FC2ブログ

Combined Hard and Soft

〜〜
三信 regular large hub 2020.01.17
2020年1月前半走行データ 2020.01.15
SUGINO SUPER MAXY 2020.01.13
研磨剤の比較 WhiteDiamond 2019.12.31
研磨剤の比較 WAKO'Sメタルコンパウンド 2019.12.30

1990年式日産プレセア ディストリビューター(リビルトby大光サービス)交換

平成2年式、初期型日産プレセアの修理。

半年前から行きつけのディーラーでディストリビューターのオイル漏れを指摘されていた。

ディストリビューターが壊れると良くて片肺、悪いと突然停止する。

そこで、リビルト品をGet!

美しい~♪

01_20180111191328352.jpg

2年保証、2万6千円~

検品はしっかりと(笑

02_201801111913305a4.jpg


リビルト品は「どこから買ったか」ではなく、「どこでリビルトされたか」が重要。

精度の低い作業で再生されたリビルト品は質が悪く、交換しても短期間で壊れることがある。

で、行きつけの熊本日産本社へ駆け込む。

03_20180111191330da9.jpg


リビルトしたのは大光サービス。

ディーラーの工場でも定評のある会社とのことで、ひと安心~♪


仕事が早いので、壊れたディストリビューターはすぐに取り外された。

04_2018011119133265e.jpg

この画像を見て、仕事の丁寧さに気づいたあなたは「通」。


手前 リビルト品。
奥、約30年間働いたディストリビューター。

05_20180111191333a07.jpg



で、交換作業中に浮気したりする。

06_201801111913352a9.jpg

TWINGOは初期型から好きな車。


さて、1時間弱で交換作業終了~♪

07_201801111913365eb.jpg


エンジンルーム内のパーツのリプレイスもかなり進んでいるが、こうして撮影すると汚れが気になる。


ディーラーからの帰り道、停車中のエンジンの挙動が安定したように感じられた。

これで突然停止のリスクはなくなった。



にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

スポンサーサイト



マフラー交換(大栄テクノ 純正同等品)

平成2年式の愛車のマフラーに穴が開いた。
純正同等品に交換したのがちょうど10年前。

マフラーに穴が開くと音がうるさいばかりでなく、低速トルクが落ちるため加速がもたつく…
さっそく調達した。

01_20170903220120f2c.jpg

国産のマフラーが1万円台で手に入ってしまうことに驚く。
ディーラーでの工賃込みで純正品の3分の1以下で交換できた。

10年使ったステンレス製の純正マフラーカッターを移植して、後姿も良くなった。

02_201709032201183bc.jpg

鉄製マフラーは消耗品なので、また調子が悪くなったら早めに交換したい。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

四半世紀を経た車のお色直し



平成2年式の日産車、年式の割に綺麗と言われてきたがクリア層の劣化が目立ち始めた。

そこで、塗装も自社工場で行うディーラーにボンネットフード、ルーフ、トランクフード、リヤバンパー、両サイドミラーの塗り替えを依頼した。
各パネル間の色のずれを補正するうち、サイドモールから下を残すのみで全塗装に近い内容となった。

前後のガラスを外しての大掛かりな作業を経て戻ってきた。
ボディもガラスも研磨およびコーティング済み。
01a - コピー


表皮が劣化・硬化してひび割れや浮きがいくつも生じていたダッシュボードも、程度の良い出物があったので交換してもらった。
02 - コピー
なお、熱変形が目立つエアコンの吹き出し口は全て、昨年のうちに新品に交換済み。


塗装のはがれと錆で醜くなっていたワイパーアームも熟練職人によって新品同様の姿に!
03 - コピー
他にもウィンドウモールなど様々なところに手が加えられている。


ここまで綺麗になるといままで気にならなかったところが気になりだす…(苦笑


それなりに費用が掛かりましたが満足のいく仕事でした。