Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まとめ  

カスタマイズを重ねてきたTNIボトルは、SIGGキャップのポリッシュをもって完成としましたので要点のみまとめておきます。

使った物を以下に挙げておきます。
ボトルとケージのみ購入、ケージの拡幅加工のみであれば最も安価で手間も掛かりません。
費用と手間を惜しまなければ最後まで行くもまた良しです。

これで保温性があるステンレス製ボトル&雰囲気のあるケージが実現できます。



・SIGG レトロトップ \1,155
http://www.zutto.co.jp/catalog/1017
期間限定で送料無料でした。

・CHS45ブラスバッジ


ボトルにポリッシュをかけた状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジを貼り付けた状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



ZEFAL CLASSICケージを装着した状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



SIGGレトロトップを装着した状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/




SIGGトラベラー0.6Lは直径70mm、Zefalケージの下部は70mm強だったので、SIGGボトルだと無加工でレトロトップが使えるしケージも無加工でフィットするかもしれません。
アマゾンSIGGトラベラー0.6L











スポンサーサイト

category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

追い込み  

SIGGレトロトップのアルミ部分の仕上げを追い込んでみました。

昨晩から気になり始めて今朝、早朝に加工しましたが、短時間で仕上げたのでもう一度追い込み加工すれば綺麗になるかなという状態にとどまっています。



いつものアルマイト層溶解剥離と研磨ですね(笑












category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

リベンジ(笑  

LYOTARD460D用のペダルスピン製作用資材が揃いました。
材質はA6063。

2mm厚、40×40mmのアルミアングルで長さは600mmほどあるので4~5組は作れそうです。
製作時に失敗しても、使用中に壊してもカバーできるぐらいの余裕があります。


デザインを検討していますが、なかなか決まりません。





恒例の・・・

GIULIANO BEKOR











category: CHS original cycle parts

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

特製カルボナーラ  

少し前の記事でお知らせしたスクールベーコンを使ってカルボナーラを作りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tammy1106tammy0129/12465967.html

画像だけで申し訳ないのですが・・・



作り方はCOOKPADのこちらのページとほぼ同じですが、フライパンで和えると火が通り過ぎるので、3の卵液とパスタはフライパンではなく器の中で和えました。
http://cookpad.com/recipe/1389992

ベーコンは1cm厚に切って、1cm幅の短冊状に切って使っています。
黒胡椒はホールを挽いて使いました。

薄味が好みなので、塩はパスタの茹で汁とベーコンの塩分のみ。
パルメザンチーズは贅沢でも沢山入れた方が味が良くなるように思います。


恒例の・・・


1934 BMW R7


http://www.blogmura.com/






category: Cooking

thread: 男の料理 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

怪しいMUSIC  

前記事でスイス製のボトルキャップを取り上げましたので、スイスつながりでスイスのバンドをメインに怪しい音楽を主題として記事をアップします。
いずれも有名なバンドですのでファンでない方でも聞き覚えはあるのではないかと思います。

前置きを少し・・・

私が最初に好きになってヘビーローテーションして聴いた洋楽が、1976年リリースのHOT BLOOD/SOUL DRACURA。当時10代前半の私はFMから録音して繰り返し聞いていました。

HOT BLOODはフランスのスタジオミュージシャンで構成されたバンドですが、詳細不明とされていますのでプロフィールも怪しいです(笑

当時SOUL DRACURAはEP盤のほかVA(ベアリアス・アーティスト)形式のLP盤として発売されましたが、その後80年代には入手困難となり長らくEP盤にはプレミアがついていました。90年代に入ってから時おりVA形式のCDが発売され、現在に至っています。このバンドはこの曲以外はほとんど売れなかったようです・・・

こういう曲を最初に好きになったくらいですから、この後も「怪しい」路線はしっかり継続して聴いています(笑

_________________________________________________________________________________________________________

いよいよ本題のスイスのバンド、YELLOに話題を移します。
「大富豪の実業家でギャンブラーでもある」というプロフィールがまた怪しい・・・


今回紹介するのはCALL IT LOVE、1986年リリース。
SOUL DRACURAから10年ほど後にハマりましたが、当時から格好良いのか格好悪いのかよくわからないところも魅力の怪しい音作りをするバンドでした。(再生ボタンを押した後、「youtubeで見る」をクリックすると再生します)


Youtubeには最近になってリリースされたPVが何本もアップされていますが、歳を重ねて枯れた感じが増したディーター・メイヤーは益々良い具合になってます。


_________________________________________________________________________________________________________

さらに10年ほど経ってハマったのがイングランドのバンドFAITHLESS。
壮大なスケール感が魅力の音作りをする、そして1957年生まれのフロントマンMaxiJazzが格好良くも不気味な雰囲気を醸し出しているバンドです。

1996年にリリースされたINSOMNIA、直訳すると「不眠症」というタイトルの曲です。


Youtubeにはライブを収録したものもあってお勧めです。特に2002年のGlastonburyでの動画はプレイもさることながら、発炎筒をたいたりダッチワイフを振り回す激しい観客の様子も楽しめます(笑
ライブでで見ると純粋に格好良いバンドです。


________________________________________________________________________________________________________

10代の頃からほぼ10年ごとにヘビーローテーションして聴くほどに気に入る怪しい曲に出会ってきましたが、この15年くらいの間はまだ出会ってないようです。でも、この記事では紹介しませんでしたがどこかコミカルだったり怪しい音楽は継続して聴いています(笑

怪しいというのは私の感覚での判断ですのでファンの方はご容赦を・・・

当ブログの「今日の一枚」をご覧いただいている音楽好きの方は既にお気づきだったと思いますが、少々変わった好みも持ち合わせているCHSです(爆



恒例の・・・

BELA BORSODI





11/29追記_______________________________________________________________________________________________

velovelobarさんからいただいたコメントを元に「ソウル・・・」の動画を2本追加しました。
どちらもひっくり返りそうになるくらい良いです。

ソウル若三杉


ソウル怪人二十面相










category: MUSIC ♪

thread: '70年から'80年の洋楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

レトロトップのフィッティング  

前記事で完成状態をご覧戴いたスイスSIGGレトロトップの加工方法を紹介しておきます。


加工前のキャップの状態です。


このような箱に入っています。
商品名に並べて、素材がPPとアルミニウムであることが表示されています。


TNIのキャップと比較して1mmほど直径が大きいので削りこみます。
使うのはこのような硬~い布ヤスリ。


これを筒状に巻いて、さらに厚紙を外側に当てます。
そこにキャップを差し込んで回しながら均等に削り込んでいきます。


少し削ってはボトルに「ねじ込み」・・・を繰り返しながら適当なところまで細くしていきます。ここで簡単にボトルに入ってしまうようでは削りすぎですから、何度も慎重に作業を繰り返していきます。削りすぎたら・・・素材のPP(ポリプロピレン)はプラリペアでも補修できないので買い直しです。

PPは熱可塑性樹脂なので、ある程度削り込んだ後は加熱してボトル口にねじ込んでねじ山を作ることも可能かもしれませんが、耐熱性は130~165℃であり、ねじ山部分を均等に熱して溶かす方法を思いつかないのでこのように削り込む作業でフィットさせました。

気休め的な処置ですが、きつくねじ込めるようになったキャップを装着して画像の赤枠部分をボトル口に沿って1周、ライターで軽く炙りました。このボトルは異種金属の積層構造になっているようのでPPを溶かすほどの加熱をするのはちょっと危険かなという判断から、このような気休め的な処置にとどめておきました(笑



そうして完成したキャップです。
差込部分の上部にはねじ溝がまだ残っていることがわかります。
この状態でボトルに装着して取っ手を強く上に引っ張っても抜けませんが、密封性はTNIオリジナルより多少は劣るかもしれません。炭酸飲料を入れて振って、それでキャップが外れないようならOKでしょう。



使っているうちに緩くなって使い物にならなくなったら、次はいよいよワンオフ品の製作でしょうか(笑
ワンオフ品となると製作費は格段に跳ね上がりますが・・・

海外で流通しているRETRO TOPにはデザイン違いの物もあります。
ロゴデザインはこちらの方が好みです。











category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

レトロトップ  

悪戦苦闘を楽しみながらカスタマイズを進めているTNIボトルですが、SIGGのRETRO TOPを装着しました。

TNI、ZEFAL、SIGG、CHSのコラボでボトル&ケージが完成しました(笑


結論から言うと「ポン付け」はできません。
TNIのキャップと比較して1mmほど直径が大きいので削りこむ必要がありますが、現状でキャップを上に引っ張っても抜けません。



加工方法の詳細はまた後ほど・・・




恒例の・・・








category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

嬉しい戴き物  

東芝dynabookE8/520CMEのOS再インストールを頼まれて昨日の夕方から今日までかかってやっていました。何度もやっていますがOSの入れ直しはやっぱり1日仕事ですね・・・

話は変わりまして、この数日間で嬉しい戴き物が続きました。

まずは農業高校製ベーコン
毎年、年末近くになると戴くのですが、これが旨いんですよね~
市販の物とは薬品や調味料の分量などが違うのかもしれませんがとにかく自然な風味で、これで作るカルボナーラは格別です。
高校生たちが作っているそうですが他にロースハムや鶏丸ごと1匹のローストチキンもあって、そちらも旨いんです。



お次は白岳しろの3本詰め合わせ
熊本県人吉市の蔵元で作られている焼酎です。
http://www.hakutake.co.jp/products/shiro.html
謹醸しろ、白岳しろ、吟麗しろの3本が入っています。
白岳しろは頻繁に飲んでますが、この3本を飲み比べて私にその違いがわかるか自信はありません(笑



そして、大分県の三和酒類で作られた「いいちこ西の星 2011葛原・中の田」
http://www.iichiko.co.jp/
これはさっそく飲みましたが、すっきりしていて飲みやすい。
もうほとんどなくなっていますが気になって調べたら、限定販売品だったようです・・・
猫に小判だったようで申し訳ない気がしています・・・




恒例の・・・












category: OTHER

tb: 0   cm: 0

2007年9月 天草ツーリング2日目  

ツーリングの2日目ですが、前日に飲みすぎた二日酔いの体を引きずりながら午前中は海で遊び、午後3時を回った頃にようやく帰路に着きます。

出発前にラ・スコルサ・ヌーボとユーラシアを並べてみました。
ラ・スコルサは1982年製、ユーラシアは1978年製か1979年製と思われます。
背景の海の向こうに見えるのは約20年前に噴火した雲仙・普賢岳です。





道の駅 宇土マリーナ
休憩地は道の駅「宇土マリーナ」、名前どおりマリーナでもあります。
ここで自動車で来た2人の友人と合流し、暫く一緒に休憩した後で別れました。





宇土にてM君と別れてソロで走りましたが、頻繁に振り返りながらのスローペース走行が続いていたため家の付近に至って「走り足りない!」と感じてそのまま通過、既に午後8時を回っていましたが菊池温泉を目指します。

温泉といえば、こういう景色を期待したいところですが・・・




実際に目指したのはこんな景色です(爆


菊池城跡地内にある「足湯」ですね。

出発が遅かったので到着したのは午後10時頃・・・ひとけがありません(笑
足湯で入浴するホームレスと間違われるのも嫌なので、小休憩してそのまま引き返しました。

2日目は距離だけは伸びましたね。



午後7時頃から12時頃までナイトランを続け、路肩もよく見えないダイナモランプだけでの夜間走行の危険性を痛感し、この後すぐにバッテリーライトを装着しました。







category: 自転車ツーリング

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

2007年9月 天草ツーリング1日目  

ブログを始めて1年と少し経ちますが、その間ランドナーはずっと組み直し作業に入ったままでツーリングレポートがありません。
4年前にランドナーで走ったツーリングの写真が見つかったので記事を起こしてみました。


日程は2007年9月22日~23日の1泊2日、目的地は天草にある友人の「海の家」。
これが初のサイクリングとなるM君を先導しながらのツーリングでした。



JR三角線 網田駅にて休憩
1979年、当時の相棒と2人で走ったときに休憩したのもこの駅でした。
その時はライムグリーンのロードマン&ブルーのユーラシアツーリング、今回はワインのラ・スコルサ&ダークグリーンのユーラシアスポルティーフ、相棒は一回り以上若い人に代わってます(笑





三角 大空食堂
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4305/A430501/43000249/
ここは有名な食堂です。
昔は釣り人がほとんどでしたが、いまは普通に繁盛してます。
旨いし、画像のように凄いボリュームです。
ただし、ツーリング中に完食すると後が大変なことになるかもしれませんのでご注意を(笑





目的地に到着後、自動車で来た友人2人が合流してプライベートビーチのような海岸でひとしきり遊んで夕方からBBQ、深夜まで酒盛りが続きました・・・(笑



相棒M君のユーラシアはレストアを終えたばかりで、欠品していたDIACOMPEのDC610はサイクルショップ「エスカルゴ」さんから取り寄せた物でした。
ツーリングの後、エスカルゴさんのブログで紹介していただきました。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/c_s_escargot/view/200711

このときの愛車の状態です。
これから少しずつ煮詰めて現在に至っています。
どういうわけか、このときはピラーが妙に低くセットされてます(苦笑









category: 自転車ツーリング

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ボトルケージ修正  

前記事にてZEFAL CLASSICケージがTNI真空ボトルにフィットしないことをお知らせしましたが、velovelobarさんからいただいたコメントをヒントに修正しました。

・ボトルを装着した状態


キチンと奥まで納まります!



・ボトルを外したケージ単体での状態





上の画像を使って加工方法を説明します。
赤丸部分に100mm径のステンレス丸棒を噛ませたうえで、プラスチックハンマーで矢印部分を何度も「コンコンコン」と軽く叩いて修正しました。



ウエスを上手く使って傷がつかないよう工夫したのでメッキは無傷のままだし、この加工方法では左右均等に拡幅できて余計な歪みや傷は生じませんでした。

満足いく結果になりました(笑












category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

現物合わせ その2  

TNI製の真空ボトルをELITE CIUSSIのケージと合わせて使っていますが、ZEFALからレトロスペクティブなケージが発売されているので手に入れてみました。

ZEFAL CLASSIC


メッキも良いし、作りも良いですね。
何より姿が良いです。



現在は、TNIとCIUSSIの組み合わせでこのような姿になってます。
TNIは75mm径、サイクルベースあさひのページには「75mmに対応」とありますから期待が高まります。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/07/00/item32403400007.html



でも、ここまでしか入りません・・・(笑











category: TNI bottle

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

現物合わせ その1  

暫く放置していたLYOTARD460Dですが、注文していた部品が届きました。

ミカシマSPIN-2
トークリップやハーフクリップを付けたときにペダルを拾いやすくする小物です。



460Dの不満点は次の3つでした。

 ・回転がスムーズでない
 ・仕上げがイマイチ
 ・ハーフクリップを付けると拾いにくい

というわけで、これは3つ目の改善をするための部品です。


放置していたとはいえ、シャフトの玉当たり部分と玉押さえの研磨も済んでいます。




460DにSPIN-2を取り付けるとこんな姿になります。
良いんじゃないでしょうか!



でも、この時点で既に私のテンションは下がってます。
なぜかというと・・・




ネジ穴の位置が合いません(苦笑



気分転換に、恒例の・・・


http://cycle.blogmura.com/randonneur








category: CHS original cycle parts

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

GT ポジションセッティング&サイコン装着  

2週間前にフロントフォーク等を入れ替えたGTですが、一度にあちこちを弄ったためポジションセッティングが上手くいかず、ショップに持ち込みました。

上げた後で下げていたピラーをその中間くらいにまで出して、ブレーキレバーの角度を調整、サドルの角度を調整、ハンドルの左右の長さ確認等々・・・10分ほどで完了。

乗ってみると・・・「しっくり」、さすがプロです。
画像で見ても・・・良い感じです。


専用工具を使う部分と全体的なセッティングはどうしてもプロにはかないません。
正しくいうとパンク修理でさえかないません。
彼らは一日に数十台も組み立てや整備をしているわけですから、経験値が違いすぎます。
__________________

そして、ようやくわが家の自転車にもサイコンが取り付けられました。
CATEYE CC-VT210W

フレームカラーに合わせて白に赤ロゴの物を選びました。
ハンドルバーにはライトを2つ取り付けるのでトップチューブの先端に固定、操作も簡単で良いですね。


軽~く流す程度で20km/hに達するもんなんですね(驚


あとはOGK SCREW CAPをステムやシートクランプに取り付けて・・・(笑












category: GT AGGRESSOR

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

色あそび  

アーレンキーで着脱するキャップボルト、その頭の凹みに詰めて錆びるのを防ぐ小物の紹介です。

以前、ミノウラからレセス・キャップボルトという似たような商品が発売されてましたが、こちらは色も豊富、傘の張り出しがより小さくなってます。

OGK SCREW CAP
http://www.cb-asahi.co.jp/item/06/20/item100000002006.html
色は、黒・白・赤・ピンク・青・緑
サイズは、2.5・3・4・5・6・8mm



MTB、ロード、ランドナー、車種を問わず現行品・ビンテージ品を問わず使えると思いますが、まずはSIMPLEX SX410に装着してみました。
今回私が購入したのは青・白・赤・黒の4色。














恒例の・・・

















category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

2003年2月アムステルダム  

小さな部品ひとつに、手に入れたとき使ったときの思い出があることがあります。

部品箱の中からひとつのヘッドライトを取り出して、手に入れた当時を簡単に振り返ってみました。

2003年に観光で訪ねたオランダのアムステルダムとロッテルダム、合わせて1週間足らずの滞在でしたが毎日足が棒になるほど歩き回る充実した旅行でした。
現地ガイドも伴わないフリーツアーだったので少々堪えましたが・・・(笑

アムステルダムにはアンネ・フランクがナチスに捕まるまで隠れ住んでいた建物もあります。
何度も前を通りましたが、修学旅行(?)みたいな子供たちで溢れていたので行かずじまいでした。
子供たちといってもオランダ人は背が高いんですよね~・・・大人になると2m級もザラですから。



アムステルダム中央駅の駅舎外観
まるで宮殿です。
この駅は2006年に東京駅と姉妹駅になったそうです。



アムステルダムの自転車
至る所に駐輪してありますが、頑丈な錠が少なくとも2つはかけられています。
ほとんどがシティタイプで随分古そうな物も多く見かけましたが、それに比べてMTBなどのスポーツタイプはあまり見かけませんでした。


ランドナータイプは街中でも店内でも一度も見かけませんでしたが、古いロードタイプは街中で何度か見ました。この赤いロードは近づいてよく観察したかったんですが、ディレイラーセットがサンプレ・プレステージであることを確認するにとどめておきました。自転車盗難が多いようで、錠で固定したフレームだけにされてしまった自転車の残骸をよく見かけてましたから(笑


郵便配達か宅配の自転車ではないかと思いますが、長時間停められたままでした。
この自転車のように、標準装備かと思うほどパニアバッグを装着した物を多く見かけました。また、テールランプに取り付けられたランプガード、これは古い自転車に付けられているのをよく見かけたので方々のお店で尋ねてみましたが・・・見つかりませんでした。



シトロエンHバン
アムステルダムの町並みによく似合う車です。
これ以外に見かけた古い車はDS、アミ、2CV、いずれもシトロエンばかり・・・?



アムステルダム国立美術館
画像は1階の道路になっている部分を撮影したものです。


アムステルダム国立美術館も訪ねてみました。
目的はレンブラントの「夜警」の鑑賞です。
巨大な絵画で10mくらい離れないと首が痛くなります、圧倒されるスケールです。

日本に関するコーナーも広くとってあり、刀剣や陶器をはじめいろんな物が大量に展示してありましたが、切腹した人の横で群がってそれを食べる人たちというわけのわからない構図の絵もありました。現在となっては、そんな風に誤解されていたことを伝える絵なのでしょうね。他の観賞客もいてなんとなく恥ずかしかったので、絵の前から早々に立ち去った覚えがあります。

ヘッドライトなどの古い欧州製部品を探して方々の店や蚤の市を回りましたが、あってもスギノやサンツアー製品ばかり。ショーケースの中から選んでなんとか手に入れたのがこのライトです。現行品でシティサイクル用、スチールにメッキですが、レンズカットとひさしが良い雰囲気です。





手に入れた後、街角のベンチでしげしげと眺めている私・・・



オランダの街中を蜘蛛の巣状に走る大小の水路、そこを巡航する遊覧船のようなボートから見たアムステルダムの夜景。低い水面の高さから見る風景はまた違った世界でした。



恒例の・・・








category: TRAVEL

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

世界の光り物  

このブログでは自転車のポリッシュパーツを多数掲載していますが、自転車趣味の世界ではポリッシュに関して賛否両論あるようです(笑

では、ポリッシュは機能的にはどう影響するのかというと、1年前に戸外保管(でも屋根下)の自転車にバレル仕上げの新品の日東ステムMT-10とポリッシュしたDEORE XT(RD-M739)を取り付けまして、現在の状態を確認したらステムは小さな藤壷のような錆で表面が覆われていますが、RDは表面が曇った程度で済んでいます。
軽合金は鍛造なのか鋳造なのか、また合金の成分はどうなのかという条件が異なるので一概には言えませんし、表面を滑らかにしたことが効いたのか研磨剤の保護成分が効いたのかも不明ですが、そうした違いは実際に現れています。

私は自転車以外にも趣味を持っていまして、「磨く」ということは仕事や趣味の世界で当たり前に広く行われているように思います。そこで今回は「世界の光り物」と題して、素材の生地を磨き上げたポリッシュ品、メッキや塗装を施した物、そうした美しい物の画像を集めてみました。

ほとんどがネットから集めてきた画像ですが飛行機だけは私の物です。



・・・つまらない嘘をつきました(笑



Howard Hughes' H-1 Racer
http://cycle.blogmura.com/randonneur





日本刀 安政年間鍛
http://cycle.blogmura.com/randonneur











Gibson 1954 Les Paul Custom Black Beauty Bigsby
http://cycle.blogmura.com/randonneur





Girard-Perregaux GP-7000
http://cycle.blogmura.com/randonneur



Da Vinci AAS Gabriel Monument Turntable
http://cycle.blogmura.com/randonneur



Montblanc William Faulkner
http://cycle.blogmura.com/randonneur







Photo:JBS Men’s underwear
http://cycle.blogmura.com/randonneur










category: BICYCLE parts polish

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ボトル  

いまや自販機やコンビニが溢れているのでボトルの必要性も昔ほどはないのかもしれませんが、パンク修理や虫が目に入ったときなどのために水を入れたボトルを一応は用意しています。
でも、昔からサイクリストがこだわる部分でもあります。

このボトルにこだわる人も多いと思います。



少し前に、TNI真空ボトルをポリッシュして自家製バッジを装着しましたが、「ケージがどうにかならないか」とZefalのVintageケージを発注しました。





次に「キャップがどうにかならないか」と思って調べてみたら、SIGGから「レトロボトル用キャップ」という商品が出ています。でも、ネジピッチが合うのかわからないので現物合わせになりそう・・・



と思っていたらklean kanteenのボトルがAMAZONで3,990円とお安くなっているような・・・



SIGGからは「ビンテージボトル0.4L」というスイングトップ式のキャップが悩ましい物も出ているし・・・



キャップを換えるか、ボトルを買い足すか・・・悩ましいところです(笑

rikoパパさんのブログにこんな物が紹介されてました。
デザイナーの手になるステンレスボトル、中身は酒・・・芸術的!
http://blogs.yahoo.co.jp/rikoriko352000/7374143.html




















category: BICYCLE PARTS

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

オールドMacの忘れ形見  

Apple社の創業者スティーブ・ジョブズ氏が亡くなって1月近くが経ちます。

現在、私はWin7機しか使ってませんが、一時期はかなりMacに入れ込んでました。

初めて実際にMacに触れたのは1991年、場所は日比谷プレスセンタービル1階(曖昧な記憶です)にあったキャノン01ショップのショールームでした。

当時はWindowsが3.1の頃、それまで80386CPUを積んだDOS/V機を使っていましたが、Macを初めて見たとき「これも同じパソコンなのか?」というカルチャーショックを受けたことを覚えています。筐体も画面も洗練されたデザイン、印刷物はTTフォントで鮮やか、直感的でわかりやすいGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)、リング綴じのマニュアルでさえ洒落ていました。
DOS/V機との最も大きな違いは「触っているだけで楽しい」こととオタクっぽさがないとびきりお洒落な雰囲気を持っていたことでしょうか(笑

間もなく私の手元に届いた最初のMacは、ClassicとStyleWriterの組み合わせでした。








翌年の1992年にはIIciとDeskWriterを買い足し、モニターは14インチカラー「Macintosh Color Display」(実効サイズ13インチ)と縦型15インチモノクロ「Apple Portrait Display」を揃えるほどにのめり込み、50Mhzの68030を搭載したCPUアクセラレータやグラフィックボードを追加して、IIciとしてはこれ以上ないまでにアップグレードして使っていました。
独フロッグ・デザインの手になるIIciの筐体はいま見ても素晴らしいです。







go go!・・・
当時のMacユーザーなら誰でもインストールしていたと思います。



MacPLAYMATEも・・・
勿論、女性ユーザーは違ったでしょうけど(笑



KENSINGTON TurboMouse、これも当時は高かったですね~
でも一度使うと手放せなくなります。



当時、01ショップでこんな物を貰ったことがありますし、オプショングッズにも洒落た物がたくさんありました。



そのオプショングッズの中でも、仲間の間で人気が高かったのがApple Walnut Box(という商品名だったと思います)。単に左右2列、前後3段に中が仕切られた木製のフロッピー収納箱なんですけどね(笑
これがこの記事で紹介したかった「主役」です。



この後、サブ機として最後に買ったのがIIvxでしたが、これは駄目なマシンでした。
IIvx・IIviあたりから価格がどんどん下がり、ラインナップは増えたものの性能は搭載CPUのスペックを十分に引き出せないようになって、次第におかしな具合になっていきます。

華々しく日本上陸してきたMacでしたが、商業的・技術的な失敗から95年頃にはすっかり凋落して魅力がなくなってしまいました。その状況は98年のiMac登場まで続きますが、私はその頃までにはWindowsに戻ってしまい、現在ではClassicとStyleWriter、TurboMouse、そしてApple Walnut Boxを手元に残すだけとなってしまいました。



category: COMPUTER

thread: Apple - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

新しい靴  

現在、自転車に乗るとき自転車専用の靴は履いていません。
履いているのはwhoop-de-dooの靴です。
普段履きでもあります。

whoop-de-doo公式サイト
http://whoop-de-doo.com/



ソールは本皮、アッパーは合皮。
ソールにゴムを貼ったり貼り換えたりしながら4年ほども履き倒してきましたが、アッパーの合皮が劣化でひび割れてきました。
元々ダメージド・デザインではありますが本当に割れると履き心地が悪くなってしまいます。



そこで新しい靴をjavari.jpから取り寄せました。
J:MAGICというブランドで、サッカースパイクのようなデザインですが、作りはほぼスニーカーです。なかなか良い色と形をしてます。



自転車専用シューズといえば大昔に買ったSIDIがあります。
私のSIDIはもうボロボロなので、画像はネットから落としてきた新品のものです。
自転車に乗っているときは具合が良いんですが、降りてからが大変・・・
そんなわけで自転車専用シューズはこれっきりになってしまいました。



そんな私が最近気になっているのがシマノのSPDシューズです。
下りと上りで効率よく踏めそうだし、降りてから歩くのも普通にできそうです。
使っている方は感想などお寄せいただければ幸いです。










category: FASHION

thread: 服、靴、小物、髪型、その他 - janre: ファッション・ブランド

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。