですね~
http://www.blogmura.com/



__________

興福寺へ到着。
きちんとベンガラで塗ってあるのが印象的です。
http://www.blogmura.com/


境内に入ると折り良く「琉球エイサー隊」のライブが始まりました♪
http://www.blogmura.com/


こういう場所でも、エイサー隊の中の可愛い女性に目が釘付けになるCHSでした(笑
__________

興福寺を後にして、徒歩にて崇福寺へ向かいます。
http://www.blogmura.com/


崇福寺の正面向かって右側には、さだまさしさんの「自由飛行館」があります。

崇福寺山門の金具
http://www.blogmura.com/


邪なものは噛み砕いてしまいそうです。


見上げれば整然と並ぶランタンも、上から見ると海を漂う水母のように見えます。
http://www.blogmura.com/



この崇福寺はNHK大河ドラマ「竜馬伝」のロケに使われました。
http://www.blogmura.com/



そんな場所で寛いでみます(苦笑
http://www.blogmura.com/



この後、飲み屋街「思案橋横丁」を抜けて新地中華街へと向かいます。










スポンサーサイト

category: TRAVEL

thread: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

もう片方のペダルスピン製作  

「最近、このブログの主は自転車弄ってないんじゃない?」と思われているかもしれませんが、実は地道に地味な作業を継続しています(笑


先月作ったときと同じ作業内容でここまで進みましたが、同じことの繰り返しなので記事にも出来ず・・・(苦笑
ここまでで作業時間は6時間程度です。




photo:by Anthony Golston
http://cycle.blogmura.com/randonneur











category: CHS original cycle parts

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ジャケ買い♪♪  

ジャケ‐がい〔‐がひ〕【ジャケ買い】
《「ジャケ」は「ジャケット」の略》レコード・CD・本などのカバーの印象が気に入って買うこと。ジャケット買い。
From:kotobank.jp



1月ほど前に買ったCD、挑発的なジャケットに負けました(笑
2009年リリース「Rock The Mix」
http://www.blogmura.com/



ROCKのMIX、変わった企画の盤ですが聴くとなかなか面白いです。




普段はあまり聴かないジャンルですが、聴いているうちに自分の意外な嗜好に気付くことがあります。
オムニバス形式の盤は長らく聴かずにいましたが、最近はそんな発見をするために時々手に入れて聴いています。
http://www.blogmura.com/



ジャケットのモデルの女性が気になります。
調べてみたら・・・この方でした。
綺麗な人です。
model:Rio
http://www.blogmura.com/





ジャケ買いというよりSEXYジャケつながりで1枚・・・
こちらは、ジャケも盤自体も良い名盤ですね。
http://www.blogmura.com/



勿論LPで持っています。
http://www.blogmura.com/


実は3枚も持っています(笑
下の2枚は未開封、デッドストック品はあるときに手に入れておかないと・・・
http://www.blogmura.com/


ついでにCDもあったりします(爆
CDは昨年、内臓DACと外付DAC、そしてアナログの比較試聴のために揃えました。
http://www.blogmura.com/




SEXYジャケ繋がりでもう1枚・・・
Roger Waters 「The Pros and Cons of Hitch Hiking」
こちらも名盤です。
http://www.blogmura.com/


こちらが輸入盤・・・国内盤のマスクの必要性がわかりません。
これも昭和の遺産でしょう(笑
http://cycle.blogmura.com/randonneur


そういえば昔、ジャケットのモデルが誰かと話題になりましたね~♪








category: MUSIC ♪

thread: 音楽のある生活 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

ジャケ買い ♪  

ジャケ‐がい〔‐がひ〕【ジャケ買い】
《「ジャケ」は「ジャケット」の略》レコード・CD・本などのカバーの印象が気に入って買うこと。ジャケット買い。
From:kotobank.jp


先日、ジャケットのデザインが気に入って2枚のCDを中古で手に入れました。
ご覧のとおり、アナログ感をぷんぷん漂わせる惚れ惚れするようなデザインです。
http://www.blogmura.com/




収録曲ではありませんが3曲目に収録されているde-phazzのREMIX

動画の女性が良いですね、海外でも「誰?」と話題になりましたが不明なようです(笑

※ 動画が表示されないときはこちらへ
     http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=YN4o6q0qGfk




もう1枚はこちら
ピチカートファイヴの小西康陽プロデュース、Tokyo's Coolest Combo

「オーディオチェックレコード」のジャケを連想します(笑
http://www.blogmura.com/



http://www.blogmura.com/


1993年リリース

1曲目に収録されている「Peppermint Rainbow」


※ 動画が表示されないときはこちらへ
     http://www.youtube.com/watch?v=ygL5q5rbtTs&feature=player_embedded


ジャケ買いでハズレることはあまり無いように思いますね、私の場合は~♪

個人的には「ジャケ買い」というと、SEXYなジャケットにつられてついつい買ってしまったレコード、CDとより狭い解釈もしています(笑
それは次回、取り上げることといたします。











category: MUSIC ♪

thread: 音楽のある生活 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

新たな構想・・・メタルケースのサイコン  

この記事はブロとものみ閲覧できます

category: BICYCLE other

tb: --   cm: --

ようやくコンプリート ♪  

impulseレーベルからリリースされたJAZZの名盤の数々、その未収録曲を集めて3枚の盤に収録した「The Definitive Jazz Scene」Volume1~3。

ずいぶん前にVol.1を手に入れ、数年前にVol.2、そしてようやくVol.3を手に入れてコンプリートしました。


いずれも1962~1965年にかけて録音された音源。
実際に聴いていると、「アルバムには未収録となったもののお蔵入りにするのはあまりに勿体ない」という演奏が集められているように感じます。

それにジャケットのデザインが秀逸です~♪










Vol.2
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


曲目リストはこちら
http://www.discogs.com/Various-The-Definitive-Jazz-Scene-Volume-2/release/726421
vol.2だけはシュリンクが残っています。










Photo:「Pure Sax」by Robbie Merritt
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/













category: MUSIC ♪

thread: 音楽のある生活 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

NEWジャケット ♪  

先日アップしたTWEEDジャケットの補正ですが、行きつけの補正屋さんから「残作業が溜まっているので今季中は難しい」との返事・・・

帰りに街ブラしていて行きつけのBENETTONで良い物を見つけて早速手に入れました。

BENETTON U1ジェントルハンターJK
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



今季のBENETTONは英国風デザインで展開していて、このジャケットも生地は杉綾織のツイード、そしてハンタージャケットの名前のとおり前身頃をボタンでもファスナーでも閉じられるようになっています。薄手の中綿が入っていて暖かいので自転車に乗るのにも適しています。
http://www.benetton.jp/collection/details/metropolitan-classic.html

このジャケット、サイズは5サイズ展開、色は3色あります。
服はサイズを合わせないとどんなに良い物でも台無しなので、豊富なサイズ展開と細身のシルエットで提供してくれるBENETTONはお気に入りのブランドの1つとなっています。

もともとお手頃な価格設定ですが、現在SALE中なのでさらにお手頃になってました。
ジャケットの詳細なディテールはこちら・・・
http://zozo.jp/shop/unitedcolorsofbenettonsisley/goodssale.html?gid=1155268&rid=

試着してからの購入をお勧めします♪


1/20追記
30%OFFから50%OFFになりました・・・結構悔しいです(苦笑















category: FASHION

thread: メンズファッション - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

AURATONE 5C  

AURATONE 5C

発売時期、当時価格など詳細はこちらへ
http://speaker.kir.jp/hoka-f/5c.htm

http://music.blogmura.com/musicalinstruments


10年ほど前、友人のお父様から戴いたスピーカーです。
放送局の役員をなさっていた方で、ご自宅のリビングにはスタジオで使われていたALTEC A7が鎮座しています。この5Cも放送局で使われていた物でエンクロージャーにはネジ止めされていた跡があります。

80年代には世界中のスタジオのミキシング・コンソール上に置かれニアフィールドモニターとして使われていました。国内では「プロ用」イメージを前面に出して販売され、価格も安かったので当時は相当に売れた機材でしたが、高音域と低音域が豊かではないため酷評されることも多々ありました。
http://music.blogmura.com/musicalinstruments



そんな5Cですが中音域は豊かに素直に鳴らしてくれます。
FMのナレーションは生々しく、隣の部屋から話し掛けられたように錯覚することもあるほど。
耳の高さより少し高いくらいの位置、エンクロージャー底面を浮かせた状態でセットして、シンプルな構成のモノラル音源のソースを再生するとフルレンジゆえの素直な音質のため長時間聴いていても聴き疲れしません。「プロ用」のイメージで売られた機材ですが、ホームユースで小音量で音楽を再生するのに良い機材だと思います。
http://music.blogmura.com/musicalinstruments



音響機器のガレージメーカーを運営している友人が5Cを聴いたことが無いというので、彼の工房に持ち込んで様々なソースを再生したことがありますが、音域の特性からオーケストラやエレクトロミュージックなどの分厚い音は少々荷が重いようです(笑

でも、モノラル音源のビートルズのYesterdayを再生したとき、導入部の生々しさにゾクッとしたことは鮮明に記憶に残っています。


※ 音の嗜好は人それぞれです。当記事は、「いままでに聴いたスピーカーの中で好きな物は?」と問われれば迷わずフルレンジ構成のJBL LE8T、DIATONE P-610を筆頭に挙げる私の嗜好を元に書き起こしたものです。












category: AUDIO ♪

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

アルミフェンダーの凹み直し  

本所NH40アルミフェンダーの凹みを修理しました。

まずは作業を終えた状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



BEFORE
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


AFTER
傷がついた際のえぐれまでは直せません
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



こちらは立て掛けて駐輪中に突風で倒れ・・・ガードレールの支柱にぶつかってできた大きな凹み・・・
以前、フェンダーの裏からスプーンの背で擦って大まかに直したものの、大きな歪みがいくつも残っていたのでさらに修正を加えました。
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


最後にコルクブロックを当て木にして1500番手の耐水ペーパーで表面を馴らし、研磨剤で磨き上げれば最初の画像の状態になります。

使ったのは背もたれつきパイプ椅子とプラスチックハンマー
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


背もたれのR部分をフェンダーの裏にあてて、表面をプラスチックハンマーで軽くコンコンと小気味よいリズムで叩いていきます。
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



叩くときのこつとしては・・・
1.フェンダーを上から軽く叩いて凹みを叩き出す(赤)
2.細かな歪みを抜くために横方向に擦るように軽く叩く(黄)
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


この方法でも両脇の縁付近は叩けませんが、家の中の家具などで適当な物があれば追加工してみたいと思います。








Photographer : Guido Argentini
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/












category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

自転車用ウェアの検討・・・レギンス  

発注して届いていたイタリア軍ショートレギンスを、ようやく開封しました。

厚手のキャンバス地、レザーのベルト、金具は真鍮なのでベルトには緑青の色移りがありますが軍用品だけにしっかりした作りです。

早速試着、心配していた幅は意外にも細めで補正なしで使えそうです。
逆に「脚が太いということか・・・」と少々凹んだりもしますが(笑

http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


画像で黒いデニムを履いているのはブーツキーパー、私の太い脚ではありません(笑

まだいろいろな服に合わせてはいませんが、画像のように自転車に乗る際に装着しても大袈裟な雰囲気にはならず、割と自然に合っていると思います。
「お洒落なズボンクリップ」といったところでしょうか。















category: FASHION

thread: メンズファッション - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

自転車用ウェアの検討  

ランドナーの組み直し完了後に着るウェアの検討をしてみました。
ジャケットとセーター、マフラーに帽子・・・



バブル期に買ったジャケットはPaulSmith

かつてはJOHN & SMEDLEYの黒いタートル、黒いパンツ・・・
ジャケット以外は黒で固めてスカしてましたね~(苦笑

ショルダーパッドを抜くくらいの補正で済ませようかと考えていますが・・・?
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/




生地はDICKSON’S of GALAのラベルがあるものの詳細不明なSCOTLAND製TWEED
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/




中に合わせたセーターはWoollyPully
こちらも英国物、着るとチクチクしますが暖かさは申し分なし
肩と肘にある「当て」が魅力です
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/




足元は・・・
ニッカーボッカーズか七分丈といきたいところですが、デニムやウールのパンツを履き替えられるようにゲートル(レギンス)を手配しました。
イタリア軍のデッドストックだそうです。
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


軍物マニアではないんですが、ゲートルは乗馬用か軍用に限られてきて選択肢が狭いです。
値は張るものの、以前はオートバイ用に作っているところもありましたが・・・
形が決まればレザー工房に発注してみたいとも考えています。


上下ともインナーはUNIQLO HEATTECHで武装して・・・残るはグローブ、パンツ、靴選びです。


こんなことをしていると、アルバイトをしていた学生の時分を思い出します(笑









Photographer : Nikola Borissov
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/












category: FASHION

thread: メンズファッション - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0