Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

輸入車100年史  

前回が自転車100年史の書籍紹介、今回はオートバイの100年史の書籍を紹介します。
発行元はCYCLE SPORTSでお馴染みの八重洲出版。

発行当時、目黒からオートバイでORANGE BOULEVARDまで行って購入しました。
http://omc-2010.com/access.html



輸入車100年史 WORLD MOTORCYCLE
NO.113 八重洲出版創立30周年記念企画
別冊MOTOR CYCLIST 1988/1臨時増刊
http://cycle.blogmura.com/randonneur




上から1910年式、1917年式、1912年式の20世紀初頭のHARLEY DAVIDSON。

まだ自転車のイメージが濃厚です。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




1907年式TRIUMPH 3・1/2 Touring Modelのハンドルバーに装着されたレバーはインベルセ型、ペダルにクランクにチェンリング・・・
http://cycle.blogmura.com/randonneur



大脱走から「TRIUMPH TR6 MOTORCYCLE JUMP」
http://cycle.blogmura.com/randonneur



1930年代のBMW、インベルセ型レバーは1950年頃まで正式採用されていました。
サドルは現在も残るスプリング式のレザー製を少し大きくしたような感じに見えます。

これくらいの時代までのオートバイを詳細に見ていくと、ヘッドライトの装着方法やキャリヤの形状など自転車にも応用できそうなものが多く見られます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




1964年に世界初のロータリーエンジン搭載車(自動車)を発売したNSUの1956年式Quickly。

キャリヤやテールランプは自転車そのもの。
インフレーターの装着箇所が面白いです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




この本は、私にとってオートバイの資料であり自転車の参考資料でもあります。









スポンサーサイト

category: MOTOR CYCLE

thread: 旧車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

次に買いたいオートバイ カフェレーサー  



ブログランキング・にほんブログ村へ


オートバイに乗らなくなって20年近くになります。
まあ店での試乗や原付スクーターに乗る程度はありましたが(笑
blog_import_5030aefc497c1_20140701075554d75.jpeg



その最大の理由は、旧車以外で乗りたいオートバイのイメージが沸かないというものでした。
blog_import_5030aefdc6df4_20140701075555eba.jpeg



最近、またオートバイに乗りたくなってネットなどでちょくちょく見てます。
直接店に行ったりしたら衝動買いしてしまいかねないので(爆
blog_import_5030aeffb82df_201407010755566ba.jpeg



それで、ようやく固まってきたイメージがkawasaki空冷4気筒エンジン車をベースにした、ロケットカウル、シングルシート装備のカフェレーサーというものです。
blog_import_5030af019294c_20140701075606ab9.jpeg



ただ、この手の車輌は上手くまとめないと下品になりがちなので、一番下の画像のSRのように綺麗に上品にまとめたいですね。
blog_import_5030af037c440_201407010755587f9.jpeg



う~ん、これはかなり金がかかりそう・・・
blog_import_5030af0645a6e_2014070107555336c.jpeg



当分の間、妄想するだけで我慢するしかありません(爆


2011/05/08追記
何十年ぶりかでバイク屋めぐりをしてきました。
20年のブランクで「浦島太郎」になっていたようで、kawasaki空冷はzepherしかなかったのですが、まあ軽いこと小さいこと。かつてのZ1000JやZ1の重さ大きさは全く感じられませんでした。
ただ各部に現代的な部分が見受けられ、懐古趣味の私の選択眼に適ったのはzepher750でしたが、既に生産中止になってプレミアが付いているというのが納得いかないところですね。
昔からkawasaki車にはこういうところがあります(笑


Photo:Unknown
blog_import_5030af0804897_2014070107560881b.jpeg




ブログランキング・にほんブログ村へ

category: MOTOR CYCLE

tb: 0   cm: 0

次に買ったオートバイ GB250  



kawasakiGPz400Fの廃車後に買ったもう1台のオートバイ、それが今回お伝えするGB250(MC10)クラブマンでした。


確か初期型の1984年式だったと記憶します。

外装に少し傷みのある状態だったので、外装パーツを中心にカスタムしていました。
覚えている限りで挙げてみますと

ライトステー:ウェリントン
Fフェンダー:ウェリントン アルミ・ショートタイプ
Rフェンダー:ブルックランズ アルミ・ハーフタイプ
シート:ブルックランズ BSAタイプ
テールライト:ブルックランズ ルーカスタイプ
ウィンカー:アルミ砲弾型
トップブリッジ:ミラーポリッシュ
エンジンカバー:ロゴを削り落としてポリッシュ
フォークアウターチューブ:アルマイト剥離ポリッシュ
サイドカバー:黒塗装
チェーンケース:排除

1992年に手放すまで乗っていた期間が1年くらいしかないのにかなりいじってましたね(笑
頻繁にブルックランズに通ってました。

ただ、どのバイクに乗ってもそうでしたがマフラーだけは変えませんでした。
経験上、1000cc以下の排気量車でマフラーだけ交換するとパワーが格段に落ちる印象があります。その分エンジンの回転数を上げてしまうため、うるさく扱いにくく壊れやすくなります。

単気筒エンジンはもちろんエンジンフィールが4気筒とは全く違いますが、VT250FEと違ってこちらには馴染んでしまいました。
私の経験、そして他のライダーを見てますと単気筒エンジンの場合、他形式のエンジンからの移行が容易なようです。

1年ほど乗って、足回りが軟らかいのが気になり始め前後のサスペンションのチューニングを予定していた頃、エンジンヘッドから少し異音が出始めました。
工場に持ち込んだところ、緊急性は要しないもののヘッドのOHが必要な状態とのことで、原因はエンジンの回し過ぎ(笑

この頃、行きつけのバーでアルバイトしていたデザインスクールの学生が「欲しい」と言うので、状態を説明した上で破格値で譲りました。

それ以来、何度か買おうとしながら今に至るまでオートバイは所有していません。
ジレラ・サトゥルノやSR400の派手なカスタム車などちょっと非現実的な物ばかり買おうとしたのが、所有が実現しなかった最大の原因のような気もしますが(笑

 ※当時の写真が残ってなかったので、同様のカスタマイズを施した同型車の画像を中古車屋のHPから転載しました。



「面白い」と思ったら ⇒ クリックしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511




category: MOTOR CYCLE

tb: 0   cm: 0

次に買ったオートバイ VT250FE  



過去記事でお知らせしたように最初に買ったオートバイ、kawasakiGPz400Fは1990年に思いがけない事故で廃車になってしまいました。

当時、そんな私に仲間が2人、それぞれ1台ずつオートバイを譲ってくれました。
1台はVT250FE、もう1台がGB250、なぜか2台ともHONDA製でした(笑

今回はVT250FE(MC08)についてお知らせします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBVT

初期型同様、デザインはVF400を踏襲したものとなっていました。
外見を見ただけでわかるほど作り込みが良く、当時は大ヒットしたオートバイで「2輪のカローラ」と言われるほどでした。

初期型は750キラーと言われていて、これで峠を走っていた人も多いと思いますが、同時に入門者用とも言われてました。

その矛盾するような評価から、どんな乗り味なのか気になっていたので「次の主力はこれかな」と思って1月ほど乗り込んでみましたが結局手放してしまいました。
それまで乗っていた4気筒エンジンはスムーズに回るものの瞬間的なトルクは弱い感じ(これは排気量が大きくなると良くなります)、それに対して2気筒エンジンはドコドコという少しラフな感じの回り方で瞬間的なトルクが強い、そのフィーリングに馴染めなかったのが原因でした。

最初に乗ったオートバイのエンジン形式が2ストか4ストか、何気筒なのか、それがその後に乗るオートバイもある程度決めてしまうところがあるようです。

 ※当時の写真が残ってなかったので、中古車屋のHPから画像を転載しました。



「面白い」と思ったら ⇒ クリックしてくださいブログランキング・にほんブログ村へ

できればこちらもクリックお願いします ⇒ http://blog.with2.net/in.php?1195511




category: MOTOR CYCLE

tb: 0   cm: 0

初めて買ったオートバイ  

alfaromeo1600GT juniorの購入を断念した私は、腹いせに初めての中型二輪購入に踏み切りました。

kawasaki GPz400F


1984年式の中古で、足立区の店に相場よりかなり安い車輌があったので衝動買いしてしまいました。

珍しくノーマルの状態で同色の程度の良い車体があったので、拝借した画像です。
私のオートバイもほとんど同じ外観でした。
http://www.blogmura.com




400㏄にしては大柄な車体ながら低速での旋回性が非常に高く、8の字や蛇行走行するのが得意でしたのでジムカーナの練習会に参加したりしてました。もっとも峠を攻めるというのは向かず、テールスライドさせながら走ることが多かったのですが、これは腕次第で、上手い人だと何に乗っても速く走ります(笑


色違いでロングリヤフェンダーを取り付けた逆輸入車
http://www.blogmura.com




マスタードイエローのレザージャケットと黒のレザーパンツをKADOYAで揃え、ヘルメットは黒のAraiGIGA、ブーツは黒のSTILL MARTIN。


多数の新品パーツを使ってレストアされた車輌
GPz750turboのカラーリングにされていて、大変綺麗でまとまりの良いカスタム車です。
http://imp.webike.net/commu/bike/0001038/#photo2375
http://www.blogmura.com




中野通りを挟んだ自宅の向かい側にYSPがあり、そこはジレラ・サトゥルノやYAMAHAエンジンのBIMOTAが展示してあったり、ちょっと毛色の変わったYSPでした。
予想通り買った翌日から動かなくなったGPzをYSPに暫く預けて乗れるようにしてもらいましたが、この店、YSPなのに裏に回ると殆どがkawasaki車だらけでした。

2人の整備士がどちらも濃い~kawasakiフリークで、後にそれぞれ独立してkawasaki車専門のスペシャルショップを立ち上げていきました。そういうわけで、YSPなのにkawasaki車乗りが集うお店になってました。



暫く後にYSPが閉店した後は青梅街道沿いにあるkawasaki専門店に通いました。ここは店の佇まいこそ普通のバイク屋でしたが、整備士の1人がkawasakiの元ワークスメカニックで、それまであちこちにあったGPzの不具合は、この人の整備によって全く無くなるほどに良くなっていきます。

カウル、タンクなどの外装品を新品に交換し、550㏄用のオイルクーラーやリヤフェンダーを取り付け、比較的弱い電装周りを全て作り直したりして、外装・機関共かなり好調な状態の愛車でしたが、90年の夏の夜中、一方通行・片側三車線の目黒通りを走行中、路肩停車していたデートカーが急発進・Uターンしようとしたため、前方を塞がれ・・・・・・廃車になりました。

路面には黒く長い破線のブレーキ痕が残っていたそうです。

スイングアームのオーバーホールとゴムブッシュの全交換を済ませてから下取りに出し、GPz750Fを買う商談を進めていたところで、事故の翌週から限定解除のために鮫洲に通う予定でした・・・・・・



幸いなことに乗り手の私は無傷でした。









category: MOTOR CYCLE

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。