Combined Hard and Soft ~書斎ガレージ~

本所NH-40のリペア  


過日行った作業です。

使い始めて10年経つ本所製アルミフェンダーNH-40
日本アルミットのアルミハンダAM-350を使って、仕様変更で使わなくなった穴を塞ぎます。

昨年のうちにリヤの補修を済ませたので、今回はフロントの補修を行います。



ヘッドランプを固定する前端部

01_20131002002511c74.jpg


アルミリベットを裏から当て、自作のステーをM5ネジで留めて、リベットを固定します。

一番後ろの大きな穴には同じ形に削り出したアルミ材を詰めてから接合作業に入りました。

02_20131002002512dd1.jpg


裏から

03_201310020025147f1.jpg


ガストーチを使ってAM-350で接合し、金工鑢で粗仕上げ。
久しぶりの作業で火加減を誤って穴を開けてしまいましたが、それも併せて無事に塞ぎました。

04_201310020025103a7.jpg


フェンダーステーを固定する後端部

05_20131002002701007.jpg


接合を終え、粗仕上げをする前。

06_20131002002702873.jpg


裏から

07_20131002002705d8c.jpg


フォーククラウン下部分には菱形補強版を接合しました。

AM-350は硬いので、余分に盛った分を削り落とすために作業時間の大半を費やします。

08_20131002002659861.jpg



スポンサーサイト

category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

アルミフェンダーに菱形補強板を接合 その2  

前記事にて本所アルミフェンダーに接合した菱形補強板、完成しました。

完成後のフェンダー
もう少しAM-350を削り落としたいとは思いますが母材が薄いアルミフェンダーなので追々仕上げていきたいと思います。
http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur


http://cycle.blogmura.com/randonneur




1月に凹みを修復し、今回は穴埋めと菱形補強板の接合を施したリヤフェンダー。
残るはテールランプガードの装着となります。
こうして眺めると、ちょっと長過ぎるように思えてきます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



今日もビールが美味いです~♪






~3/25追記~

使用ツール
・ガストーチ
・almit AM-350
・ペン型リューター
・先端ビット各種
・金工鑢(大中小)
・耐水ペーパー(600、800、1500)
・研磨剤(autosol)
・ベンチバイス

作業時間:約12時間







category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

アルミフェンダーに菱形補強板を接合 その1  

本所アルミフェンダーに菱形補強板をM4ネジで2箇所留めしていましたが、almit AM-350を使って接合しました。

作業後
菱形の尖った部分の反り・浮きも無く、大変スッキリおさまったと思います。
http://cycle.blogmura.com/randonneur




接合後の整形が大変です(苦笑)
硬化後はアルミと同等の硬度を持っています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



エッジ出しに苦労しています(笑
http://cycle.blogmura.com/randonneur



何とか半分は粗仕上げを終えました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur
















category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

アルミフェンダーの穴をふさぐ  

本所アルミフェンダーにあけた穴をalmit AM-350でふさぎました。
度重なる仕様変更で現在では無駄にあいたままになっていました。

作業前の状態
リムのようにも見えますが、フェンダーです。
9個並んだ穴のうち左から3個目を残して残りの8個をふさぎます。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



作業後、ふさがった1個目の穴
綺麗にふさがりました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



作業後、ふさがった2、4、5、6個目の穴
2個目は裏側からアルミボルトでふさいだような状態になりました(苦笑)
4個目は綺麗にふさがり、5、6個目は盛りが足りずに凹みができてしまいました。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



作業後、ふさがった7、8、9個目の穴
7、8個目は綺麗にふさがり、9個目はやはり盛りが足りずに凹みが生じています。
http://cycle.blogmura.com/randonneur



2、5、6、9個目に少々不満が残る形になりましたが、現在のスキルではベストの状態と判断しました。何より穴があいたまま走るよりは格段に良いと思います。








Photo:1949Delahaye175S SaoutchikRoadster
http://cycle.blogmura.com/randonneur
















category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

アルミフェンダーの凹み直し  

本所NH40アルミフェンダーの凹みを修理しました。

まずは作業を終えた状態
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



BEFORE
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


AFTER
傷がついた際のえぐれまでは直せません
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



こちらは立て掛けて駐輪中に突風で倒れ・・・ガードレールの支柱にぶつかってできた大きな凹み・・・
以前、フェンダーの裏からスプーンの背で擦って大まかに直したものの、大きな歪みがいくつも残っていたのでさらに修正を加えました。
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


最後にコルクブロックを当て木にして1500番手の耐水ペーパーで表面を馴らし、研磨剤で磨き上げれば最初の画像の状態になります。

使ったのは背もたれつきパイプ椅子とプラスチックハンマー
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


背もたれのR部分をフェンダーの裏にあてて、表面をプラスチックハンマーで軽くコンコンと小気味よいリズムで叩いていきます。
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/



叩くときのこつとしては・・・
1.フェンダーを上から軽く叩いて凹みを叩き出す(赤)
2.細かな歪みを抜くために横方向に擦るように軽く叩く(黄)
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/


この方法でも両脇の縁付近は叩けませんが、家の中の家具などで適当な物があれば追加工してみたいと思います。








Photographer : Guido Argentini
http://cycle.blogmura.com/cycle_customize/












category: HONJO fender repair

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0