Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

キャベツの花  


ベランダに咲いたキャベツの花

01_20170417172435fbb.jpg

わが家では、空いたプランターで野菜くずをEM堆肥と混ぜて土づくりをしている。
このキャベツは、昨年の1月頃に埋めたスライスした芯から再生した。

02_20170417172433db4.jpg

科・属:アブラナ科アブラナ属
英名:Cabbage
学名:Brassica oleracea L. var. capitata
原産地:ヨーロッパ 地中海沿岸地方


スポンサーサイト

category: Green

tb: 0   cm: 0

ベランダガーデンの救世主  



2畳ほどの狭いベランダに並ぶ植物たち

ムラサキカタバミ(4月27日撮影)
001 - コピー


葉が五枚の合格クローバー(4月27日撮影)
002 - コピー
カタバミとクローバーは似て非なる植物で、クローバーはシロツメクサと同様の形状の花を咲かせる。

カリブラコア(4月27日撮影)
003 - コピー


ビオラ(4月27日撮影)
004 - コピー


天使の涙(4月27日撮影)
005 - コピー



5月に入ると、きれいな花を咲かせていた植物たちにアブラムシが群がり始めた…
根本から10cm程の丈に切り詰めて越冬したハイビスカスは特に被害が大きく、新芽や若葉が吸汁されて成長が阻害されていた。


そこへ現れた救世主!
黒地に2つの赤い点が並ぶナミテントウ(画像なし)。

それから1週間ほど経ち、ハイビスカスのアブラムシを駆逐するナミテントウの幼虫~♪(5月19日撮影)
006 - コピー


カリブラコアのアブラムシも駆逐(5月19日撮影)
007 - コピー



1週間ほどでアブラムシを食い尽くし姿が見えなくなった。
間もなくアブラムシが再発生し、醜いほどに繁殖した頃、再び現れた救世主~♪(6月6日撮影)
008 - コピー


チョコマカと忙しく動きまわりアブラムシを駆逐していく幼虫たち(6月15日撮影)
009 - コピー


1週間ほどで幼虫たちの姿が見えなくなり、再び大量発生したアブラムシを苦々しく思っていたところ、今朝方ハイビスカスにテントウムシの姿を発見した(急いでカメラを向けたが逃げてしまったので画像はない)。

約3週間でサイクルしているようだ。



他にも救世主が…(6月10日撮影)
010 - コピー
カマキリも小さいうちはアブラムシを捕食してくれる。

少し大きくなったカマキリの子(7月2日撮影)
011 - コピー

テントウムシに悪さするようになったら追放する予定~♪



化学薬品の散布を止めて2年、自然本来の環境に近づいてきたようだ。


category: Green

tb: 0   cm: 2

「天使の涙」の花  


例年どおり今年も花を咲かせた「天使の涙」。

昨年は枯れることなく夏越しをしたので、クレソンのように葉が茂っています。
01 - コピー


枯れやすいとか、弱いイメージがある「天使の涙」ですが、実は繁殖力が大変に強い。

分葱を植えた他の鉢にまで進出して茂っています。

といって分葱を弱らせるのでもなく共生しているようです。
02 - コピー

自然に生えてきた苔とも共生環境を形成しているようです。

一面に咲いている直径1mm程度の綿毛のようなものが「天使の涙」の花です。


この鉢には元々の株は弱っているクッションモス(西洋イワヒバ)も進出しています。
03 - コピー


天使の涙もクッションモスも育てにくい植物ですが、放置しておくと意外にもたくましく育っていたりします。

元々の生育地の気温が低く、それほど日照を必要としないので、コツはそれに似た環境に置いてやるだけ。

天使の涙 Angel's tears
【学名】 soleirolia soleirolii
【流通名】 ソレイロリア、ベビーティアーズ、 赤ちゃんの涙、天使の涙
【科/属】 イラクサ科/ソレイロリア属
【原産地】ヨーロッパ・コルシカ地方
【育て方】5~25℃で生育
【花言葉】豊かな心 どこでも成功 あなたを想ってます



category: Green

tb: 0   cm: 2

グリーンネックレスの花  


グリーンピースのような葉が数珠生りのグリーンネックレス。

科名:キク科
属名:セネキオ属
学名:Senecio-rowleyanus
原産地:アフリカ・ナミビア
別名:緑の鈴

過湿に弱く、育てるのが難しい。

梅雨の時期にはかなり弱っていたが、わが家に来てちょうど1年。
11 - コピー


少し変わった姿の花が咲いた。
12 - コピー


何度も買っては駄目にしているが、今度はいつまでもつか・・・


category: Green

tb: 0   cm: 4

ベランダガーデンの新たな救世主  

待ちに待った天道虫は瞬く間にアブラムシを食い尽くして飛び立っていきました。
http://brassbadge.blog.fc2.com/blog-entry-794.html

先日、朝の水遣りをしているとハイビスカスの枝に「動くゴミ」を発見!
01 - コピー


拡大してみましょう
02 - コピー


白い円の中、いろいろなゴミを背負った姿は映画マッドマックスを彷彿とさせます。
021.jpg


クサカゲロウの幼虫でした。
これもアブラムシを捕食してくれる益虫。
250px-Chrysopa_perla_2.jpg

Wikipedia:クサカゲロウ

成虫の姿も美しいですがその卵も美しく、3000年に一度如来が来るとともに咲くといわれる伝説上の花として法華経にも登場する「憂曇華の花」または「優曇華の花」と呼ばれています。


おかげで大輪の綺麗なハイビスカスが咲き続けています。
03 - コピー




category: Green

tb: 0   cm: 4