FC2ブログ

Combined Hard and Soft

〜〜
三信 regular large hub 2020.01.17
2020年1月前半走行データ 2020.01.15
SUGINO SUPER MAXY 2020.01.13
研磨剤の比較 WhiteDiamond 2019.12.31
研磨剤の比較 WAKO'Sメタルコンパウンド 2019.12.30

研磨剤の比較 WhiteDiamond

次はWhiteDiamond

オートバイや4輪の世界ではよく知られた研磨剤
https://www.plotonline.com/motor/whitediamond/

101_20191231163400c98.jpg


使用100㎞未満のDeoreDXのフロントディレイラーを磨いてみた

102_20191231163401ea5.jpg


これはクロームメッキにも使える優れモノ

クローム部分はもちろん、無塗装のアルミ部分も簡単に光る!

103_201912311634028eb.jpg


無塗装のバンド部の光り方に注目!

104_20191231163404d6c.jpg


メッキ、塗装、アルミポリッシュなど異なる仕上げが混在するフロントディレイラーのメンテナンスに適している。

105_20191231163406584.jpg


先日「煮た」マグライトも磨いてみた。

マグライトは煮ても大丈夫という証拠でもある(笑)

106_20191231163407905.jpg


磨き傷の圧倒的な少なさがWhiteDiamondの最大の特徴!

107_20191231163409979.jpg


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



光り物tips1

日頃から「磨きをして指が痛くならないか」というコメントを多くいただきます。
でも指の「腹」は痛くなりません。

磨き直した部品たち
http://cycle.blogmura.com/randonneur



部品を磨くとき指の「腹」を使って磨く方は多いと思います。
私も指にウエスを巻きつけて磨くことはありますが、そうすることはほとんどありません。
普段はこうした物を「当て木」として使っているからです。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


画像の上側に写っているのは、使い込んで角が丸くなっていますが1辺30mmのコルク。
下側に写っているのは30×40×10mmの硬質ウレタン、ホームセンターのクルマ用コーナーで売られているコンパウンドブロックと同様の物です。
コルクは平面用、ウレタンは曲面用です。
空研ぎ、水研ぎ、研磨剤磨き、どの工程でもこれらを使っています。

この「当て木」にウエスを巻き、研磨剤にはAUTOSOLを使って、1年ほど前に磨きを入れたまま放置していたCampagnolo Victory RDを直線的な造形を崩さないようにコルクブロックを使って磨き直しました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



当て木を使うと楽に綺麗に面出しすることができます。
レコードプレイヤーのダストカバーのように面積が大きい場合は30×30×150mmの長いコルクブロックを当て木に使って磨いています。

自転車レストアでもフレームやピラーのような長物は勿論、小物を磨くときにも当て木を使えば指の「腹」は痛くならずに綺麗に面を出すことが出来ますし、力が入りやすいので微細なヘアラインを防ぐためには軽く磨けば鏡面を得ることが出来ます。
ただし、磨き込めば磨き込むほど指の「節」は痛くなります(笑)

凹凸の凸面の面出しには有効なtipsですが、細かな凹面の面出しをする場合には別の道具を使います。そちらの紹介はまた次の機会にいたします。











連休前の工具調達♪

連休の間に作業を進めるめに工具を調達してきました。

・精密ヤスリ10本組
・リューター先端ビット2本

整形作業を進めているMILREMOステムですが形が整ってくるにつれ、それまで気にならなかった部分が気になってくるという循環に陥っています(笑)
そこでエッジをより綺麗に整形するために精密ヤスリと横から見ると台形状の先端ビットを2本揃えてきました。
http://www.blogmura.com


他にフェンダーステーなどを製作するために5mm径、1m長のアルミロッドを2本。
連休中も完全に休めないし、走りにも行く予定なのでどこまで進められるかわかりませんが(笑)
http://www.blogmura.com



Photo:「N1」by waver h
http://www.blogmura.com
















2011作業記録

趣味の分野での作業記録を作成して、1年を振り返ってみました。




サカエCT-P3ピラー
腐食の進んだ物を研削・研磨、オリジナルと同型のステンレス製ナットに交換
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



MAFACブレーキレバー
ハーフパッドはアーマオールに漬け込み、レバーは研削・研磨
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



DIA-COMPE DC189オポジットレバー
アルマイト層溶解剥離、研削・研磨
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



PIVO 85mm フレンチステム
製造時の素材回り不良、腐食のある中古品を研削・研磨
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
NATIONALの徽章を元に0.5mm厚のブラス板で製作
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
SIMPLEXロゴを元に0.3mm厚のブラス板で製作(35mm幅)
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
SIMPLEXロゴを元に0.5mm厚のブラス板で製作(45mm幅)
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
SIMPLEX SX用、0.5mm厚のブラス板で製作
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
SIMPLEX SLJ用、0.5mm厚のブラス板で製作
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CHSブラスバッジ
SIMPLEX SLJ用、0.5mm厚のブラス板で製作
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CAMPAGNOLO SUPER RECORD RD
傷だらけの上下ピボットボルト頭を研削・研磨、0.3mm厚のブラス板で製作したオリジナルバッジ貼付
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



CAMPAGNOLO RALLY 2nd RD
アルマイト層溶解剥離、表面研削・研磨
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



SIMPLEX SLJ5500 RD
全体のクリーニング、ブラスバッジ貼付
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



TNI真空ステンレスボトル
表面の研削・研磨、SIGGレトロキャップの改造・装着、ZEFALケージの拡幅、CHS45ブラスバッジ貼付
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



LYOTARD460D
表面の研削・研磨、ベアリング摺動部の鏡面研磨、マイクロロン処理
オリジナルペダルスピン製作
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



GT AGGRESSOR3.0
2本締めピラー、1.5スリックタイヤ、パラレルリンクのVブレーキ、Vブレーキブースター、ショートステム、ヘッドパーツ、フロントフォーク、DHサドルへ交換(ハンドルバー、FD、RD、クランク、ペダル、BBは既に交換済み)
サイコン装着
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



総括しますと・・・たかが自転車の部品に手間隙かけてはいますが、たかが自転車に小難しい理屈を並べ立てるような方は面倒くさいので「エイヤ~ッ!」です(笑




SANSUI SL-7レストア
内部配線、ネットワークコンデンサ、スピーカーポスト交換など
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



DIATONE DP-88B
ダストカバーの研削・研磨
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



DIATONE DP-91D
ダストカバーの研削・研磨、ウッド外装のオイル仕上、素子交換・調整など
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



AudioTechnicaシェル
腐食の激しい表面を研削・研磨、表面保護
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/