Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダブルネームのカツカレー そして中岳  



11月30日、ドライブで阿蘇へ

まずは「まるでん」
ごはん処 まるでん

懐かしさを感じる店内
01_20141204235436a34.jpg



これを楽しみに車に乗って40km。
02_201412042354375db.jpg



阿蘇の「あか牛」が入ったカレーに「三元豚」のカツ
素晴らしいダブルネームです。
03_2014120423543915e.jpg



軟らかすぎず絶妙の歯ごたえに仕上げられた「あか牛」
旨みが強く柔らかい「三元豚」
旨い!
04_20141204235440ced.jpg



ご馳走様でした。
05_20141204235435439.jpg



25日に噴火が確認された中岳の様子を見ようと国道325号線を走るうちに高森駅へ到着。
雲に覆われた阿蘇山頂。
06_2014120423545340f.jpg



阿蘇山の様子を近くから見ようと高森から国道265号線を走りますが、霧と分厚い雲に覆われた山頂が見えるだけでした。


阿蘇神社へ到着
07_2014120423575975d.jpg
雨天の100kmオーバーのドライブでした。



スポンサーサイト

category: Gourmet

tb: 0   cm: 8

高原のカフェで避暑  


3連休の中日、猛暑の市街地を抜け出して高原のカフェへ



心地よい風が吹き抜けるテラス席。
南阿蘇方面からの阿蘇山を一望できるロケーション。
01_201407221938542b6.jpg


テラスの下にいるのは「カメ吉」
02_2014072219385425f.jpg


チーズオムハヤシ
デミグラスソースのオムライス
03_20140722193856b25.jpg


プルニエカレー
スパイスを効かせたオリジナルカレー
04_20140722193857262.jpg


カメ吉は「伸び」をしています(笑
05_2014072219385272c.jpg


珈琲とデザートをいただき、店を出る。
06_201407221940327ea.jpg


カフェ プルニエ
07_20140722194032ff8.jpg





場所を変え…

のほほんカフェ ボワジョリ
11_2014072219403066e.jpg

09_20140722194034027.jpg

10_201407221940359fb.jpg


ベイクドチーズケーキ
13_201407221942237eb.jpg


香りも味も控えめで優しい紅茶、ディンブラ
14_20140722194224bd1.jpg


柑橘のスカッシュ
15_2014072219422624b.jpg


急に気温が下がって風が吹きはじめ、辺りが暗くなって雷鳴が轟くと雨が降りだした。
16_2014072219422053c.jpg

12_20140722194222c9c.jpg


雨が日中の熱気を冷まし、湿気を少し帯びた涼しい空気が立ち込めたところで店を出る。
17_2014072219441897c.jpg

リフレッシュ完了~♪
18_20140722194416dfb.jpg


category: Gourmet

四季即贅喰 瓦そば  


20年以上も通っている瓦そばの店
四季即贅喰(しきそくぜくう)
阿蘇郡西原村河原2281

車のドアを開けると、辺りには懐かしい焚火の匂いが立ち込めています。
01_20140119222855dda.jpg


緩やかな石畳道を下れば
02_20140119222856c8b.jpg


四季即贅喰
03_201401192228594a4.jpg


数珠なりの南天
04_201401192228596b1.jpg


店の中央にある暖炉から拡がる焚火の匂い

時折「パチッ」と大きな音が響きます。
05_201401192228538d7.jpg




きなこをまぶした白玉
06_201401192230412da.jpg


油を引いた瓦の上で香ばしく、おこげに似たパリパリした食感に焼き上げられた茶蕎麦。

瓦そば(山菜)
07_20140119223042486.jpg


瓦そば(牛肉)
08_20140119223044c1a.jpg


熱いつけ汁が入った「通い徳利」
時計と比べると、一升ほども入る徳利の大きさが伝わろうかと思います。
09_201401192230454bd.jpg


手前から、つけ汁、サラダ、だご汁
10_2014011922303916b.jpg


ゆずのゼリーと珈琲
11_20140119223210189.jpg


ご馳走さまでした
12_20140119223209e01.jpg



Wikipediaによれば、明治10年の西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話を参考にして、1961年(昭和36年)に高瀬慎一氏が開発したのが、いまや山口県の郷土料理となっている「瓦そば」。
熊本で、その瓦そばを看板料理とする四季即贅喰の紹介でした。






category: Gourmet

thread: 蕎麦 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

シュトレン  


自宅近くの子飼商店街にある店に予約しておいたシュトレン。

Wikipedia「シュトレン」

CIMG6260 - コピー


長さ230㎜、幅120㎜、高さ70㎜、重さ550g(おおよその数値)

CIMG6265 - コピー


作り手は、素材と製法にこだわってドイツパンを作るトトロ亭。

CIMG6285 - コピー


私、シュトレンを食するのは初めてです

CIMG6288 - コピー


シナモンシュガーが振り掛けられ、木の実やドライフルーツが散りばめられた甘さ控えめの上品なお菓子です。

CIMG6284 - コピー


大人のお菓子だと思います。




category: Gourmet

thread: クリスマスケーキ - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

廃線跡 ~ 古時計 ~ 囲炉裏  「手打ちそば 逐拓」  


菊池市泗水町にある逐拓(ちくたく)

01_201309290839296c8.jpg

01a_20130929083931df4.jpg


店舗前のガードレールと土手の間の窪みは、1954~1959の間に105両が製造された東急5000系電車(通称青ガエル)を現役運行させていることで有名な熊本電鉄が、1986年に廃止した御代志~菊池間の軌道跡。

02_2013092908393145f.jpg

熊本電気鉄道菊池線

訪れる度に感心する、なんとも清清しい店内の空気

03_201309290839331cc.jpg


抑えた音量でゆったり流れるスタンダードJAZZ♪

04_201309290839277a3.jpg


厨房から聞こえるリズミカルな音♪

05_2013092908410133d.jpg


店名の由来になったと思われるSEIKOSHA(精工舎)の古時計。
いまは時を刻んでいない。

06_2013092908410342b.jpg



かも南蛮そば

07_20130929084104aa0.jpg


熊本阿蘇と北海道で採れた玄蕎麦(殻つき)と丸実(殻なし)を石臼で自家製粉・ブレンド。
強すぎないさっぱりした風味、
コシのある浅黒い蕎麦。

塩味がとがらず甘ったるさがなく・・・どちらかといえば薄味のそばつゆ。
そばつゆや具の旨味も蕎麦の風味を阻害せず、
蕎麦と一緒に啜って、後で喉の渇きに悩まされることがない絶妙の塩梅。

鴨汁そば

08_20130929084106048.jpg

蕎麦は冷たく、そばつゆは温かい

09_201309290841004e3.jpg


主役は蕎麦、そばつゆや具は主役を引き立てる脇役。
何かが突き出しているのではない「丸み」を覚えるバランス。
そばつゆも残さずいただきます。


デザートも蕎麦。
やみつきになる、フンワリもちもちした食感の蕎麦がき。

蕎麦がきぜんざい

10_20130929084232c9a.jpg


黒蜜そばがき

11_2013092908423449a.jpg


ご馳走さまでした。

12_20130929084235795.jpg




自家製粉 石臼挽き 手打そば 逐拓
13_201309290842374d7.jpg

営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日
住所:熊本県菊池市泗水町福本807
14_20130929084230592.jpg

※3~9月にかけて数回撮影した画像を使っています。
※記事掲載にあたって店主の許可を得ています。



そばつゆについて、書籍やネットで調べた事柄を備忘録としてまとめておきます。
調べて整理して・・・以前からそばつゆについて抱いていた疑問が解消しました(笑


そばつゆ
塩味・甘味の「かえし」と旨味の「だし」を合わせたもの。

醤油・砂糖・味醂で作る「かえし」
甘さは量と使う砂糖によって変える。
通常は上白糖、上品でさっぱりしたつゆにする場合は白双目糖。
甘味は鰹節のエグ味を抑える。
保存を前提とする市販品は、保存を前提としない蕎麦屋のそばつゆより塩味が強くなる。

荒節を使えば力強い風味、枯れ節を使えば上品でマイルドな風味になる「だし」
鰹節だけでなく昆布や鯖節をつかうこともある。
強すぎるつゆの香りに、そばの香りが負けてしまうのを嫌って鰹節や醤油の香りを殺すため、そばつゆを湯煎にかける店もある。

そばつゆでは「酸味」は抑えるもの。

総括
塩味・甘味・鰹節の風味は嗜好によるが、高級素材を使った高級店になるほど上品でマイルドでさっぱりしたそばつゆになる。




category: Gourmet

thread: うどん・そば - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。