Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SUNTOUR SEVEN RD  

また増えたストックのRD


SUNTOUR SEVEN
blog_import_5030aaa05d82b_201406101818364d5.jpeg


時代によってはSUNTOUR7と刻まれていたりプリントされていたりするが、これは昔、友人が乗っていた70年代のBS EURASIAに装着されていたのと同じ、網目にSUNTOUR SEVENのロゴが凹凸で刻まれた物。
blog_import_5030aaa447ec8_20140610181834972.jpeg


勿体無くて袋を開封することもできない(笑
スポンサーサイト

category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

BLUENOTE T-SHIRT  







久々にUNIQLOに行きセール品のワゴンを漁ってきました。

UNIQLOがUTのブランドで売り出している企業コラボTシャツが大好きなんです。
でも発売直後だと高いので「買いの旬」を狙って漁りに行ってます。

今回の収穫品はなんと「BLUENOTE」・・・たまりません!
早速気に入った色柄の物を3点買ってきました。

残念ながらいずれのLPもCDも持ってないし、大好きなJimmySmithも元々製品化されてませんでした。

JimmySmith、妖しげなハモンドオルガンの音色が熱帯夜にピッタリで今も再生してるんですが・・・

でも良いんです(笑)

UNIQLOがBLUENOTEとタイアップするのは念願だったとのことで、コラボCDまで出してます。
今年の1月に発売されたとのことですが、全く知りませんでした。

話題を元に戻しまして、Tシャツは1枚790円でした。
気に入った方は早めに最寄りのUNIQLOへ!














category: FASHION

tb: 0   cm: 0

カンパ・スーパーレコード ブラスバッジの進捗  

少しずついじっているカンパ・スーパーレコードRDです。


画像は一番上が最新の状態、下に下りるにつれ時系列を遡ります。


RD全体を脱脂・洗浄、上下ピボットボルト研磨、ストローク調整ボルトカバー除去、赤ペイントブラスバッジ装着
http://www.blogmura.com/


黒ペイントのブラスバッジ装着
http://www.blogmura.com/


洗浄・磨き前のブラスバッジ装着
http://www.blogmura.com/


初めの状態
http://www.blogmura.com/



だんだん見栄えは良くなってきましたが、上ピボット部とパンタアーム部にある傷の修復をすればかなりよくなると思います。

ケージプレートの傷みも気になりますが、ここはICSチューン版ではゴールドアルマイトが掛けられ、純正ではシルバー塗装(?)版、黒アルマイト版、ポリッシュ版があったようです。
ポリッシュが一番手軽なのでやってみようかと考えています。

スーパーレコードのバッジ自体は完成しています。
サンプレと違い凹みにはめ込むわけではなく、軽量が売りのスーパーレコードなので0.2mmほどの薄手のバッジに仕立てています。

ロゴ部が傷んだRDの傷隠しだけでなく、綺麗なRDのロゴ部のカバーとして使っても良さそうです。













category: CHS original cycle parts

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 8/7  




全7回の予定でしたが1回追加して8/7としてお伝えします。
今回は取付金具というにはちょっと大きな代物です。

7/7で掲載したluxorのヘッドライトは5年ほど探してようやく手に入れたものなので、バンパーのような物を作ってヘッドライトの傍に取り付けようと考え、ネットで参考になりそうな物を探していました。

貧乏臭い考えですが、壊したら代わりはなかなか見つからないんですよね~

で、見つけたのが一枚目の画像です。
最初は探していたバンパーかと思ったんですが、ヘッドライト取付金具です。
画像で判断する限りでは、5mm径の金属の棒(フェンダーステー?)とダルマネジ4個、ヘッドライトの後ろの金具がちょっとわかりませんがダルマネジで代用可能と思われます。

ヘッドライトが浮いているようなルックスと、上下に照射角調整ができる点(直付にするとこれができません)
・・・惚れました!

下側はフォークのダボで固定するようになっているので、フェンダーのあたりでカットする必要がありますがそのあたりのカーブをどう処理するか目下検討中です。

2~3日前に海外のサイトで前後の形状がよくわかる画像を見つけました。
リヤはまさにライトバンパーですね。
最初の画像の物と全く同じ加工ですから、マスプロか小さなアトリエで作られていた物のようです。

形状をよく検討した上で前後とも真似しようと思ってます。

ちなみに、過去に私が作ったライトステーがありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tammy1106tammy0129/6412906.html
試作品のまま知人に使われてます。
よろしければご覧ください、でも使用するのは危険です(笑

「ヘッドライト取付金具」はこれにて終了です、お付き合いいただきありがとうございました。

皆さんがお持ちの取付金具も拝見させていただければ嬉しい限りです。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 7/7  



1/7から6/7まで次第に難易度を上げていきまして、今回は現在、簡単に入手できる直付金具を紹介します。

ヤフオクにも出品されているのでご存知の方も多いと思いますが、銀輪庵オリジナルの金具です。

1,000円くらいで買った物ですが、M5中空ボルトが2本、M5ネジ穴が立てられ中央にクビレ加工を施したアルミ製の金具が1つ、これを自分で発注することを考えればかなりお安いんではないでしょうか。

2年近く前に手に入れてランドナーに仮組みし、勿体無いので取り外し、以来ずっとluxorのヘッドライトに付けたままオブジェになってます。

ご覧のとおりなかなかの収まり具合で、あとは補強板をどうするか?
本所の菱形補強板をあててみましたがRが上手く合わず・・・
アイディアは降りてこないときには全く降りてきません(笑

そうしているうちに海外のサイトで見つけたミキストに取り付けられたヘッドライトに目が釘付け・・・取付方法が洒落てます!
以来、同じような物を作ろうと構想してますがなかなかまとまりません。

予定より1回増やし、これを8/7として次回に紹介します。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 6/7  


いよいよワンオフ製作の取付金具で最も難易度が高いと思う物の紹介です。

ヘッドライト下部に補強板を取り付けて、パイプ上のステーを介してフェンダーに取り付ける。カスタム車輌によくある金具のように見えますが、補強板とステーが一体になってまして、さらに補強板さえも削り出しで作られているようなんです・・・

製作方法をいろいろと考えたんですが、①ジャンクのVITALUXのボディにペーパーを貼り付けてアルミブロックをヘッドライトのRに沿って整形、②サイドから見た形にアルミブロックを切り出して固定用の縦穴加工、③ヘッドライトに固定して立体的に整形・・・こんな感じじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか?

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 5/7  


今回はオーナー自作の金具になります。

セオリーどおりにヘッドライトの下部に補強板が取り付けてありますが、特筆すべきはステー部分の長さと基部の大きさではないでしょうか。

ヘッドライトの直付け工作をする場合、ステー部分は短い方が良いといった意見をよく聞きますが、これは逆にスワンボートを連想させるほどの長さです。

この車輌も700cホイール車で、3/7で紹介した700cホイール車の金具とは対照的に大きな物となっていますが、これはヘッドライトの大きさの違いが影響しているものと思われます。

私には、このステーの長さが、ヘッドライトの大きさとタイヤ・フェンダーの細さとのアンバランスを調和させているように見えますが、いかがでしょうか?

表面をよく見るとわずかに波打って見えますので殆ど手作業で加工されたもののようですが、まず厚さ2~3cm程度のアルミ板を切り抜き、次に鑢で立体的に加工していったと考えると、気が遠くなりそうな作業がなされています。

フェンダー先端が重すぎると走行時に揺れて危険なので、裏からは軽量化のための加工も施されているかもしれません。

電装コードが見えないので、これも中空ボルトで内蔵しているようです。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 4/7  


今回からワンオフ製作品の紹介になります。

正面から見るとL字型の取付金具。
フェンダーに固定するために縦方向に、そしてライトを固定するために横方向にM5ネジが立てられているようです。

一見すると簡単そうにも見えますが、フェンダーに沿って前後方向、左右方向になだらかなR加工がなされています。その隙間は剃刀の刃が入る隙間もないといわれるマチュ・ピチュの石垣以上に狭く等間隔に整形されています。

揉み解した紙やすりを両面テープでフェンダーに貼り付け、その上でアルミブロックを前後移動させたのかと推測しますが、仮にそうなら相当な根気を要する作業です。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur



できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 3/7  


この回以降の5つの取付金具は、オーナーまたはショップの製作品になります。

前記事のSoubitezのライトには大中小の3サイズありますが、これは小。700cホイールに細いフェンダー、そして小型ヘッドですっきりと纏まってます。

肝心の取付金具、よく見ると「三日月ワッシャー」ではないかと思います。
この蒲鉾型の出っ張りがあるライトを現在持っておらず確認できませんので、もしかすると三日月ワッシャー型のワンオフ品かもしれません。

細タイヤを履いた自転車に小型のヘッドをセットするとき、この金具は視覚的にも機能的にも良いと思います。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 2/7  


次に紹介するのは、蒲鉾型の出っ張りが下部にあるSoubitezヘッドライトに付属する取付金具です。

これは旧型で、時代が新しくなると後半がカットされたような形(上から見ると長方形)になり、フェンダーステー用の凹みも省略されます。

いつ頃まで流通していたのかわかりませんが、私が画像と同じZ75を初めて買ったとき(80年前後)に付属していた取付金具は既に新型でした。

この金具は形が綺麗なので何度か探しましたが、未だ入手に至っていません。

「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur



できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

ヘッドライト取付金具 1/7  


先日、PYBのヘッドライト取付金具を紹介する記事をアップしましたが、世の中には他にもいろんな金具があるので、手元の古い書籍からスキャンした画像を使って、私の好みでピックアップした7タイプを紹介していきます。

まずは、比較的新しいSoubitez(BASTA)のヘッドライトを買うと同梱されている金具。
ダルマネジとフェンダーステーを使って固定するタイプですが、前キャリヤがない自転車などではフェンダー前端の横揺れをしっかり抑えてくれる優れものです。

この金具には、ヘッドライトを比較的低くセットできる利点もあります。

ただし、フェンダーステーを取り付けないとちょっと見栄えが悪いのが玉に瑕です。


「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ http://cycle.blogmura.com/randonneur




できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

いにしえの仏PYBヘッドライト取付金具  


少し前に手に入れたPYBのヘッドライト取付金具になります。
正式な名称を知らないので、京都の専門店アイズバイシクルのオリジナル品に倣って「ヘッドライト取付金具」としました。
http://www.cyclesgrandbois.com/SHOP/LP_hl_holder.html

PYBの金具もそれなりの金額で購入した覚えがありますが、アルミ板をプレス成型で作った金具のフェンダーに接する部分にはなだらかなRが付けられてます。
http://www.blogmura.com/



単品で販売されていたのか、なんともいえない良いアジを出している紙袋に入ってました。
古い輸入パーツはパッケージにも魅力があります。
http://www.blogmura.com/



金具はフェンダーにマイナスネジで固定するようになってます。
このマイナスネジ、ホームセンターではまず手に入りません。
でも規格にこだわらなければインチ規格の物が簡単に手に入ります。
http://www.garrettaudio.com/

画面左側の「その他の部品」、そして一番下の「ねじ、ナット~」をクリックしてください。

同じサイズのナットも揃えておけばフェンダーの菱形補強金具の固定などにも使えます。

ある趣味の世界では貴重とされているものが、他の趣味の世界ではありふれているなんてことがあったりしますが、これもその一例ですね。





photo:「the curves of pearls」 by zsolt furesz
http://www.blogmura.com/









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

南阿蘇 ボンジュール・プロヴァンス! Bonjour Provence!  













行く度に定休日だったボンジュール・プロヴァンスを、妻と2人で訪ねました。
http://loco.yahoo.co.jp/place/a3bf5b17575951212814f0f31fe480026e30128f/

牛肉を長時間煮込んだDaube Provencale(ドーブ・プロヴァンサル)、と夏野菜のデジュネ(ラタトゥイユ)のプチ・コースをオーダー。

ドーブ・プロヴァンサルのプチコースが2,900円、夏野菜のデジュネのプチ・コースが2,300円也。

写真を撮り忘れましたが前菜の前のスープはヴィシソワーズ(ジャガイモのスープ)、サラリと冷たくあっさり旨い、この時点でお店の評価がだいたい決まります。

次がパン、前菜が並んだプレート、そしてメインのドーブ・プロヴァンサルとラタトゥイユ、最後にデザートと珈琲or紅茶。

パンはお代わり自由、そして旨いんですね~(笑
前菜とメイン、デザートも盛り付け・味ともに申し分なし。
最後に珈琲で〆ます。

南仏の庭園を模したというレストランの内外装はご覧のとおり、猛暑の下界に比べたら天国のようなクーラー要らずの涼しさ、ここで食べる旨い料理・・・最高の時間でした。

ちょっと残念なのは、途中からお店の近所で凄まじい音量のCDの再生音が鳴り響きだしたこと。
猪か熊よけに巨大なラジカセとメガホンスピーカーを担いだ男が歩き回ってるのかと想像しました。
でも、近くの野外劇場アスペクタの音響調整中だとか、事実は意外にもまともでちょっとガッカリです。

話を本題に戻しますが、広い庭にはハーブや果樹、花などの草木が植え込まれ、開花期であれば薔薇のアーチトンネルもあります。

高原で涼しいためか未だにアジサイが綺麗に咲いてます。
画像の花はアジサイではなくクレマチス・ネグリティアンカという花だそうです。

ここももう一度行きたいお店となりました。


「行ってみたい」と思ったら ⇒ クリックしてください http://www.blogmura.com/

できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511







category: Gourmet

tb: 0   cm: 0

よ~く見たら珍品?  




ヤフオクにSIMPLEX SX410Tが出品されています。


未使用品とのことで綺麗だし、価格もまあ妥当な範囲かなと思います。

SX410GTを使用している私には見慣れた物ですが、なんか違和感!

よ~く見たら・・・バッヂが天地逆についてます。

SIMPLEXやHURETで稀にバッヂが逆さについたエラー品があると話には聞いたことがありますが、これもそうなんでしょうか。
出品者はそのことに触れてませんが(笑

野球やサッカーのトレーディングカードでエラー品は人気があるそうですが、パーツコレクターにはエラー品を集めている方もあると聞きます。


___7/13追記___

rikoパパさんからALLVITエラー品の画像をお送りいただきました。
画像も追加しておきます。
rikoパパさん、ありがとうございました。



「面白い」と思ったら ⇒ クリックしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511







category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

Campagnolo 2nd Rally  









カンパの2型Rally、1型は横型、3型も横型なので唯一の縦型Rallyになります。

3年前にアルマイトを剥離して、少しずつ仕上げを進めてました(放置時間の方が長い)が、ようやくケージプレートの裏面まで磨き上げて組み上げました。

Rallyの魅力はNuovoRecordや初期型SuperRecordと同じくパンタ部の彫刻的な造型、ワイヤー留めボルト部分の金管楽器を思わせる造型、すらりと伸びたケージプレートにあると思います。

ただ性能的にはあまり評判が良くないようなのが残念です(笑

OMASのアルミ製の上下ピボットボルトを組み込む予定でしたが、サイドのローレット部の仕上げがいまひとつなこともあり、これはまたいずれということにします。


「 ピカピカなRallyもいいな 」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

SIMPLEX 35mm幅ブラスバッジ トリコロール!  








1枚目の画像で幅が2倍、面積にして4倍の大きさになってますが、幅35mm、高さ9mm、厚さ0.3mmのSIMPLEX羽マーク型ブラスバッジが3色揃いました

初期の試作品では切り抜いた断面の面取りをしていましたが、0.3mm厚のバッジを少しでも厚く見せるため、なるべく面を立てて仕上げています。

5枚目の画像は、このバッジを綺麗に鉛直に曲げているところです。
ここではマーカーを使っていますが、軸とキャップの段差にバッジの上面を押し当てながら横方向のRをゆっくりとつけていきます。
このとき急に力をかけるとペイントが剥がれるおそれがあります。
そして、バッジの左右両端のR付けが足りないと貼り付けた後でバッジが剥がれやすくなるので、ここにも入念にR付けしていきます。

貼り付ける対象物より小さな径でR付けをしないとバッジが剥がれやすくなるので注意が必要です。

R付けが終わったら対象物に当てて少しずつRを大きくしながら、両面テープで貼り付けます。
接着面が金属ならラッカーシンナーで、塗装面ならアルコールで脱脂してから、ムラなく全体を均等に押し当てて貼り付け完了です。

6、7枚目の画像は貼り付けたイメージになります。

文章にすると面倒臭く感じるかもしれませんが、実際にやればそんなに大変な作業ではありません(笑











category: CHS original cycle parts

tb: 0   cm: 0

今年の夏服 その1  









以前から「ファッション」の書庫を開設しようと思ってました。
その1本目は「今年の夏服」ということで、買ったばかりの帽子とショートパンツを中心に記事にします。

帽子は国産品で、行きつけのセレクトショップのオリジナルの型だそうです。
詳しいことは・・・最初から聞き流してました(笑
ハンチングはライトグレーに白ドット、もうひとつは画像ではわかりにくいんですがグリーンです。

ポロシャツは何年か前の「BIGLIDUE」、現在の物と比べて身頃が少し広いので買い直しですね。

ショートパンツは「BENETTON」、パジャマみたいな生地で涼しいんです。
ボタンフロントがね・・・緊急のときに焦るんですけどね(笑

BENETTONは形が細くて、ここ数年はBENETTON中心になってます。

シューズは10年以上前に買った「PINO GIARDINI」、履く頻度は低いんですが、作りがしっかりしています。
そして箱も良いです、中世の靴職人たちの絵が蓋に、横には靴作りの道具が描かれてます。


「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ ブログランキング・にほんブログ村へ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: FASHION

tb: 0   cm: 0

デルリンの保存  


デルリンパーツは箱に入れ紫外線を避けて押入れで保存していても劣化が進んでいたという話を聞いたことがあり、「加水分解」が原因らしいということで、わが家ではパーツを入れた箱に乾燥剤を入れ、24時間換気システムの付いた家のウォークインクローゼット内に積み上げて保管しています。

合皮などが劣化してべた付いてくることがありますが、あれも加水分解によるものです。

乾燥剤を入れる保存方法の効果のほどは比較材料がないのでわかりませんし、化学の専門家からみれば噴飯ものかもしれません(笑

皆さんどうやって保存してますか?

デルリン:デュポン社が製造するポリアセタール・・・wikiで調べてみましたが、加水分解のワードを追加してもヒットする情報はありませんでした・・・


「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: BICYCLE other

tb: 0   cm: 0

SIMPLEX SX用ブラスバッジトリコロール!  









SIMPLEX SX用ブラスバッジが3色揃いました。

純正バッジは丁寧に外して保管、こちらを普段使いにしたりドレスアップに使ったりするのも良さそうです。

ブログのネタも画像もあるのに更新が間に合わない妙に慌しい状態が続いています(笑


※青は、第2段で新たに起こした版を基にしているので、赤・黒とはエッジの形が少し違います。


「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511









category: CHS original cycle parts

tb: 0   cm: 0

SIMPLEX SLJ用ブラスバッジ 4色揃いました  







少しずつ製作を進めているブラスバッジ第2段、そのうちのSIMPLEX SLJ用羽パターンのバッジが4色揃いました。

上から黒、濃紺、青、赤になりますが、濃紺は塗料皿に残った塗料を適当に配合したもので今回限りの色となります。
この濃紺は黒と並べない限り、単品で見ると黒に見えますが光加減によって青みが感じられる良い色合いとなりました。

第1段で製作したSX用より彫りを深くすることを意識して製作しましたが、画像で見てお分かりのように上手くいったようです。

残るSIMPLEX SX用、SIMPLEX SLJ用ロゴパターン、SIMPLEX羽マーク35mm幅、SIMPLEX羽マーク45mm幅、カンパニョロスーパーレコード用もそれぞれ黒、青、赤の3色を揃えようと製作を進めていますが、もう暫くゆっくりお待ちください。

※ペイントの色は3枚目の画像が実物に一番近いです。



「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511







category: CHS original cycle parts

tb: 0   cm: 0

ピカピカのSLJ RD  




ヤフオクを眺めていたら自作パーツやポリッシュパーツで有名な方が出品されているSIMPLEX SLJのRDがありました。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r79303208

これに私が製作したブラスバッジを装着したら・・・と考えて、早速入札してみましたが現在価格がドンドンと跳ね上がっていきます。

もう一度参戦しようと思っているのですが、この方の出品物はいつもかなりの高額になります。



「面白い」と思ったらクリックしください! ⇒ にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ


できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511







category: BICYCLE PARTS

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。